吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

2017年に恋人を作るには水が大事!女性が自分を魅力的に見せる方法!

   

2017年は干支から言うと「水」が生きる

この記事は2017年に恋人を作るための記事です。

つまり、恋人が欲しいという人だけに役立つ記事。

例えば、恋人はもういる人、しばらくは1人でいいやという人。

こういう方は対象外ですよ。

しかも、2017年限定ですからね。

そこを注意してお読みください。

暦を意識したことありますか?

「恋愛運」という言葉ありますよね。

「縁結びの神様」もいますね。

意外とみんな目に見えない力を信じているんですね。

それは、実際に何か力があるからなのでしょうか。

そうかもしれませんね。

でも、それが本当に神様の力なのかはよくわかりません。

恋愛に本気で向き合うと、結果につながるんじゃないでしょうか。

そういう力なんです。

ここで言いたいのも。

2017年に恋人を作りたい。

そんな気持ちがある方にはおすすめしたい方法です。

それは暦を使うんですね。

どう使うかというと、あなたが魅力的に見える方法を探すんです。

異性に対してですよ。

暦には干支(えと)というのがありますよね。

これは毎年変わるんです。

その年を象徴するものだと思っていいんですね。

干支学というものもあります。

その年はどんな年なのかを見るんです。

そして、どう生きるべきかを考えるのが干支学。

つまり、過去を振り返りながら将来を見ることなんですけどね。

そのへんが単なる占いとは違う部分です。

占いに頼りたくなる恋愛運ですけどね。

もうちょっと本気になるなら、干支というのも見ておきたいわけです。

この本気っていう部分、大事ですよ。

目に見えない力が働くかどうかのポイントです。

五行を考えると2017年は?

五行という考え方があります。

中国から来た考え方ですね。

陰陽五行などとも言われますが、いろんなものに、木・火・土・金・水というものを当てはめるものです。

聞いたことがあるかもしれませんね。

例えば、季節に当てはめてみると。

春は木、夏は火、秋は金、冬は水になります。

どんなものでも五行で表せてしまうわけです。

さて、干支の話に戻ります。

2017年の干支は丁酉です。

これは「ひのととり」と読みます。

「丁」の字が「ひのと」なんですね。

これは先程の五行の「火」の性質があることを意味しています。

つまり、2017年は火の気が強い年なんですね。

そこで、考えてみましょう。

火の気が強いときに、魅力的なものは何でしょうか。

それも五行で考えます。

木・火・土・金・水の5つの中で火に強いもの。

それが水なんです。

水は魅力的に見える

火の気が強いという世の中なんですよね。

そこで、みんなが欲しがるのは水ですよ。

みんな火の気が強い中にいるんですから。

熱いですもんね。

水が欲しくなりますよね。

オアシスは魅力があるのです。

だから、水は2017年に魅力的になると言えるでしょう。

水を意識すると、恋人もできやすくなるのではないか。

それは2017年です。

水を取り入れましょう。

じゃあ、どうやって?

水をどうするのか

では、具体的に水をどうするのかですね。

頭からかぶりますか?

少し前に流行った気もしますね。

冷たいですけど、頑張りますか?

いいえ、そんなことではありませんね。

自分をみずみずしく見せることでしょうね。

よく水は癒やすと言うんです。

湖などでキラキラした水面を見ると癒やされます。

狙うべきはこういう感じです。

そこでまず実践したいのはお肌ですね。

体の表面はほとんど衣服に隠れています。

肌が露出するのはどこですか?

顔ですね。

顔は露出面積も大きい。

しかも、人の目に入る確率がとても高い場所ですから。

顔の肌をみずみずしくするんです。

このための方法はいろいろあるでしょうね。

保湿を意識することとか。

どうも乾燥しがちだという方。

2017年に恋人を作るなら、頑張らなきゃいけません。

逆に、もうすでに水々しい肌を持っている方。

2017年はチャンス到来です。

そういう年回りなんだから。

内面からの水の作り方

外見から入ってしまったんですが…

もっと大事なのは内面のみずみずしさだと言えます。

人の美しさは内面から出ると言うじゃないですか。

そのためにどうすればいいでしょうか。

これも五行の考え方がヒントをくれています。

木・火・土・金・水の流れがあるんですね。

この流れは自然界での物質の変化の流れなんです。

例えば、木が火を作って、火は土を作るんです。

そういう循環を意味しています。

さて、今回のテーマ「水」はどこから生まれるのか。

金の次が水なんですよね。

5つの性質を見ていくと、ここが一番わかりにくいんです。

金から水が生まれるというイメージが私たちにはあまりありませんからね。

ただ、水がつくられるのは冷やされた時なんですね。

金貨とか、広く言えば金属でしょうか。

触った時、ひんやりするんですよね。

イメージは金の表面で、まわりの空気が冷やされて、水になる。

こういうイメージができます。

冷やすことが重要なんです。

つまり、温度差が大事ってことじゃないでしょうかね。

温度差。

これをギャップというのでしょう。

熱いところでの急激な冷え。

これがポイントになりますね。

ギャップを見て、恋に落ちる。

よくあること。

2017年のポイントでしょう。

外見と内面とで水を意識する

どうでしょうか。

何をすれば恋人ができやすいか。

わかりましたか?

火の気が強い年だから、水を意識するんですよ。

そしたら、魅力的に見えるということです。

外見ではみずみずしい肌を作りましょう。

そして、内面のギャップを見せつけましょう。

これで恋人ができるのではないかと思いますね。

なんとなくですが。

これが干支から言えることだと思います。

いろいろと書いてきましたが。

重要なのは、どうすべきかがあることです。

何もないと、どの方向に進むべきか迷うんですよね。

そのあげくに間違った方向に行ってしまう。

結果が出ないと焦ってしまう。

それは恋人を作ること以外でもそうですね。

だから、今年はどうするのがいいかというのがあるといいんです。

自信にもつながりますしね。

迷いもなくなります。

自分の目指すところに進めますね。

これが暦を使うということなんでしょう。

最後にもう1つ。

干支が丁酉と言いましたよね。

ここまで丁に注目してきましたよね。

酉は金の性質なんです。

2017年は火と金の性質を持っていることになります。

もう1つのヒント。

土をうまく使うと良いんですね。

なぜなら、火と金の間にあるのが土だからです。

さっきの五行の流れの話です。

土を使って水々しい肌を作るものあるじゃないですか。

例えば、これとか。

どろあわわ

干支ってなんであるのか。

一年をどう生きるかのヒントだと思いませんか?

参考記事:
2017年はどんな年?干支の丁酉(ひのととり)は革命の年だけど慎重に!

 - 2017年の暦と方位

ad1

ad1

コメント

  関連記事

新年が始まるのは「お正月」と「立春」のどっち?元旦から節分の期間について
新年が始まるのは「お正月」と「立春」のどっち?元旦から節分の期間について

お正月っていつか知ってますか? なんて幼稚な質問でしょうね。 お正月は1月ですよ …

【2017年】結婚式や引越しに人気の大安は63回!うち土日が17回!
【2017年】結婚式や引越しに人気の大安は63回!うち土日が17回!

大安の日と言えば、結婚式や引越しで人気! カレンダーには大安、仏滅、友引、先勝、 …

2017年はどんな年?干支の丁酉(ひのととり)は改革の年だけど慎重に
2017年はどんな年?干支の丁酉(ひのととり)は革命の年だけど慎重に!

2017年はどんな年になるのでしょうか。暦(こよみ)から考えてみたいと思います。 …

契約にいい日の選び方。2017年の契約の吉日と凶日をチェック!
契約にいい日の選び方。2017年の契約の吉日と凶日をチェック!

契約っていろいろありますよね 保険の契約とか、売買契約とか。 賃貸契約、雇用契約 …

受験生は合格祈願のお守りをどこで買うかで差をつけろ!
受験生は合格祈願のお守りをどこで買うかで差をつけろ!

受験のために合格祈願 受験生は今日も頑張っているでしょうか。 考えてみれば、受験 …

2017年の天赦日は全部で6回、その中で一番いい日はどれ?
2017年の天赦日は全部で6回、その中で一番いい日はどれ?

天赦日について 天赦日とは、暦の中では特に良い日とされている日です。 何をするに …

2017年の凶方位!旅行や引越しでは避けたい5つの方位!

旅行や引越しで気になる方位 吉方位と凶方位があるのを知っていますか? 普通は自宅 …

開店や開業日の選び方。2017年で最もいい開業日は4月7日!
開店や開業日の選び方。2017年で最もいい開業日は4月7日!

開業するにあたって気になる開業日 自営業を始めるなら、いつ開業すればいいんでしょ …

新車を買ったら気になる納車日の選び方。吉日はちゃんとある!
新車を買ったら気になる納車日の選び方。吉日はちゃんとある!

車を購入したら気になる納車日 新車を買うことはうれしいことですね。 ワクワクしま …

2017年の高島暦の本も8月には販売!早めに買っておきましょう!
2017年の高島暦の本も8月には販売!早めに買っておきましょう!

年の前半でなくなる高島暦の本 だいたい8月の後半ぐらいには来年の暦の本が本屋さん …