吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

大陰神は女性に厳しい?

      2015/01/01

旅行に行くときに行き先が決まっていて、方位を気にするのでしたら、まずその行きたいスポットがどの方位にあるのかを調べます。

そして、その方位が良い方位かどうかを調べます。

そこで重要なのが、その方位にいる神様です。

吉神がいれば良いのですが、凶神がいることも。

その方位の吉凶をつかさどる方位神。

その中に八将神というものがあります。

このブログでは、八将神の中の太歳神、大将軍について書きました。

今回は八将神の中の大陰神(だいおんじん)という神様について書きたいと思います。

大陰神はナンバー3の神様。

大陰神という神様は、暦の本を見てみると、八将神の中では3番目に登場します。

トップが太歳神、ナンバー2が大将軍、そしてナンバー3の大陰神。

この神様はなんと女性なんです。

紅一点でしかもナンバー3なんだからスゴイ!!

たぶん美人なんだろうなぁ。

それか仕事がものすごくできるか。

大体仕事ができる人は美人の確率が高いような気がする。

だから両方かも。

美人で仕事ができる…これはうらやましい限りです。

とにかく、八将神の中で女性が大抜擢されているわけだから、ほかの八将神の中には、このことをおもしろく思っていない神様もいるはずです。

まあ、上の2人はいいとしても。

他の5人の中には彼女がミスをすると、うれしくて仕方ない神様もいるでしょう。

大陰神から女性の出世を考える。

ところで、女性が出世するときって2つのパターンがある気がする。

1つはまわりに女性ということを感じさせないような働き方をするタイプ。

それともう1つは、女性であることを武器にするタイプ。

前者はストレスがたまるタイプ。

後者は同性には嫌われるタイプ。

やはり、男女平等の社会とは言っても女性として生まれた以上は何かを犠牲にしないと出世は難しいんですね。

大陰神はどっちのタイプかなぁ。

どっちでもいいんですけど、どちらにしても彼女が美人であることは間違いありません。

大陰神は夫を立てる良妻。

なぜかと言うと、実はこの大陰神は太歳神、つまり、八将神の中のトップの神様の奥様なんです。

太歳神がトップというのは、私の勝手な想像です。

しかも、大陰神は夫を立てる古風な嫁なんです。

なぜそうだとわかるのか?

それは大陰神が毎年どの方位に動くのかを見るとわかります。

夫である太歳神がいた方位に、ついていくような動き方

しかも、すぐ後ではありません。

間隔を3年ぐらいあけて。

太歳神が子の方位から丑の方位を経て、寅の方位へ来る。

そのときに大陰神は子の方位に来る。

近すぎず、遠すぎず、微妙な距離感を知っているのです。

三歩下がって夫についていく妻。

今時、めずらしいタイプですね。

女性に厳しい大陰神。

ここまでは大陰神って素晴らしい人格に見えますよね。

仕事もできて、美人で、非の打ちどころがない。

でも大陰神は凶神ですからね。

ちょっと性格の悪いところが見え隠れします。

大陰神のいる方位に向かっての縁談出産などは凶なんです。

これって、女性に関することじゃない?

女性に関することは凶。

女性には厳しい…。

なんかわかる気もする。

そういう人いるよね。

それぐらいの性格じゃないと、この男性社会で出世するなんて無理、無理。

私だったら、人の目も気になるし、そんな強い精神力はありません。

大陰神と私。

よく考えたら、私と彼女、正反対かも。

つまり、

わたし、コーラ飲む。

大陰神、ワイン飲む。

わたし、ポテトチップス食べる。

大陰神、オーガニック野菜食べる。

わたし、下の子を抱っこして、後ろに上の子を乗せた自転車でスーパーに行く。

大陰神、高級車の後部座席でパーティーに行く。

大陰神の方はあくまで想像ですよ。

それでも、大陰神と私、たったこれぐらいの差です。

私は大陰神にはなれないけれど幸せなのです。

気になる方は出産のときなど、大陰神の方位を調べてみてくださいね。

 - 旅行

コメント

  関連記事

星を頼りにしていた昔の暦

普段あまり気にしないけど、たまに星空を見上げると癒されますよね。 これから、寒く …

食を起こすのは黄幡神

黄幡神(おうばんじん)というのは、方位神の中の八将神の中の神様の1人です。 凶神 …

暦の本の種類や特徴と選び方。どれがいいのか迷うときの参考!
暦の本の種類や特徴と選び方。どれがいいのか迷うときの参考!

一年に一冊は持っておきたい暦の本 吉日や吉方位って、それぞれきまったルールがあり …

和風月名(睦月、如月…)の語源クイズ

1月から12月まで、とても日本的な月の呼び方があります。 「和風月名」と言うそう …

結婚や引越しで吉が多い日と凶が少ない日のどちらを選ぶべきかの答え
結婚や引越しで吉が多い日と凶が少ない日のどちらを選ぶべきかの答え

吉を取るか、凶を避けるかという問題について 結婚でも引越しでもいいんですけど。 …

日の吉凶を見る「十二直」の工夫

旅行をする日。 引っ越しをする日。 婚姻届を提出する日。 人生の中では日取りを気 …

方違え(かたたがえ)はジグザグに進むこと?

旅行に行きたいけど、方位が気になるという人。 そういう人は凶神の存在を知っている …

暦注は迷信?でも欠かせない存在

暦注とは暦に記載された注記事項のことです。大安や仏滅などは六曜といって暦注の1つ …

広告としてのカレンダー(引札暦)

そろそろ今年も年の瀬に向かいつつあります。 今年は子どもが幼稚園に入ったこともあ …

旅行や引越しで凶方位に行くとき、別の方位で一泊すれば問題ない?
旅行や引越しで凶方位に行くとき、別の方位で一泊すれば問題ない?

どうしても行かないといけない方向が凶方位だったら 旅行って言うと、レジャーの1つ …