吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

方位を見るときの北は真北と磁北のどっち?偏角は考慮するのか

   

方位を見る時の北はどこなのか

気にしてなかったという人は読まない方がいいと思います。

気にしないのが一番とも思うので。

吉方位や凶方位ということにこだわっていくと、どこかでぶつかるんですよね。

本当の北ってどっちなのかという問題。

それは、これからの旅行や引越しが吉方位になるのか凶方位になるのかの差。

子(真北)の方位に向かっているつもりが、となりの壬(みずのえ)だったら。

そう思うと、大きな問題になってきます。

凶方位かもしれないのです。

偏角を考慮するのかという話

地図というのもいろいろ考えるとあてにならない部分があるものですよね。

以前、こんな記事も書きましたっけ。

地図って正確?完璧な方位を知るのは難しい?

北がどこなのかという点では2つの考え方があります。

真北と磁北というのがあるんですよね。

地図上の北と方位磁石で測定した場合の北。

これが微妙に違うんですよ。

知ってました?

どっちが正しいんでしょうか。

いろいろ考えてみると、この差は北極星や太陽などの天体を基準にするのか、それとも磁気を基準にするかの違いなんだろうと思います。

普通に生活する上では何の支障もない。

あくまで、方位の吉凶を見る時にですよ。

吉方位か凶方位かにかかわる。

北がずれるということは、すべての方位がずれるわけです。

そしてこれが偏角を考慮するかどうかということになるんですよね。

つまり偏角とは、真北と磁北の差の角度のことです。

国土地理院が言うには。

「地球は、磁石としての性質をもち、地球が持つ磁気を地磁気といいます。地磁気の方向と大きさは、時間や場所によって異なり、常に変化しています。例えば、東京周辺の偏角は、およそ西偏7度となり、この40年間で方位磁針の示す向きは、約0.7度西に変化しました。」

方位が必要な理由を歴史で考えると

暦とか方位の歴史を見てみると、これは他の記事にも書いたんですが、まずは北極星だとか太陽を見てきたのだろうと思います。

それが計画的な農業につながって安定的な生活につながっていったんだと思います。

磁石はもっと後で、航海するようになってからのような気もしますよね。

でも、調べてみると、どうも中国ではだいぶ昔からあった。

なんか偉い人は、北を背にして座るとか、そんな話もあるんですよね。

と考えると、その時点では方位も意識されていたんだろうし。

磁力なのか、天体の影響なのか

私たちは吉方位や凶方位を少なからず信じていると思いますが、それって何なんでしょう。

元をたどると、何なのかという話です。

宇宙からの影響なんですかね。

地球が持つ磁石の性質による影響なんでしょうか。

これがはっきりすれば、なんとなく答えは見えてくるのかもしれません。

本を読んでみると、これがまたどっちとも…

吉方位などの本をいくつか見てみたんです。

だけど、両方あるんですよ。

真北をみるべきだとも、磁北をみるべきだとも。

つまり、偏角は考慮しなさいと言う人としてはいけないという人。

しかも、どちらも、はっきり言っているんですよね。

どっちが正しいのかわからなくなってきます。

私はどっちでもいいと思います

一応、いろいろ考えてみた結果。

結局、私はどっちでもいいと思います。

そんな投げやりな話はいかがなものかとも思いますが。

結論は、そうなります。

だって、答えがわからないんですから、仕方がありません。

偏角なんてどうでもいいなと感じますね。

そう感じちゃった方が楽ですよ。

もし、北と南が逆転するぐらいに違うならば、真剣に考えたいと思いますけど。

少しの角度の話ですからね。

磁北は動いているわけですから、いつか南北が逆転する可能性はありますけどね。

ま、そこまで私は生きていないでしょう。

その頃には方位へのこだわりもなくなってるはず。

とにかく。

偏角を考慮するかどうかは、とても小さな話なのです。

もっと流れで考えなければいけないのでは?

杓子定規ではなくて。

方位はわかりやすく地図に線を引いて見ますよね。

だけど、その境界線を超えたらどうなるのでしょう。

その場に行ってみるとどんな違いがあるのか。

わずか数メートル違っても、おそらく何も変わらない。

実際にそこに行ってみれば、ほとんど同じ環境だと思います。

それが現実ですよね。

まるで、線を境に天国と地獄のように違うといった話はありませんよね。

たぶん。

色分けするなら、線より上は赤で線より下は青みたいじゃないはず。

もっとグラデーションのようになっているんだと思いますよね。

何の色がグラデーションなのかというと、いまいちよくわかりませんけど。

「気」とか、それに近いイメージのものでしょう?

そしたら、だいぶ偏角はどうでもいいことになってきます。

そう考えると、24方位で分けるときに、わずか15度が1つの方位であるのは狭すぎるような気もしますね。

自分で決めればいいことだと思います

偏角を計算した方がいいかどうかは自分で決めればいいと思います。

私が最近思うのは、旅行に行くとするじゃないですか。

もしかしたら凶方位かもしれませんよ。

だけど、そこが吉方位だと思って行ってしまえば、それで吉方位なんじゃないかとさえ思いますよ。

その思い込みって大事な気がするんですよね。

実は暦とか方位って、そういうものなんじゃないかと。

自分の行いを正当化するためのツールのような。

何か悪いことがあったとしても、ひっくり返すことはできるんですよね。

悪い毒が出たんだって言えるんですよ。

この力はとてもすごいものだと感じます。

要するに、マインドコントロールなわけですよ。

偏角なんて、どっちでもいいんですよ。

この答えに不満の人は、答えを探してみてください。

たぶん、見つからないと思うんです。

 - 引越し, 旅行

コメント

  関連記事

方位を見るときの北は真北と磁北のどっち?偏角は考慮するのか
吉方位との出会い

私と九星の出会い。 実は私、若い時にはコンサルティングのような仕事をしていたこと …

太歳神と木星と十二支の関係

旅行や引っ越しのために方位を調べると、方位神というものがあります。 方位神の中に …

暦の本の種類や特徴と選び方。どれがいいのか迷うときの参考!
暦の本の種類や特徴と選び方。どれがいいのか迷うときの参考!

一年に一冊は持っておきたい暦の本 吉日や吉方位って、それぞれきまったルールがあり …

【2017年】結婚式や引越しに人気の大安は63回!うち土日が17回!
【2017年】結婚式や引越しに人気の大安は63回!うち土日が17回!

大安の日と言えば、結婚式や引越しで人気! カレンダーには大安、仏滅、友引、先勝、 …

納音(なっちん)と有卦無卦(うけむけ)を知れば占いができる?

今回は「なっちん」についてです。 なっちん…かわいい名前ですね。 「なっちん」と …

丙午(ひのえうま)の迷信はつづくのか?

十干十二支は60種類。 年を十干十二支で表すと60年で1周して元に戻ります。 こ …

2017年の凶方位!旅行や引越しでは避けたい5つの方位!

旅行や引越しで気になる方位 吉方位と凶方位があるのを知っていますか? 普通は自宅 …

地図って正確?完璧な方位を知るのは難しい?

吉方位を知るためには欠かせない地図。 Googleマップなどインターネットで地図 …

暦注は迷信?でも欠かせない存在

暦注とは暦に記載された注記事項のことです。大安や仏滅などは六曜といって暦注の1つ …

2017年の金神の方位は6方位!遊行と間日を使って避ければ安心!

金神のいる方位は凶方位 金神とは方位の神様の1人です。 方位の神様には吉神とされ …