吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

転勤や出張など、凶方位に行かなければいけない人の考え方

   

凶方位に行くことが避けられないこともある

人生は80年が当たり前の世の中になってますよ。

昔の人は半分ぐらいの寿命だったんだろうな。

暦とか方位の話も、だいぶ昔からあるものですからね。

今とは条件や環境がずいぶん違っているんだと思います。

80年の人生をすべて思うようにはいかないものです。

方位だってそうですよ。

人生のなかで何回か旅行する、引っ越しする機会はあると思います。

引越しなんかはそれこそ、理由も様々で。

転勤による願ってもない引越しだってありますよね。

そのすべての移動で、吉方位に行けるなんて無理ですよ。

そうしたいのは、やまやまだけど。

現実的に難しいことです。

実際は、吉方位に行くなんて生やさしいものではないのが普通です。

どちらかと言えば、みなさん、凶方位に行きたくないのでしょう。

あなたもその1人かもしれませんね。

そうじゃなくても、いずれ、そういう状況になるかもしれません。

凶方位を避けることを求めたい気持ちは私も同じです。

でも、それが大きな悩みになり過ぎてもいけない。

長い人生ですから。

凶方位に行くこともあるんですよ。

そういうときに、どうしたらいいかを書いてみたくなりました。

もしかすると視覚的に恐怖

凶方位ってなんで恐いんでしょうね。

なんとなく、視覚的に恐怖を感じているのではないかと思うんです。

例えば「凶」という文字。

これだけ見ても、なんか受け入れづらい漢字。

不幸を象徴しているような文字に見えてくるんですよ。

もっと、具体的にありますよね。

あなたが今、恐れている方位はなんですか?

もしかして「暗剣殺」かもしれませんね。

なんですか、この字。

暗いところで、するどい剣で、殺される…

鋭いは余計ですが、こういうイメージが湧いてきますよね。

それから。

金神とか大将軍とかね。

暦の本を持っているなら、見てほしいのです。

私は神宮館の本を持っているので、見てみますね。

なんだ、この怖い神様は。

鬼ではないですか。

私の個人的な趣味になりますけど、怖い凶神を3つあげるなら。

金神、大将軍、天一神になります。

怖いっていうのは、その方位を犯した時に降りかかる災難が怖いということ。

この3人の神様の説明を見ると、かなり怖いことをされるんです。

だけど、なんとなく、天一神はそこまで怖くない気もする。

それは神宮館の暦の本に天一神の絵がないからかも。

そんな気がします。

やっぱり視覚的にいつのまにか恐怖感を植え付けられているのかもしれないのです。

ですが、金神にしても大将軍にしても、実際に見た人はいませんよ。

イメージの中にあるだけなんですよね。

凶方位にこれから行く場合。

視覚から来るイメージで恐怖を持っていませんか?

だとしたら、本質から来るイメージに変えてみたらどうかと思うんですね。

凶方位に行くことの意味

凶方位って何なのかということなんですよ。

イメージの話で申し訳ないのですが、聞いてください。

そして、誰か偉い先生が言っているわけでもない。

私の考えで書きますので。

凶方位もいろいろあります。

五黄殺とか暗剣殺って言うと、わかりづらいのです。

もっとイメージしやすい金神とか大将軍がいるじゃないですか。

金神も大将軍も方位の神様で、その方位は凶方位。

だから、旅行もよくないわけでしょう。

引越しも。

じゃあ、なんで、神様がいる方位に行ってはいけないのでしょうか。

そんなことを考えたことありますか?

私はマニアックなネガティブな人格なので考えました。

私は、神様の邪魔をするからかなと思います。

凶神とされる神様が、北の方位にいるとするならば。

そこで、方位を司る神様はお仕事をされているんだろうなと思いますね。

どんなお仕事か。

世の中を平和に保つためのお仕事でしょう。

だから、いなければいけない存在なのでしょう。

そして、私たちが、その凶方位に行くということはですよ。

主婦の方ならわかると思いますね。

今、晩ごはんのしたくをしている。

ところが電話が鳴る。

出てみると営業の電話ではないか。

電話を切って、また晩ごはんの準備。

今度は、玄関のチャイムが鳴った。

またセールス。

どうですか。

邪魔ですね。

自分のやるべきことを邪魔されたことあるでしょ?

どう思いますか。

イライラするんじゃないでしょうか。

たぶん、これだろうなと思います。

方位の神様がどんな仕事をされているのかはわかりませんけど。

その方位に行くことで、おそらく神様の邪魔をするんじゃなかろうか。

決して、金神の仕事は、人に災いを与えるものではないと信じたい。

世の中のためにお仕事をされている金神の邪魔をしてはいけないのだ。

それが、凶方位に行かないほうがいい理由のような気がするのです。

つまり、凶方位に行くのが怖いのはなぜか。

凶方位に行かない方がいいのはなぜか。

金神のような方位の神様がいるからではなくて、邪魔をしてしまうから。

それによって怒らせてしまうからなんですよ。

勝手な妄想なんですけど…。

凶方位に行くことがあったらやるべきこと

そう考えるとどうですか。

やっぱり凶方位には行かない方がいいんだなと思えますよね。

私も、できるなら行かない方がいいと思っていますよ。

だけど、行かなきゃいけない時もあるじゃないですか。

転勤で行かなければいけない。

出張で行かなければいけない。

凶方位だから、転勤しません!なんて言える世の中じゃないですよね。

では、どうしても行かなければいけないとき。

申し訳ないと思って行くことが正解じゃないかと思いますね。

いろいろと方法はあるんですよ。

凶方位を避けるような方法がある。

例えば、方違えとか、方災除けをしてもらうとか。

これが何を意味するのかを考えなければいけない。

ただ、儀式として、そういうことをやれば満足。

あとは、もう大丈夫。

こんな甘っちょろいことを言っていると、神様は怒るでしょうよ。

そうではなくて。

神様にとっては来てほしくない時に行ってしまうことをお許し下さい。

本当に悪いと思いながらも避けられずに行って申し訳ありません。

わたくしは行かないという選択のできなかった弱い人間です。

どうかお許しください。

こういうのが正しいのではないでしょうか。

晩ごはんの準備をしていてもそうですよね。

せめて、そういう気持ちを持って営業に来てくれればまだ許せますよ。

売上が大事かもしれないけども。

相手のことも考えてくれなきゃ。

そうでしょう?

つまりは、方位の事に限らず、これは大事なことだと思うんですね。

相手のことも考えて行動すること。

凶方位に行くなら誠意を見せましょう

方位というものを信じるなというのは強引です。

私も方位は信じている。

むしろ、凶方位なんて知らないほうが得だとは思います。

だけど、方位の神様がいるならば、どうなんでしょう。

何も知らないことをいいことに、ズケズケと土足で行ってもいいのでしょうか。

そんなことはあり得ません。

ちゃんと誠意を持って、行くべきだと思いますね。

ま、それで方位の神様が許してくれるかはわかりませんけどね。

ただ、何もしないよりは、許してもらえる確率は高いでしょう。

行く前もそうだし、行ってからもそうですよね。

行った先でどんな行いをするべきなのか。

言わなくてもわかると思います。

神様は見ていると信じて、悪いことはもちろん、自分勝手なことも慎むべきですね。

少しは凶方位への恐怖、やわらぎましたか?

 - 引越し, 旅行

ad1

ad1

コメント

  関連記事

24節季は毎年ちょっと変動する?

24節季というものを知っていますか? よく耳にするのは「暦の上では春ですが、まだ …

暦や方位を使って成功している人を知ってますか?
暦や方位を活用して成功している人を知っていますか?

成功している人は意外と暦や方位を信じている 私、暦を使って成功しました! あまり …

大安や友引など、六曜の意味は?

旅行に行くとき、引っ越しをするとき、気になるのはどの方位に行くか。 それだけでな …

桃の節句だけじゃない!五節句の由来

節句と言えば何? たぶん、多くの人が思うのは、桃の節句と端午の節句ではないかと思 …

暦
現代の暦はよくできている

本当に良くできているものって普段気にならなくなる。そんな気がします。 生き物と空 …

暦注は迷信?でも欠かせない存在

暦注とは暦に記載された注記事項のことです。大安や仏滅などは六曜といって暦注の1つ …

和風月名(睦月、如月…)の語源クイズ

1月から12月まで、とても日本的な月の呼び方があります。 「和風月名」と言うそう …

年に数回の貴重な天赦日!無駄にしないためにやっておくべきこと
年に数回の貴重な天赦日!無駄にしないためにやっておくべきこと

天赦日を知っていますか? 暦(こよみ)に詳しい方なら、知っている人も多いのではな …

2017年の一粒万倍日は全部で58回!その中で注意すべき日!
2017年の一粒万倍日は全部で58回!その中で注意すべき日!

一粒万倍日とは 何かを始めるにはいい日とされる一粒万倍日。 どんどん増えるという …

納音(なっちん)と有卦無卦(うけむけ)を知れば占いができる?

今回は「なっちん」についてです。 なっちん…かわいい名前ですね。 「なっちん」と …