吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

八方塞がりの年の引っ越しは問題ない!考え方と対策について

      2019/03/11

九星には八方塞がりの年がありますよね。

9年に一度やってきます。

新しいことはしない方がいいと言うんですよね。

そんな年にちょうど引っ越しのタイミングが重なることもあります。

引っ越しでは方位を意識する人も多い。

この方位を見るときに使うのは九星ですよね。

ということは。

八方塞がりは九星の話ですからね。

どうなんでしょうか。

八方塞がりの年の引っ越しはよくないとも言われるのです。

ですが、私は引っ越してもいいと思っているんですね。

このへんを書きたいと思います。

スポンサーリンク

八方塞がりの年の凶方位はどうなる?

八方塞がりの年というのは、自分の星が中央に入ります。

中宮ですよね。

これは引っ越しを楽にします。

自分の星が、どこかの方角にあると厄介なんです。

その方位は「本命殺」という凶方位になる。

本命殺の反対側は本命的殺の凶方位となる。

五大凶方位の中の2つですよね。

わからない人は、こちらの記事をご覧ください。

引っ越しでは凶方位を避けたい。

そう思ったら、「本命殺」と「本命的殺」は避けなければいけない。

8方位のうちの2つなんですよね。

自分の星が中央に行くと、「八方塞がり」です。

でも、この年は「本命殺」と「本命的殺」がなくなります。

五大凶方位のうちの2つがなくなります。

すごく大きいですよね。

だから、方位の点で言えば、引っ越ししやすくなるわけですよね。

方位を選びやすくなるんですからね。

八方塞がりなのだから静かにしているのが吉?

でも、一方で八方塞がりという年は、動くことはよくないとされるのです。

なぜでしょうか。

それは別の記事に書きましたので、読んでみてください。

私も積極的に動くべき年ではないと思っています。

八方塞がりの年は、静かにしているのが吉ですよね。

ですから、待つことを考えるのが一番です。

来年まで待てば八方塞がりは明けますからね。

問題は、待てないときですよ。

引っ越しは、自由に時期を決められるものだけではありません。

よく見られるのが、学校の問題ですね。

あるいは幼稚園や保育園。

学区などがあったりします。

子供いるご家庭。

入学前には引っ越したいと考える人は多いのです。

こういう場合は、どうしても時期が限定されてしまいますよね。

年が変わるのは、立春からですよね。

八方塞がりは、節分までで終わる。

入学なら、3月までに引っ越しすればいいのでは?

立春後に引っ越しすればいいのでは?

そう思うかもしれません。

ところが、立春からは吉方位や凶方位も変わりますからね。

たとえば、東に引っ越したいと思っていた。

今年の東は吉方位。

だけど、八方塞がりだから来年にした方がいい。

でも、来年になると東は凶方位になる。

こういう場合が問題になるんですね。

どうするべきだと思いますか?

八方塞がりでも引っ越していい

私は八方塞がりでも引っ越していいと思います。

条件があります。

それは、さっき書いたような「待てない場合」ですね。

来年を待つと凶方位になるときもそう。

八方塞がりを重視するべきか。

凶方位を避けることを重視するべきか。

このような選択が必要になりますよね。

私は、こうなった場合は。

八方塞がりでも凶方位ではないときに引っ越したほうがいいと思います。

八方塞がりに引っ越しするということ

八方塞がりは動かない方がいい。

引っ越ししない方がいい。

こう言われるのはなぜでしょうか。

安定した穏やかな年だから、八方塞がりは動かない方がいいんです。

それは自分が生まれた九星の年と同じだから。

自分にとっては、安定した年になるのです。

安定した年なのだから、静かにしていれば安心。

これが八方塞がりの年ですよ。

厄年のように言う人もいますが、そうではありませんね。

では、そんな年に引っ越しをするとどうなるのでしょうか。

どんなことが起こるかなんていうのは、考えても意味がありません。

八方塞がりの年に引っ越しするのはどういうことなのか。

意味。

これが重要です。

9年に一度やってくる穏やかないい年なんですよ。

それなのに、わざわざ動く。

どうなるか。

動くことによって乱れることがあります。

お盆の上とかお皿の上にビー玉を乗せますよね。

それをテーブルの上に置くと、ビー玉は止まっているでしょう。

床が傾いていない家での話です。

でも、そのお盆やお皿を持って歩くとどうなるでしょうか。

ビー玉は転がりますよね。

動いたから。

そして、そのビー玉が落ちないようにバランスを取る必要が出てきます。

八方塞がりの年の引っ越しとは、こういうことなんですね。

すごく落ち着いた年。

静かにしていれば、安泰なんですよ。

そこで引っ越しするというのは、お盆を持って歩くようなものなんです。

動くからバランスを取るために苦労するんですね。

待っていれば、安泰だったのに。

ですけど、うまくいくかもしれないんです。

動いたことによって、いい方向に行く可能性もあります。

動かなければいけないときではないことは確か。

普段は、動かないとやっていけないようなことが多いのです。

それが、今年は動かなくてもいい。

ただし、動いたからと言って、悪い方に出るかはわかりません。

でも、動いたら、もしかするといい方向に行くかもしれない。

それが八方塞がりですね。

これを何と言いますか?

「リスクがある」と言うんですね。

つまり、八方塞がりの年の引っ越しはリスクがある。

どんなリスクかは、考えても仕方がありません。

八方塞がりの年に引っ越してもいいと思う理由

リスクがあっても、やらなきゃいけないときがあります。

これまでも、そういうときはあったはずです。

今回の引っ越しもそれと同じです。

それぐらい重大だということを言いたいんです。

なぜ、私が八方塞がりでも引っ越していいと考えるかというとですね。

私はもともと、凶方位でも引っ越していいと思っているからなんです。

もちろん、方位を見て引っ越しすることは大切です。

もちろん、凶方位を避けることは大事なんです。

でも、引っ越ししなければいけない時ってあるんですね。

マンションの取り壊しで、出ていかなきゃいけないときもあるんですから。

できれば、凶は避けるべきです。

でも、方位だとか八方塞がりを守ることが、必ず正解でしょうか。

必ず幸せにつながっているとは限らないと思います。

なぜなら、それらは自然との調和を意味するものだから。

九星を意識するというのは、自然の流れを意識して動くことです。

そういう大きな流れがあって、その流れに合うように行動する。

そうすると、うまく行くというイメージです。

私は、歯車だと思っているんですね。

九星という大きな歯車がある。

そこに自分の小さな歯車の回転を合わせるんです。

そうすると、自分の歯車もうまく回るんですね。

大きな歯車の力で、スムーズに回る。

力を入れなくても回る。

これが運気とも言えます。

これが大きな歯車と合わないような行動をすると、どうなりますか?

大きな歯車は気にせず回るでしょう。

でも、自分の小さな歯車は回らない。

歯の形が合っていないから、ガッタンゴットン回るぐらいです。

順調に行かないわけですよね。

つまり、八方塞がりで考えるなら、歯車の動きが合わない行動になります。

静かにしていた方が吉なのに、引っ越しするんですから。

でも、それでいいんです。

方位を意識しすぎて、自分を見失う人も多いんですね。

吉方位とか、凶方位とか、そればかりに目を取られている。

そして、吉方位に行ったら幸せになると考える。

凶方位に行っても、どうにか対処する方法はないかと考える。

本質を考えないといけません。

大きな流れに合わない行動をするのです。

調子が悪くなると考えるべきなんです。

さっきも書いたように、八方塞がりは、そういうリスクもあるということですね。

それでも、引っ越しするべきなのは、なぜでしょうか。

自分を守るためです。

家族を守るためです。

これを忘れてはいけないと私は思っています。

大きな歯車の力で回ると楽なんですね。

それは確かですよ。

好調なんですね。

でも、それが幸せかというと別の話です。

なぜなら、私たちには、自分の小さな歯車があるからです。

これを無視してはいけないのです。

小さな歯車を大きな歯車に合わせるためにはどうしますか。

回転のスピードを調整して合わせないといけないのです。

大きな流れは変わりませんよ。

自分を調整して合わせるしかありません。

それが、引っ越しの時期を選ぶということになるんですね。

それでも、自分の回転を大事にする必要があります。

大きな流れに乗るために、自分や家族の歯車の回転を狂わせすぎる必要はないのです。

それは逆効果だと思います。

引っ越したいということが先にあるべきなんですね。

それが、自分や家族の流れなんですから。

無視してはいけない流れなんです。

つまり、八方塞がりの時期に引っ越してもいいのです。

八方塞がりを無視するわけでもない

だからと言って、八方塞がりを無視していいとは思いません。

ここが難しいところですよね。

八方塞がりというのはすごく大事。

方位は8方位しかないのに、九星はなぜ9種類の星があるのでしょうか。

中央があるからですよね。

中央というのは特別です。

たとえ、引っ越しするにしても、八方塞がりを意識する必要はある。

どうすればいいでしょうか。

ここで出てくるのが、「八方除け」とか「お祓い」なんですね。

「お守り」もあるなら、それも同じです。

多くの人は、ここを間違えています。

八方塞がりだから、災難が起こらないようにとお祓いしています。

まったく逆なんですね。

意味が違います。

八方塞がりはいい年なんです。

いい年だから、静かにしておいた方がいいのです。

でも、自分や家族の流れを大事にしたいので引っ越します。

それでも、八方塞がりを意識したい。

だから、「八方除け」を受ける。

「凶を受け入れました」という証拠として行うものなんですね。

そのうえで、引っ越してください。

もちろん、八方塞がりの年をよく理解した上でです。

 - 引越し

Comment

  1. ハワイ より:

    今年八方塞がりの八白土星と九紫火星。
    4.5.6.7.8月に東南東 乙 へ引っ越しを考えいます。(8月10日まで)
    2人とも同時に引っ越ししなくても大丈夫です。
    八白、九紫それぞれ4〜8月の良い月悪い月順番を教えてください。
    よろしくお願いします。

    • hotdoglab より:

      ハワイさん

      東への引っ越しですので、八白土星は4月か5月、九紫火星は7月か8月がいい時期になると思います。お二人が一緒に引っ越しするなら、6月と7月は避けた方がいいですね。

  2. みみ より:

    父 ニ黒土星
    母 二黒土星
    長男 九紫火星
    次男 八白土星
    の四人家族です。

    西方向へ転勤になり引越しが決まりました。
    転居先の都合で荷物の引き渡し(引越し)は五月六日を予定しています。
    住民票は三月末に移す予定です。27日か28日予定です。
    転居先に入れるようになるまで1ヶ月ほど実家住まいになります。西方向に四月上旬予定です。

    八白土星の息子が中央に位置しているのでとても不安ですが時期や移動の際に気を付けられる事がありましたらアドバイスをお願いします。

    • hotdoglab より:

      みみさん

      八白土星の息子さんは、神社で「八方除け」のようなものを行っておくのがよいのではないでしょうか。
      また方位について言えば、九星で見れば、5月6日の引っ越しであれば問題ありませんが、今年の西が大将軍の方位であることが気になります。
      真西の酉の方位への移動となるのであれば、一緒に方位除けをしておくのがよいのではないでしょうか。
      北西寄りや南西寄りの西であれば、気にしなくていいと思います。

  3. みみ より:

    早速のお返事ありがとうございます。
    大変参考になりました。
    今一度調べましたところ、かなりの南西寄りの西でした。
    神社に参ろうと思いますが引越し前の最寄りの神社でも良いのでしょうか?

    • hotdoglab より:

      みみさん

      南西寄りなら引っ越しの方位としては問題ないですね。引っ越し前に行っておくのがいいと思います。近所の神社でいいと思います。

  4. みみ より:

    ご丁寧にありがとうございました。
    そう遠くない日にまた引越しがあると思われますのでその時はココナラでご相談させてもらいます。
    ありがとうございました。

コメント

  関連記事

2018年の九星の配置
【2018年】引っ越しをしてはいけない凶方位に要注意!

引っ越しするなら方位のことを考えませんか? 引っ越しで重要なのは「タイミング」と …

24方位
2016年の九星別の吉凶方位。

2016年の五大凶殺を確認しましょう 五大凶殺方位をご存知ですか? 特に強い凶を …

【2019年】九紫火星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング
【2019年】九紫火星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング

※この記事は2019年の内容に書き換えました。コメント欄には、2019年の話では …

引っ越し先の新居に最初に入れる物は縁起のいい万年青!
引っ越し先の新居に最初に入れる物は縁起のいい万年青!

引っ越しのとき、何を最初に新居に入れますか? これは迷いますよね。 別に迷わない …

凶方位に引っ越した後、吉方位に旅行に行ったら凶作用は避けられる?
凶方位に引っ越した後、吉方位に旅行に行ったら凶作用は避けられる?

引っ越しでよくある質問です。 凶方位へ引っ越しする場合。 それは避けられない引っ …

2019年の暗剣殺は北東。引っ越しや旅行での影響と対策
2019年の暗剣殺は北東!引っ越しや旅行での影響と対策

暗剣殺(あんけんさつ)という凶方位があります。 方位には吉方位と凶方位があります …

引っ越しで日盤や時盤を気にする必要はない?年と月の方位で十分!
引っ越しで日盤や時盤を気にする必要はない?年と月の方位で十分!

引っ越しをするときに方位を見ますか。 気になる人は見ますよね。 どこまで見るかの …

2017年の一粒万倍日は全部で58回!その中で注意すべき日!
2017年の一粒万倍日は全部で58回!その中で注意すべき日!

一粒万倍日とは 何かを始めるにはいい日とされる一粒万倍日。 どんどん増えるという …

2018年の大将軍の方位は南!三年塞がりの最後の年、午の方位は避ける!
2018年の大将軍の方位は南!三年塞がりの最後の年、午の方位は避ける!

2018年の大将軍の方位は南です。 もう少し正確に言うと、午(うま)の方位という …

通勤や通学が凶方位になる場合はどうする?そこまで考えなくてよいが正解!
通勤や通学が凶方位になる場合はどうする?そこまで考えなくてよいが正解!

転職したりして、職場が変わることがあります。 そうなると、当然通勤する場所が変わ …