吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

一粒万倍日と仏滅や赤口が重なる日はどんな日!吉と凶は矛盾してない!

      2019/03/09

いい日を選びたいとき、ありますよね。

結婚とか、引っ越しとか。

いい日と言えば、大安が有名ですが、それだけではありません。

一粒万倍日という吉日も有名です。

暦も吉日だけなら、迷うことも少ないと思うんです。

吉だけでなく、凶もありますからね。

わからなくなってきます。

その代表的な日を取り上げたいと思います。

一粒万倍日だけど、仏滅と重なる日。

一粒万倍日だけど、赤口と重なる日。

こういう日、実はけっこうあるんですね。

どういう日ですか?

という話を書きます。

スポンサーリンク

2019年に一粒万倍日と仏滅や赤口が重なる日は24日ある!

2019年の場合、一粒万倍日はちょうど60日あります。

その中で、仏滅や赤口と重なる日はどれくらいあるのか。

それなりにありました。

次の日がそうです。

  • 1月6日(日)
  • 1月18日(金)
  • 1月30日(水)
  • 2月14日(木)
  • 2月26日(火)
  • 3月6日(水)
  • 4月12日(金)
  • 4月24日(水)
  • 5月7日(火)
  • 5月19日(日)
  • 5月31日(金)
  • 6月14日(金)
  • 6月26日(水)
  • 8月4日(日)
  • 9月15日(日)
  • 9月27日(金)
  • 10月2日(水)
  • 10月12日(土)
  • 10月24日(木)
  • 11月5日(火)
  • 11月9日(土)
  • 11月21日(木)
  • 12月2日(月)
  • 12月16日(月)

たぶん、24日になると思います。

一粒万倍日の中の半分とまでは行きませんけどね。

そこそこありますよね。

せっかくの吉日なのに、なんか残念。

こういう日は、要するに吉と凶が重なっている日なんですよね。

簡単に2つの日を整理しておきます。

一粒万倍日とは?

一粒万倍日はよく知られている吉日です。

一粒のモミが万倍に膨らむという日。

お金に縁があり、増えるような意味があります。

何かを始めるのにもいい日ですね。

ただし、物やお金を借りることはよくないとされる日です。

仏滅・赤口とは?

仏滅も赤口は六曜の中の1つです。

六曜で縁起がいい日は「大安」。

ほかに、友引、先勝、先負があります。

これら6つの日が順番通りに繰り返されるのが六曜。

新月の時にだけ順番が変わります。

仏滅も赤口も凶日ですよね。

縁起の悪い日。

ですから、何もしないのがいい日ではあります。

どちらが悪い日かと言えば、仏滅だと思います。

六曜の説明には時間帯が書かれることも多くあるんですね。

赤口の場合は、正午ならよいと書かれます。

その分、仏滅よりも赤口は弱いと考えられます。

一粒万倍日に仏滅と赤口が重なる日とは?

上のような説明を書く必要はなかったかもしれませんね。

きっと、一粒万倍日は吉日でいい日。

仏滅や赤口は凶日で悪い日。

というのは、もう知っているでしょう。

吉と凶が重なっていることはわかりますよね。

では、本題ですよ。

どんな日なのかを書きたいと思うんです。

少し、両者の違いを見る必要がありますね。

一粒万倍日と仏滅や赤口には明確な違いがある。

仏滅や赤口は六曜の1つと書きましたよね。

そして、それは新月の時に順番を変えます。

つまり、月の満ち欠けを基準として決められるのです。

月と太陽の位置関係ということですよね。

月によって、吉や凶を決めているのが六曜。

暦にはいろいろな吉や凶があり、これを暦注と言います。

月を基準にする暦注というのは少ないのが特徴です。

多いのは何かと言えば、太陽を基準にするものです。

太陽を基準にするというのは、二十四節気を基準としているということですね。

二十四節気とは、立春や立夏などです。

これは、太陽の角度によって決まります。

春分や秋分も二十四節気の1つで祝日にもなります。

毎年同じ日が祝日ではないんですよね。

太陽の角度によって、祝日も変わっています。

少し話がそれましたが、一粒万倍日はどうでしょうか。

やはり、二十四節気を基準に決められています。

それと干支が基準になっているんですね。

干支は、太陽も月も関係なく、ずっと同じ順番を繰り返します。

言い換えれば、地球の自転運動というわけです。

1日に1回転する地球。

1日ずつ変わる干支。

重要なのは、途中で順番が変わることがないということです。

つまり、一粒万倍日は、太陽と地球を基準にした吉日なのです。

仏滅や赤口が月を基準にしているのとは全然違いますね。

性質の違う2つが重なっているのです。

一粒万倍日と仏滅や赤口が重なる日の意味

まずは、仏滅や赤口から。

これは「月を基準にしてみるとよくない日だよ」と言っているわけですよね。

月の満ち欠けで順番を決めたら、その日が凶日になるということ。

一粒万倍日は、「太陽と地球の関係を考えたら、いい日になった」ということ。

一粒万倍日と仏滅や赤口が重なる。

なんかおかしいなぁと思いませんでしたか?

片方ではいい日と言っておきながら。

片方ではよくない日と言っている。

どっちが正しいの?と思うんですね。

でも、ここに矛盾は一切ないのです。

月がいいなら、太陽もいいとは限らないのは当然です。

別物ですから。

もちろん、そういう日もありますけどね。

パターンとしては、4つのパターンがあります。

1.月でもいい日、太陽でもいい日

これは大安と一粒万倍日が重なるような日ですよね。

一年の中でも大安と一粒万倍日が重なる日は少ないですよね。

どっちもいい時を狙うのは大変なことなのです。

2.月ではいいけど、太陽ではよくない日

大安だけど、一粒万倍日ではない日です。

太陽を基準にしているのは、一粒万倍日だけではありませんからね。

ほかの凶が重なったりする。

たとえば、受死日とか。

大安だけど、受死日の凶がある。

こういうパターンです。

3.月ではよくないけど、太陽ではいい日

これが一粒万倍日と仏滅や赤口が重なる日です。

一粒万倍日は太陽を基準にした吉日。

だけど、月を見るなら、よくない日に当たるわけです。

決して矛盾しているわけではありませんよね。

4.月でもよくないし、太陽でもよくない日

これは、仏滅や赤口の日で、一粒万倍日でもない日。

でも、ちょっと言い過ぎですね。

誤解してしまいます。

一粒万倍日は吉を表す日なんですよね。

だから、一粒万倍日じゃないからと言って、凶日というわけではありません。

仏滅や赤口だけでなく、ほかにも凶があるような日になるでしょうね。

どうでしょうか。

だいたい整理ができたと思います。

暦のおもしろいところ

では、一粒万倍日に仏滅や赤口が重なる日はどうするべきでしょうか。

ここが大事ですね。

要するに月の影響をどこまで重視するかということにもなります。

私たちの生活は太陽を基準にすることが多い。

そうですよね。

太陽の影響をすごく受けて生活しています。

今日が暑い日なのか寒い日なのか。

これは太陽の影響です。

さっきも書きましたが、暦には太陽を基準にしているものが多いんです。

これも、おそらく太陽が生活に重要だからでしょうね。

そう考えると、一粒万倍日を重視するべきのようにも思えます。

ところが、ここが暦のおもしろいところです。

日本では明治時代までは、陰暦というものを使っていました。

これは、今のカレンダーとは違います。

月を基準にしたものなんですよね。

だから1カ月が29日だったり。

それが明治時代に太陽を基準にしたものに変わっています。

かなり最近のことだとわかりますね。

もう平安時代には暦はあったんですからね。

そして、仏滅や赤口が世に出てきたのも最近なんです。

だいたい太陽暦に変えてから人気が出たと言われます。

おもしろくないですか?

月の暦を使っていた時は、太陽を基準にした吉や凶が優勢でした。

ところが、太陽の暦にしたら、月を基準にした吉凶が優勢になったんです。

それが六曜のことですよ。

まるで、陰と陽ではないですか。

どちらかにかたよるわけでもなく。

お互いを引き寄せ合うというか。

最近は、もう大安であれば、いい日と考える人が多いですけどね。

大安というのは六曜です。

月を基準にしている数少ない暦注を見ているってことでもあります。

暦の中心はやはり太陽。

それ以外の吉や凶が実はたくさんあるんですよね。

暦の吉や凶はたくさんある!

一粒万倍日と仏滅や赤口が重なった日。

どんな日なのかはわかりましたでしょうか。

見方によってはいい日でもあるし、悪い日でもあるんですね。

はっきりしませんね。

答えが出ませんね。

じゃあ、どうするか。

もっと暦を見るのがいいんです。

暦には一粒万倍日と仏滅や赤口以外にも吉や凶がいろいろあります。

たとえば、天赦日なんていう大吉の日もありますよね。

そういうのが重なっていたら、いい日と言えるでしょう、

逆に受死日とか、十死日なんていう大凶日が重なったら悪い日でしょう。

そうやって判断するのがいいと思います。

かなり太陽目線での選び方になりますけどね。

太陽だけではなく、地球の動きも取り入れらているものがほとんどです。

もちろん、月目線で見てもいい日の方がいいですからね。

月で見ても、太陽で見ても、よくない日を避ける。

そんな感じで日を選ぶのがいいんだろうと思います。

そうすると、どうなんですかね。

やっぱり、できれば、なんとか仏滅や赤口は避けたいなと私は思いますね。

一粒万倍日だったとしてもです。

 - 2019年の暦と方位, 引越し

コメント

  関連記事

2019年の天赦日は全部で7回、その中で一番いい日はどれ?
2019年の天赦日は全部で7回、その中で一番いい日はどれ?

縁起のいい日、「天赦日」をご存知ですか? 天赦日は「天が赦(ゆる)す日」という意 …

引越しの日や方位を気にするなら建売の家を買う時は登記に注意!
引越しの日や方位を気にするなら建売の家を買う時は登記に注意!

こだわりが強いが故に、何かと大変な引越し 新築の家を買ったことがあるでしょうか。 …

【2019年】二黒土星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング
【2019年】二黒土星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング

※この記事は2019年の内容に書き換えました。コメント欄には、2019年の話では …

【2017年末】年末年始の旅行はどこに行く?方位で見ると行くべき場所が見つかる!
【2019年末】年末年始の旅行はどこに行く?方位で見る最適な旅行先とは

そろそろ年末のことを考える頃ですよね。 寒くなってきましたからね。 年末と言えば …

【2019年】海外旅行の吉方位!今年行くならどこの国がいい?
【2019年】海外旅行の吉方位!今年行くならどこの国がいい?

2019年の海外旅行、どこに行こうとしていますか? これから決めるのでしたら、ぜ …

【2017年】結婚式や引越しに人気の大安は63回!うち土日が17回!
【2017年】結婚式や引越しに人気の大安は63回!うち土日が17回!

大安の日と言えば、結婚式や引越しで人気! カレンダーには大安、仏滅、友引、先勝、 …

2019年の暗剣殺は北東。引っ越しや旅行での影響と対策
2019年の暗剣殺は北東!引っ越しや旅行での影響と対策

暗剣殺(あんけんさつ)という凶方位があります。 方位には吉方位と凶方位があります …

【2019年】八白土星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング
【2019年】八白土星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング

※この記事は2019年の内容に書き換えました。コメント欄には、2019年の話では …

2017年の一粒万倍日は全部で58回!その中で注意すべき日!
2017年の一粒万倍日は全部で58回!その中で注意すべき日!

一粒万倍日とは 何かを始めるにはいい日とされる一粒万倍日。 どんどん増えるという …

【2018年】神社にお参りするならいつ?参拝や祈祷に良い日
【2019年】神社にお参りするならいつ?神吉日以外にも参拝や祈祷に良い日

神社では、感謝を伝えるのがいいと聞いたことありますけどね。 普通は、何かお願いを …