吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

信長、秀吉、家康…暦や方位を気にしたのは誰?

   

このブログでは、暦や方位について書いています。

なぜそれを書いているのか。

私がちょっと気にしているからです。

歴史上、暦や方位を気にした人物。

歴史に残る人物でも暦や方位を気にする人はいたんですね。

さて、誰でしょう。

もう答えがわかった人もいると思いますが、わからない人のために三択問題にしてみました。

【1】織田信長。

【2】豊臣秀吉。

【3】徳川家康。

この3人は、日本の歴史では超有名人ですよね。

おそらく、知らない人はいないと思います。

さて、誰でしょう。

科学が未発達の時代の方が信用される。

暦や方位というのは、科学的な根拠があるかと言えば、決してそうではありません。

だから、科学が発達すると、暦や方位の人気や信用は低下するでしょう。

ということは、昔であればあるほど、暦や方位を気にしていたんでしょうか。

その可能性は高いかもしれませんね。

逆に、縄文時代とかまでさかのぼってしまうと、文化がまだ未熟過ぎてしまいます。

中国から伝わった文化なので、縄文時代は暦や方位がまだ日本で知られる前です。

平安時代の頃は、特にブームだったみたいなんですよね。

藤原道長という人がいますが、すごく暦を気にしていた人です。

暦は平安貴族に大人気。

科学の発達は日本の歴史ではだいぶ最近の話です。

江戸時代になっても、暦や方位の人気は流行していました。

ということは、上の三択問題。

どうでしょうね。

ヒントを出し過ぎたかもしれませんね。

正解は?ホトトギスの句で検証!

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。

この3人にホトトギスの句がありますよね。

3人の違う性格が表されているみたいな話です。

あれにヒントがあるような気がするんですよ。

織田信長のホトトギス。

まず、織田信長。

鳴かぬなら、殺してしまえ、ほととぎす。

「鳴かぬなら」。

よく考えると、そこには、鳴かせたいという気持ちが入っていると思われます。

自分の思い通りにならない、ホトトギス。

これは、ホトトギスだけじゃないですよね。

思い通りにならないことは、生きていればたくさんあります。

そのときにどうしますか?ってことです。

たとえば、自分は今月、旅行に行きたい。

でも、暦と方位を調べたら、今月、行きたい方位には凶神がいる。

来月なら、大丈夫みたい。

そんな状況。

織田信長、どうする?

信長は、ホトトギスを殺してしまうんです。

だから、暦の本も破り捨ててしまうんでしょう。

きっと、燃やしてしまう。

そういうタイプ。

本がなくなってしまうから、次の旅行からは吉方位も吉日もわかりません。

そもそも、最初から暦の本なんか持っていないかもしれません。

私の経験上では、逆に都合の良いことが書いてあったら、すごく喜びそう。

まず織田信長を選んだ方は残念ですが不正解です。

豊臣秀吉のホトトギス。

次の豊臣秀吉は?

鳴かぬなら、鳴かせてみせよう、ほととぎす。

これも暦に例えると。

どんな手を使ってでも、今月の旅行を吉にするということですね。

強引。

暦の出版元に電話。

すぐに来いと言います。

そして、暦の本を書き直させるんでしょうね。

なんなら、今年のスケジュール全部渡すから、これに合わせて作れという発想。

業者は大変です。

暦の本に間違いがあったと公表して、全部回収ですよ。

そして、新しい本に交換。

新しい本では、けっこう内容が変わっている。

秀吉が指示したことなど一般市民は知りません。

本の信用もなくなってしまうかもしれませんね。

企業の存続も危うくなってしまうでしょう。

もし、うまくいっても、毎年これじゃ、困ります。

来年からは、事前にスケジュールをもらって、それから本を作ります。

残念ながら豊臣秀吉も不正解です。

徳川家康のホトトギス。

最後の徳川家康。

鳴かぬなら、鳴くまで待とう、ほととぎす。

もし、今月がダメなら、来月でもいいですよ。

来月もダメなら、来年でも、全然OK。

ずーっと待ってくれそうですね。

暦がダメと言うなら、方位が良くないなら、待ちましょう。

暦や方位を気にしている人。

徳川家康が正解でした!

実際に江戸幕府では、江戸城の鬼門や裏鬼門を気にしていたりします。

それから陰陽師を要職につかせていたという話もあります。

私たちも、暦や方位を気にするなら、徳川家康を目指さなければいけません。

徳川家康は、勝ち組か負け組かと言えば、間違いなく勝ち組ですからね。

しかも大成功しています。

それなら、織田信長だって、豊臣秀吉だって、成功した人。

でも、織田信長は49歳。

豊臣秀吉は62歳。

徳川家康は75歳。

一番長生きしたのは、徳川家康なんです。

暦や方位を気にした方がいいような気がするでしょ?

 - 旅行 ,

コメント

  関連記事

転勤や出張など、凶方位に行かなければいけない人の考え方
転勤や出張など、凶方位に行かなければいけない人の考え方

凶方位に行くことが避けられないこともある 人生は80年が当たり前の世の中になって …

【2019年】五黄土星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング
【2019年】五黄土星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング

※この記事は2019年の内容に書き換えました。コメント欄には、2019年の話では …

桃の節句だけじゃない!五節句の由来

節句と言えば何? たぶん、多くの人が思うのは、桃の節句と端午の節句ではないかと思 …

吉方位に旅行に行っても引っ越してもトラブルが起こる場合とは?
吉方位に旅行に行っても引っ越してもトラブルが起こる場合とは?

吉方位かどうかを気にするときってありますよね。 多いのは「引っ越し」と「旅行」だ …

結婚や引越しで吉が多い日と凶が少ない日のどちらを選ぶべきかの答え
結婚や引越しで吉が多い日と凶が少ない日のどちらを選ぶべきかの答え

吉を取るか、凶を避けるかという問題について 結婚でも引越しでもいいんですけど。 …

2016年に山の日…祝日が増えている

旅行はやっぱり二泊ぐらいして、のんびり行きたいですよね。 それなら、土日だけじゃ …

九星のベースとなる陰陽五行説

九星の考え方のベースとなっているものは何でしょうか? 誰かが好き勝手に吉凶を言っ …

歳殺神が怖い凶神である理由

方位を見るときに気になるのが八将神のいる方位。 八将神の中に歳殺神(さいせつしん …

N極とS極…方位が逆転する?そのとき吉方位は?

不動産を探していたときに、ときどき持って行ったものがありました。 100円ショッ …

方違えも安心!位置情報を知るGPSの技術

旅行に行くときは車を利用することも多いですよね。 現地でレンタルすることもあると …