吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

【2020年】お中元を届ける時期とこだわりの吉日!

      2020/06/15

夏の贈り物と言えば、お中元ですね。

お中元は、いつ贈るべきかを考えましょう。

これは意外と難しい問題なのです。

私のように暦を気にする人にとっては、簡単には決まらないんですね。

あなたが暦を気にするかどうかはどうでもいいんです。

重要なのは相手の方なんですよ。

もしも、相手が私のように暦マニアだとしたら、どうでしょう。

なんで、仏滅の日に届けるんだ!となりますね。

縁起でもない!!!

そうなるんです。

その可能性は低い?

そんなことありません。

けっこう縁起を大事にする人は多いんですよ。

特に社長さんとか、偉い人には、けっこう多い。

なので、お中元を届ける日を考えておくことは重要です。

ここでは、2020年限定のお中元を届ける日を書きたいと思います。

何がよいかは別の記事で書いていますので、そちらをご覧ください。

お中元を届ける時期はいつなのか?

お中元は、夏に贈るものだとはさすがに知っています。

でも、何日から何日までに贈る?

7月?…8月?

これがまた曖昧なんですよね。

地域によって違うとか言うんですよ。

なんで、このグローバルな時代に、こんなことも統一できないのだろう。

そう思ってしまうのですが、関東では7月の前半。

7月1日〜15日が基準になるみたいです。

関西は、その後で8月の半ばまで。

7月15日〜8月15日までのようです。

でも、最近の流れから、7月1日〜7月15日が一般的になりつつある。

いいね、その統一感。

そうですよね。

そうこなくっちゃです。

だから、とりあえずは、7月の前半に贈ることを考えます。

デパートや百貨店などでは、6月からお中元ギフトコーナーがあるみたいですよ。

今年はコロナの影響がありますからね。

ネットで注文して届けてもらうのもありですよね。

とにかく早めに準備です。

吉日と凶日をチェック!

さて、ここからが、この記事に書きたいことなんです。

7月1日から7月15日まで、合計15日もあるんですね。

これは迷いますね。

少しでもいい日に送りたいわけですからね。

思い切って、一日ずつチェックです!

7月前半だけですが。

今はまだいいんです。

贈る前だから。

贈ってから後悔しても遅いのです。

早めにチェックしておいてくださいね。

7月1日(水)

気が早い人は7月に入ったらすぐと思うかもしれません。

でも、この日は十死日。

こういう凶の日なんです。

実は一粒万倍日という吉日でもあるんですね。

どっちを信じればいいの?となりますよね。

答えは簡単です。

私のような暦マニアからすると、凶を重視します。

暦マニアとはそういうものだから。

慎重派が多い。

なので、十死日にお中元はあり得ないのです。

7月1日は却下。

7月1日の暦

7月2日(木)

この日は、仏滅なんですからね。

よほど暦を気にしない人じゃないと贈らないでしょう。

この日も一粒万倍日の吉があります。

でも、やめて正解。

理由は凶があるからです。

まだ残り13日もあるんですから。

あせらずにいい日を探しましょう。

7月2日の暦

7月3日(金)

出ました。

大安の日。

やっぱり大安の日はいいですよね。

安心感があります。

ただ、この日は不成就日なのです。

成就しない日。

いつもお世話になってます。

これからもよろしくお願いします。

その願いは成就しない。

これが不成就日。

なので却下ですね。

7月3日の暦

7月4日(土)

ここまで読んだら、だいたいわかったでしょう。

凶が多いのです。

だから、こんなページを読んでまで選ばなきゃいけない。

わかりますね。

ついに。

週末が来ましたよ。

平日は留守の人には週末に贈るしかない。

7月4日はどうでしょう。

ああ…赤口ですね。

お昼ごろは吉と言われますがね。

ちょっと保留で。

ほかにいい日があるかもしれないので。

7月4日の暦

7月5日(日)

暦というのはですね。

なかなかいい日は少ないものなんです。

だけど、待っていればいつかいい日が来るのが暦なんです。

7月5日、来たんじゃないですか?

この日は先勝なんです。

早い方がよいと言われる日なんですよね。

だから届けるのは午前中がいいでしょう。

十二直の「平」は平等の象徴です。

信頼関係というのは、平等の立場から生まれるものです。

お中元を贈る日にはぴったりではないでしょうか。

日曜日ですしね。

候補とします。

7月5日の暦

7月6日(月)

この日もなかなかいいですよ。

友引の日で、勝負なしの日とも言われる。

なんか友情が深まる感じがしていいでしょう。

十二直はどうでしょう。

あ、これもいいですね。

「定」は友情の絆が定まると解釈しましょう。

友引のコツはお昼頃を避けることです。

候補とします。

7月6日の暦

7月7日(火)

七夕ですね。

小暑という日でもあります。

どちらも関係ないんです。

吉か凶かが大事。(私にとって)

わりといい日だとわかりますね。

凶がないからです。

先負なので、午後は吉とされますよ。

午後にお贈りしましょう。

平日だけど、バタバタする月曜日に届けるのはどうも。

そんな気の利く人にはいいかも。

候補です。

7月7日の暦

7月8日(水)

仏滅ですね。

やめておいて無難でしょう。

仏滅なんていうのは、かなり有名です。

そこらへんのカレンダーにも載っているわけですからね。

カレンダーを見られたら終わります。

却下。

7月8日

7月9日(木)

大安吉日なんですけど、十死日なんですよね。

あと、十二直も見てください。

「破」です。

約束を破るの「破」です。

人間関係を大事にするお中元の精神に反しますね。

却下。

7月9日の暦

7月10日(金)

まだ贈っていない人いますか?

そろそろ終盤に入りますよ。

少しあせった方がいいかもです。

あせるといい日が来ないのは世の常です。

赤口ですからやめておきましょう。

一応、言っておきますが、まだいい日はありますからご安心を。

7月10日の暦

7月11日(土)

さて、もう終盤に差し掛かりました。

言ったでしょう。

早めに準備と。

あせるといい日がやってこなくなるのが世の常なのです。

この日は不成就日です。

この不成就日と聞いた時点で反射的に却下です。

7月11日の暦

7月12日(日)

また日曜日が来ましたよ。

この日はおすすめです。

まず友引で、勝負なしの日だからいいというのがある。

それから十二直の「納」。

やばいですね。

これは納め入れるのに吉なんですね。

やばいですよね。

まさにお中元のためにあるような日ですね。

「お納めください」みたいな日ですから。

実はこのあたりの時期は八専という凶の期間でもあります。

ただ、この日は間日といって、その中でも大丈夫とされる日。

おすすめです。

7月12日の暦

7月13日(月)

そんなに悪くはない日ですね。

だけど、特にいい日でもないわけですが。

どうしても、この日にこだわりがあるならばどうぞ。

先負なので午後かと。

7月13日の暦

7月14日(火)

お中元っていつだっけ?と思ってこのページを見た人。

残念無念。

7月14日もよくないのです。

だって、仏滅なんですからね。

手遅れだったと思うのはまだ早いようです。

あと1日ありますね。

翌日に期待しましょう。

でも、一粒万倍日は吉日なんじゃ・・・

そんなぬるいこと言ってないでくださいよ!

受死日という大凶があるんだから。

却下したものは覆りません。

ぬるいこと言ってないで次の日に進みましょう。

7月14日の暦

7月15日(水)

一応、7月前半の最後の日です。

もうここまで来たら、どんな日でも贈ってしまえ!

そういう開き直りが吉をよぶこともあるようです。

7月15日は大安です。

しかも十二直の「建」も吉日です。

復日という日でもあってですね

これは繰り返すことを意味する日です。

つまり、お中元を繰り返す。

お返しが来る?

そういうわけではなく、お中元を贈るようなお付き合いが毎年繰り返される。

そういうことだと思います。

実はお中元を贈ることができるというのは幸せなことなんです。

お金がなければ贈れない。

人間関係が良好でなければ贈れない。

相手がいなければ贈れない。

お中元を贈り続けることがどれだけ幸せなことか。

幸せが続くとも言えますよね。

うまくまとまりました。

私にしてはいいことを言ったでしょう。

最後の日なので、つい熱が入ってしまいましたね。

ぜひお中元にはこの日を使ってください。

7月15日の暦

今年のお中元は日曜日がおすすめ!

いつも早め早めでないと落ち着かない人。

そんな人でも5日~7日あたりがいいと思います。

休日の方がいいなら、7月5日の日曜日。

あまり早すぎるのもどうなのか。

相手が何を送ってくるのかを見てからでも。

そんな人におすすめなのが、後半の7月12日か15日ですね。

7月12日には日曜日です。

なので、今年は日曜日がいいと覚えておくといいですね。

7月の前半の日曜日に贈れば間違いない。

日曜日を逃してしまった。

そんなときは最後の15日の大安。

油断してしまった人も、7月15日がある。

こんな感じで行きましょう!

ということで、7月の前半のお中元を贈る日わかりましたか?

ここで選んだ日に送れば、まず間違いなく印象はいいですね。

相手の方が、暦マニアであったらという、かなり低い確率での話でした。

意外とこういう細かいところで人生って変わるものですよ。

何を贈るかも大事。

次の記事もご覧ください。

 - 2020年の暦と方位

コメント

  関連記事

方違え(かたたがえ)の方法とは?滞在期間や引っ越しのやり方について

引っ越しや旅行で気になるのが「方位」ですよね。 吉方位ならいいのですが、凶方位に …

2020年の天赦日は全部で7回!その中で一番いい日はどれ?
2020年の天赦日は全部で7回!その中で一番いい日はどれ?

今日は運がよかったとかありますよね。 その逆もある。 もしかすると… それは暦( …

2020年の九紫火星の吉方位と凶方位
【2020年】九紫火星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング

※この記事は2020年の内容に書き換えました。コメント欄には、2020年の話では …

一粒万倍日の決め方
一粒万倍日の決め方。2020年の8月8日と20日は一粒万倍日で正しい?

2020年の一粒万倍日についてです。 ちょっと気になることを書きたいと思います。 …

2020年の大将軍の方位は西。三年塞がりなので前年も翌年も西
2020年の大将軍の方位は西。三年塞がりなので前年も翌年も西

2020年の大将軍の方位は西です。 2019年と同じく西です。 実は来年の202 …

【2018年】転職するなら入社日はいつがいい?狙い目は6月~7月!
【2020年】転職するなら入社日はいつがいい?仕事を始めるときの吉日

これから転職するとしますよね。 その時、どんなことを考えますか? たぶん、仕事の …

【2020年】海外旅行の吉方位と凶方位!今年行くならどこの国がいい?
【2020年】海外旅行の吉方位と凶方位!今年行くならどこの国がいい?

2020年の海外旅行。 もしかしてハワイに行こうとしていますか? それはやめた方 …

2020年はどんな年?干支は庚子(かのえね)、先を見て次の波を作り始める年!
2020年はどんな年?干支は庚子(かのえね)、次の波を作り始める年!

2020年は東京オリンピックが開催される記念の年ですよね。 ここではオリンピック …

2019年の暗剣殺は北東。引っ越しや旅行での影響と対策
2020年の暗剣殺は西!引っ越しや旅行での影響と対策

暗剣殺(あんけんさつ)という凶方位があります。 方位には吉方位と凶方位があります …

2020年の一白水星の吉方位と凶方位
【2020年】一白水星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング

※2020年の内容に更新しました! 引っ越しや旅行の際に気になる方位。 どうせ引 …