吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

暦や方位を活用して成功している人を知っていますか?

   

成功している人は意外と暦や方位を信じている

私、暦を使って成功しました!

あまり公言する人はいません。

だから、わかりにくいだけだと思うんです。

だけど。

暦を信じているような人が、意外と成功しているものですよ。

と信じたい私です。

ただ、実際にそういう雰囲気のある人はちゃんといます。

まず有名な人で言うと、SBIホールディングスのCEO、北尾吉孝さんです。

この人はかなり詳しいですね。

本まで出していますからね。

もともと野村証券の方で、ソフトバンクの孫さんに引きぬかれて。

さらにはSBI証券を作った人ですよね。

この人が成功していることは言うまでもありません。

干支の本を出しています。

そして、北尾さんが影響を受けている人が安岡正篤さんです。

安岡正篤という人

安岡正篤さんという方は陽明学者なんだそうですが、この人が北尾さんのもとになっていると思います。

この人の本はたくさんありますが、干支の話の本もありますよ。

読んでみると、おもしろいものです。

もう亡くなられていますが、歴代の総理大臣にアドバイスしていた人ですよね。

そして、平成というのを考えたとも言われているようです。

政治にはやっぱりこういう人が必要なんだなと感じます。

歴史上の人物にも大物がいる

歴史上の人物で有名なのは徳川家康でしょうね。

天海という人がブレーンとして側近だったことは有名。

それから陰陽師というのも、暦や方位には詳しい人ですね。

なんか安倍晴明まで行くと、ちょっと現実離れしてしまうのですが。

もっと昔で言えば、藤原道長も暦大好きです。

卑弥呼もそうなのかも…。

どうやって暦を使っているのか

安岡正篤さんの本を見てみるとわかるんですが、内容は占いではありません。

カードとかタロットだとか、そんな雰囲気とは全然違うんですよね。

むしろ歴史なんです。

安岡正篤さんは日本の歴史も、中国の歴史もすごく詳しいわけですよね。

その中で、今年はどうなるのかということを説明しています。

その話を経済界のトップや政治家たちが参考にしていたそうです。

つまり、未来というのは過去なんだという話。

どんなに、新しい世界のようでも、いつか過去に同じようなことはあるものだということです。

安岡正篤さんの言葉で印象に残ったのが、結局、原因と結果なんてこじつけだという話です。

何が原因で、その結果につながっているのかは誰にもわからない。

いろんな原因が複雑に絡んでいるのが普通。

その中で都合のいいものを取り出して、原因としている。

そんなもんだと言っています。

なるほどなと感心します。

暦や方位もそんなものではないですか?

なぜ成功する人は暦に頼るのか

起こったことに対して、何が原因かはわからないと。

それは正しい話だと思います。

では、それをまるごとひっくり返してみるとどうなりますか?

過去に起こったことの原因はわからない。

ひっくり返すと、過去は未来になります。

つまり、これからどうすべきは誰にもわからない。

正しい答えなんてないってことだと思います。

それはそうですよね。

吉と出るか、凶と出るか。

そんなところで、人々は生きているんだと思います。

だから、暦が必要となってくるのでしょう。

あんなものは迷信だと言われます。

私もどちらかと言うと、迷信だと思っている部分はあるんですよ。

だけど、人間はそんなに強くありませんから。

決断できることは強さの証明でもあります。

しかも、やることが国全体に関わる総理大臣だったら。

多くの従業員に影響のある大企業の社長だったら。

決断するのは、とても難しいことなのでしょう。

そうして、暦や方位というものも現代にあるんだと思いますね。

(私のような小物でも使っているのですが…)

暦を使って成功するためには

やっぱり、北尾さんにしても安岡正篤さんにしても、よく学んでいる。

それがとても重要なんだと思います。

すごく歴史にも詳しい人なんですよね。

学ぶ姿勢がまずないと、暦や方位に翻弄されるだけですからね。

暦の知識を学ぶのではありませんよ。

そうではなくて、自分にとっての必要な知識がなければいけませんよね。

学ぶことが大前提。

その上で、暦や方位をうまく使うことが成功できる秘訣ではないかと思います。

なんとなく、最近はそう思います。

凶日とか凶方位を怖いと感じるだけ。

そんな暦の使い方は、あまり意味がないなと。

もっと上手に使わないと、大昔に暦を作った人に怒られるのではないでしょうか。

 - 2017年の暦と方位, 引越し, 旅行

コメント

  関連記事

和風月名(睦月、如月…)の語源クイズ

1月から12月まで、とても日本的な月の呼び方があります。 「和風月名」と言うそう …

2016年の吉方位とおすすめの海外旅行先。

2016年の最高の吉方位は歳徳神の方位。 吉方位でまず知っておきたいのが「歳徳神 …

土用はうなぎだけじゃない!土用の役割

方位や暦に取り入れられている干支。 干支からどのようにして吉と凶を判定するのでし …

暗剣殺の方位だと知らずに旅行に行ってしまった場合の考え方と対策
暗剣殺の方位だと知らずに旅行に行ってしまった場合の考え方と対策

暗剣殺に旅行に行くとどうなる? 暗剣殺という凶方位。 この記事を見るぐらいの人は …

方位を見るときの北は真北と磁北のどっち?偏角は考慮するのか
吉方位との出会い

私と九星の出会い。 実は私、若い時にはコンサルティングのような仕事をしていたこと …

下段の吉日と凶日のいろいろ

昔の暦の下の方に記載されていた暦注を「下段」と言います。 日の吉凶が記載されてい …

新居に移転する吉日は、住所変更と引越しのタイミングのどっち?
新居に移転する吉日は、住所変更と引越しのタイミングのどっち?

住所変更と引っ越しが同じとは限らない 新しく家を買った人も、転勤で引っ越しする人 …

太歳神と木星と十二支の関係

旅行や引っ越しのために方位を調べると、方位神というものがあります。 方位神の中に …

歳破神と太歳神の位置関係が気になる

方位の吉凶を見るなら、必ず気にしなければならないのが歳破(さいは)です。 その年 …

九星を年月日へ当てる(九星と暦の関係)

暦には暦注というものがあって、年や月や日に吉凶を判断するためのいろんな情報が付け …