»2020年の吉日カレンダーはこちら!

2019年11月2日の暦

2019年(令和元年)

11月

2

土曜日

11月2日の暦

干支癸卯

五行相生

九星三碧

六曜先負

十二直

二十八宿

その他の暦注(下段など)

吉日

神吉日

凶日

その他の情報

土用

旅行・結婚・引越

旅行
凶
結婚
凶
引越し
吉
癸卯 (みずのとう)
干支は「干(かん)」と「支(し)」からなり、癸卯の干は、癸(みずのと)、支は卯(う)です。干支は60種類あるので、癸卯(みずのとう)の日は60日に一度めぐってきます。癸卯は60種類の中で40番目の干支です。
相生
干支の組み合わせが自然の流れに沿っているため、相生は物事が順調に進む日とされています。
三碧
三碧が方位盤の中央に位置していることを表します。九星は一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫で、これらが東西南北、北東、南東、南西、北西の8方位と中央の9つの位置に当てられ、毎日変動しています。
先負
先負は「先んずればすなわち負ける」です。勝負事や急用は避けて控えめに過ごすべき日です。昼過ぎから日暮れまでは吉。
執 (とる)
万物の活動や育成を執行する日で、結婚やその他の祝い事には吉日です。ただし、金銭の出し入れ、財産管理には凶です。
女 (じょ)
稽古始めにいは吉。結婚には凶です。
神吉日
神吉日は神事に関することは吉とされる日です。神社の参拝や祖先を祀ることなどは吉。干支をもとにして設定されています。2019年の神吉日一覧
土用
土用は夏の土用が一般的ですが、各季節の終りの約18日間で年に4回あります。土の気が盛んになり、動土や穴掘りなど土を犯す作業が凶とされています。2019年の土用の日一覧

2019年の運勢(全体運・恋愛運・金運)は早めにチェック!

<<前の日

次の日>>

11月2日の雑節など

なし

11月2日の吉事

結婚 竹内雄悟さん と 一般女性の方
棋士の竹内雄悟さん(29)と一般女性の方が結婚しました。(2017年11月2日)
出産 三輪記子さん
弁護士の三輪記子さん(39)に男の子が生まれました。(2015年11月2日)

11月2日の金神、大将軍、天一神の方位

北北東

北東

東北東

姫金神

巡金神

東南東

南東

南南東

南南西

南西

西南西

大金神

西

大将軍

西北西

北西

北北西

金神
金神がいる方位に向かっての旅行や引越しは避けた方が良いと言われます。 金神には、遊行で別の方位に行くことのある巡金神と、1年を通して同じ方位にある大金神、姫金神があり、 遊行中は遊行先の方位が凶方位となります。また、間日はどの方位も問題ありません。
大将軍
大将軍のいる方位は、旅行、引越しには特に注意が必要とされています。大将軍の方位は3年間、同じ方位ですが、 遊行により別の方位に行くことがあります。その日は本来の方位は問題なく、遊行先の方位が凶方位です。
天一神
天一神は天と地を行ったり来たりし、地上にいる期間(44日間)は8方位を巡り、その方位は凶方位とされます。天にいる期間(16日間)は天一天上と言われ、 どの方位も問題ありません。

今日の吉方位や凶方位を確認するなら【九星】吉方位カレンダー

毎月の吉方位の旅行先がわかる【吉方位旅行カレンダー】登録受付中!

11月2日の易占い

地雷復 (ちらいふく)

地雷復は「地」を意味する「坤」が上にあり、「雷」を意味する「震」が下にある形です。 復は復興の「復」ですから、「壊れた後の復活」を意味しています。 復の記号の形は、陰が上から5つ並んでいて、下に陽が1つだけです。これは陽が復活してきたことを表しています。 春を意味する雷は天にあるものですが、今はまだ地中にあります。そして、いずれは地上に出てきます。 陰の気で埋め尽くされていたところに、ようやく陽の気の兆しが見え始めた段階。 でも、まだ弱い状態ですから、無理をすることはできません。 これから陽が伸びようとしているわけですから、復縁や仲直りにはよいとされます。

気になることは易占いのページで!

<<前の日

次の日>>

11月2日の格言

思い通りに生きるために、他人を強制するのが良くない

2019年の吉日や凶日をチェック!

吉日

凶日

2019年の各月の暦

関連ページ

関連サイト

入籍日カレンダー
入籍日カレンダー
もうすぐ結婚予定のお二人が入籍日を探すための情報です。
吉日・吉方位のブログ
吉日・吉方位のブログ
暦、方位に関する記事を書いています。吉日や吉方位を上手に活用するための情報です。
旅行は吉方位へ
旅行は吉方位へ
九星気学をもとに、吉方位にある観光スポットがみつかります。
海外旅行も吉方位へ
海外旅行も吉方位へ
海外旅行なら、このサイトで吉方位にある海外の観光地を探しましょう。

ホットドックラボ info@hotdoglab.jp

PAGE TOP