テーマ:レジャー

東京ディズニーリゾート!私のせつない思い出

東京駅って人がたくさんいて、何度いっても圧倒されます。京葉線のホームへ向かう通路は特徴がありますよね。

東京駅からワクワク

京葉線のホームへ向かう通路は、動く歩道とかもありますが、 同じ方向に移動してる人が多すぎて、人自体がベルトコンベアーに見えてくるのは私だけでしょうか。 みんなディズニーリゾートへ向かっているのです。 ディズニー大好きな私の場合、京葉線の人混みコンベアー(笑)へ突入した時点で、ウキウキしてしまいます。 動く歩道のとこによくあるディズニーの看板とかすごく見ますし、 舞浜に着くまでの間、車窓からディズニーを探します。大人なのでみんなに気づかれないようにさりげなくです。 舞浜駅では我先に走り出したい衝動を必死にこらえながらの感じです。 別に本能のおもむくままに走ればいいのですが子ども連れなのでおとなしくしてます。

ディズニーのどこが好き?

ディズニーのどういうとこが好きなのかと聞かれたら、好きなとこだらけで困ります。 でもあえてあげるならば、エントランス付近に来ると聞こえてくるアナウンスでしょうか。 このアナウンスの声を聞くと、ディズニーに来た実感がわき、幸福感で胸が高鳴ります。

ディズニーデビューのせつない思い出

私がディズニーランドデビューしたのは2歳のときです。 全く記憶にありませんが写真は残っています。 そんな私、実は1才のときにディズニー未遂を起こしています! へ??なんだそれ?って感じですよね。 母に聞いたちょっぴり悲しいお話を聞いてください。

私は5人家族の末っ子で年の離れた姉がふたりいます。 ディズニーランドが開園した頃、姉たちが「ディズニーランドにいきたいいきたいいきたーい」ということで、出陣したそうです。 車を3時間以上走らせ、いざ東京ディズニーランドに着きました。 喜び興奮する娘の横で固まる父と母。 チケットの高さに恐れおののいたそうです。 私は一才だったので無料だとしても、所持金が足りない…、なんとも残念なことに。 母は「なんであのときATMを探してお金おろさなかったんだろー」「お母さんビックリしちゃって、帰ろ帰ろってなっちゃった」と言っていました。 当然、ディズニーランドを楽しみにしていた姉たちはぶーたれていたそうです。 ガッカリする気持ち、すごくよくわかります。夢の国を目の前にして、引き返さなければならないなんて…。ガッカリを通り越して気を失いそうですよね。 私、そのとき幼子でほんとによかった。

所持金不足でディズニーをあとにしたものの、せっかくはるばる3時間以上かけてここまできたのだからってことで稲毛海浜公園へ行ったそうです。 公園内をしばらく散策し、芝生の広場にレジャーシートを敷いて持参したオニギリを食べたそうです。 なんとも切なくなる話ですよね。 これは何度も聞いている笑い話です。 所持金不足の悲しい思いをしたからか、私の母はいつも「ディズニーいくときは10万もってかなきゃ」と言っています。

そういえば、小さい頃にディズニーランドで買ってもらった、大きなペロペロキャンディー…。 なんとも言えない美味しい味がしたなぁ。毎回行くたびに買ってもらうんだけど舐めきれなくて、 冷蔵庫に入れておいたことが思い出されます。あのペロペロキャンディー、今は売ってないのではないでしょうか。 あれ食べたら小さい頃のディズニーの記憶がよみがえりそうな気がします。 母も大好きだったので食べさせたいです。

私の母はすごくディズニーが好きで、誘わずに行ったりしたら「行きたかったー」「誘われてない」と怒るくらいです。 そういえば、旦那の両親はまだ1度もディズニーに行ったことがないらしいです。 義父は「行く機会がないから」と言います。 義母は「人がたくさんいるとこは嫌だ」と言います。 ディズニー大好きな私からしたら、なんでなんでーっていう感じです。 まだ60代半ばですし、元気なうちにつれて行ってあげたいと思います。

ディズニーマジックの思い出

ディズニーマジックってありますよね。 ボンボヤージュを過ぎて少し先にディズニーランドのチケットブースが見えてくる頃、悲しい気持ちになっちゃう人。

はい、それ私です。

ディズニーはだいだいだい好きですよ。 でも、でもどうしてもボンボヤージュを過ぎた頃にとてつもない切なさに襲われるのです。 だって、楽しいときがあっという間に過ぎて帰るときのことを想像してしまうから。

主婦になった今は、エントランスにたどり着く前にそこまで落胆することはなくなりましたが、切ない気持ちにはなります。 忙しい職場で軍隊のように働いていたときなんて、ディズニーが現実とかけ離れすぎてて涙が出そうでした。 当時の同僚と行ったときは、ボンボヤージュのへんまできたところで「帰りのこと考えると泣けてくるね」「むしろもう帰った方がいいのかな」「持ち帰り仕事やんなきゃだしね」なんて悲しい会話をしていました。 そんな、どんより集団でもワールドバザールあたりまで来るとハイテンションになり、鼻をムフムフいわせて、はや歩きしているんですけどね。

あっというまに楽しすぎる時間は過ぎて、閉園時間を迎えます。 朝来たときに予想していた悲しい瞬間が刻一刻と近付きます。 もう閉園時間間近だっていうのに、再入場のスタンプ押してもらおっかな…なんて迷ったりします。 名残惜しすぎて後ろ髪ひかれまくってるんです。

結局は再入場スタンプは押してもらわずに、繕ってスムーズにゲートを出ます。ニコニコ笑顔のキャストの人に軽く会釈もして。 そして、朝に帰りのことを想像していたボンボヤージュ付近に! 意外と大丈夫!?想像してたような虚しさよりは、夢のくにの余韻に包まれてポヤーンとしています。 朝から全力で遊び、疲れているのもあるのかもしれません。 パーク内を歩いて歩いて、足は棒のようなのに、ボンボヤージュの中をのぞきこむと、かわいいディズニーグッズがたくさん売られていて、「おみやげおみやげ~」と吸い込まれていってしまいます。 買い物を終えて帰るときは必ず「絶対またディズニー来よ!ボンボヤージュにだけでもいいから来よ!」なんて思ってしまうのです。

恐るべし!ディズニーマジック! やっぱりディズニーランドって大好き!

私のディズニーランドの思い出を書きました。 小さな頃から成人するまで両親のお金で連れていってもらってたディズニー。 働くようになると自分で稼いだお金で行き、今では旦那が働いたお金で行きます。 誰のお金で行っても楽しいディズニーリゾートです。

◀前のコラム

絶叫マシーンの聖地、富士急ハイランド

絶叫マシーンの聖地、富士急ハイランド

富士急ハイランドは絶叫マシーンが大好きな人にとってたまらない場所ですよね。私も大好きなスポットです。

テーマ:レジャー

▶次のコラム

焼きおにぎりと家族旅行の思い出

焼きおにぎりと家族旅行の思い出

私の実家はあまり裕福な家庭ではなかったので、旅行などにそんなにお金をかけていませんでした。

テーマ:その他

関連コラム

東京スカイツリーは和を意識した日本的なスポット

東京スカイツリーは和を意識した日本的なスポット

2012年、世界一高いタワーとして誕生したのが「東京スカイツリー」です。地上デジタル放送の電波塔として建てられたんですね。

テーマ:レジャー

遊園地はいつ頃からあった?意外と古い歴史

遊園地はいつ頃からあった?意外と古い歴史

レジャースポットとして各地にある遊園地やテーマパーク。遊びに行く人がその歴史を知りたいなんてことは普通はないですよね。

テーマ:レジャー

地下鉄は東京の縦の有効利用。地下鉄に抱く疑問…

地下鉄は東京の縦の有効利用。地下鉄に抱く疑問…

私が田舎から上京してきて、もう10年以上。どこに行くにも車が必要だった田舎から比べると、東京は交通網が整備されていて、すごく便利に感じました。

テーマ:

観光地で記念写真を撮るコツ。構図が大事!

観光地で記念写真を撮るコツ。構図が大事!

旅行に行くときの必需品と言えば何でしょうか。やっぱりカメラ。これを忘れたら、ガッカリです。

テーマ:その他

観覧車は観光地のシンボル、日本の観覧車の特徴と魅力

観覧車は観光地のシンボル、日本の観覧車の特徴と魅力

横浜のみなとみらいは観光地としても人気です。多くの観光客でにぎわっています。みなとみらいと言えば、何でしょうか?

テーマ:レジャー

おすすめ人気コラム

旅行じゃないことが旅行を楽しくするコツ?

旅行じゃないことが旅行を楽しくするコツ?

旅行は、いろんな種類というか、ジャンルというか、カテゴリーがあります。たとえば、自然に親しむ旅行、温泉を楽しむ旅行、歴史スポットをめぐる旅行など。

テーマ:その他

観光地で記念写真を撮るコツ。構図が大事!

観光地で記念写真を撮るコツ。構図が大事!

旅行に行くときの必需品と言えば何でしょうか。やっぱりカメラ。これを忘れたら、ガッカリです。

テーマ:その他

伊勢・志摩旅行の思い出は…

伊勢・志摩旅行の思い出は…

伊勢・志摩と言えば、私は主人と行った思い出深い旅行です。年末年始の休みを利用して伊勢・志摩に行ったんです。一泊二日の短い旅行だったんですけどね。

テーマ:その他

ミステリーと想像力。歴史スポットの楽しみ方

ミステリーと想像力。歴史スポットの楽しみ方

観光スポットの魅力はそれぞれです。その中で、歴史ものも人気があります。歴史上の建物。重要な遺跡。お城なんかがそうですよね。

テーマ:歴史

橋は観光地。簡単に見分けられる橋の種類

橋は観光地。簡単に見分けられる橋の種類

旅行のテーマとして「橋」はいかがでしょうか?全国に橋はたくさんあります。いろんな橋があります。橋のバリエーションは意外にも豊富です。

テーマ: