テーマ:レジャー

東京スカイツリーは和を意識した日本的なスポット

2012年、世界一高いタワーとして誕生したのが「東京スカイツリー」です。 地上デジタル放送の電波塔として建てられたんですね。

東京タワーと東京スカイツリー

東京スカイツリーが建っている場所。 そこは東武鉄道の貨物ヤードの跡地です。 東京スカイツリーは東武鉄道、つまり鉄道会社が建てたんですね。 だから、各放送局は東武鉄道にお金を払ってるんです。 放送の電波塔と言えば、それまで東京タワーでした。 東京タワーが建った頃とは東京の街並みも変わりました。 高層ビルが増えたこともあって、もっと高いタワーが必要になったんだそうです。

東京スカイツリーの高さは、634メートル。

覚え方は「ムサシ」です。

15候補の中から選ばれた東京スカイツリー

墨田区と台東区のあたり、つまり下町と言われる地域。 東京スカイツリーは下町にあるんですね。 候補地はいろいろありました。 候補地と言うよりは、いろんな自治体が、名乗りを上げたんですね。 そして誘致活動を行いました。

その結果、15の地域の中から「下町」が選ばれたわけです。 ほかには、どんなものがあったんでしょう。

埼玉県さいたま市の「さいたまタワー」。

京王堀之内駅近くの「多摩タワー」。

松本零士先生がデザインする「東京ワールドタワー」。

秋葉原駅前に800メートルの高さを誇る「アキバタワー」。

提案されたタワーの中のいくつかです。 実際には存在しないタワーなので、見に行かないでくださいね。 でも行ってみたくなるほど、魅力のあるタワーの候補。 それに勝ったのが東京スカイツリーなんですよね。

東京スカイツリーの足元は三角?

東京スカイツリーの地上のあたりを見ると、三角形なんですね。 一辺が68メートルの三角形。 東京タワーは、一辺が90メートルの四角形です。 東京タワーの方が安定してそうな気がします。 3本足より、4本足の方がガッチリ踏ん張れる。 だから、東京タワーはあれだけの高さでも大丈夫なんですね。

あれっ、どっちが高いんだっけ?

東京スカイツリーの方がかなり高いです。 なぜ、三角形なのかは、敷地の面積の都合だそうです。 土地が長方形。 この条件では、三角形が最も適していたんだとか。 一辺の長さを長くできる三角形の方が良かったそうです。 その分、東京スカイツリーには強度の強い部材が使われています。 それに、地下35メートル以下の強固な地盤に杭を下ろしているそうです。 杭には突起をつけて、摩擦力をUP。 引き抜く力に抵抗する力を大きくしているんです。 これを聞けば、高い東京スカイツリーでも安心です。

和の要素を取り入れたデザイン

足元の三角形はずっと空の方に向かっていくと、丸くなるんですよね。 なめらかな形が印象的な東京スカイツリー。 そこには和の要素が取り入れられていました。 それが「そり」と「むくり」。 「そり」は日本刀のような湾曲。 「むくり」はお寺の柱のような中央の膨らみのこと。

ライティングにも日本の和を見ることができます。 1つは「粋(いき)」。 これがブルーのライト。 もう1つは「雅(みやび)」 これは紫のライト。 ライティングにはもう1つ。 陰翳礼讃(いんえいらいさん)の考え方が取り入れられています。 すごく難しい言葉ですが、 影にある美しさのようなことだそうです。 それは日本の伝統的な美なんだそうですよ。

暗さを生かしたライティングが東京スカイツリーのライティングの特徴でもあります。 照らしている部分と、影になっている部分。 その両方が一体となって美しが感じられるようにしているそうなんです。 それから、ライティングでは照らし方にも工夫があります。 普通は下から上に照らすらしいんですが、東京スカイツリーは上から下。 こんな特徴もあったんですね。 夜のスカイツリーを見たくなってきましたよね。

東京スカイツリーの耐震性

耐震性も注目です。東京スカイツリーの耐震性は、 マグニチュード7~8級の地震でも耐えられる構造だそうです。 タワーの中央部分に鉄筋コンクリートでできた心柱があります。 直径8メートル、高さ375メートル。 塔と心柱は切り離されているため、それぞれが異なる周期で揺れます。 それが地震の揺れを低減するんですね。 心柱と言うと、五重塔では欠かせないもの。 東京スカイツリーは、21世紀の五重塔なんて言われ方もするんですね。

古典的な和の要素も持ち、耐震技術では五重塔の要素を持っている。 まだ新しいスカイツリーですが、伝統や文化が重んじられた、とても日本的なスポットです。

◀前のコラム

富岡製糸場は人事制度も休日も先進的だった

富岡製糸場は人事制度も休日も先進的だった

富岡製糸場は世界遺産に登録されています。日本の産業遺産として残る富岡製糸場には多くの観光客が訪れています。

テーマ:歴史

▶次のコラム

吉野ヶ里歴史公園の楽しみ方は想像力だ!

吉野ヶ里歴史公園の楽しみ方は想像力だ!

日本の古代の歴史公園として、日本最大級の規模を誇る「吉野ヶ里遺跡」。たくさんの建物が復元され、観光客の多いスポットでもあります。

テーマ:歴史

関連コラム

東京タワーは電波塔。個人的な東京タワーの楽しみ方

東京タワーは電波塔。個人的な東京タワーの楽しみ方

東京の観光スポットで有名なところ。やっぱり東京タワーを外すわけにはいきませんね。いつ見てもいいけど、まわりが暗くなってからの東京タワーはライトアップされて、とってもきれいですよね。

テーマ:レジャー

地下鉄は東京の縦の有効利用。地下鉄に抱く疑問…

地下鉄は東京の縦の有効利用。地下鉄に抱く疑問…

私が田舎から上京してきて、もう10年以上。どこに行くにも車が必要だった田舎から比べると、東京は交通網が整備されていて、すごく便利に感じました。

テーマ:

観光は『行』じゃなくて『光』…観光とは光を観ること

観光は『行』じゃなくて『光』…観光とは光を観ること

「観光」について考えると、この字は「かんこう」って読むわけですが、「行」じゃなくて「光」なんですよね。なんで光を観ると書くのでしょうか?

テーマ:その他

観光地で記念写真を撮るコツ。構図が大事!

観光地で記念写真を撮るコツ。構図が大事!

旅行に行くときの必需品と言えば何でしょうか。やっぱりカメラ。これを忘れたら、ガッカリです。

テーマ:その他

橋は観光地。簡単に見分けられる橋の種類

橋は観光地。簡単に見分けられる橋の種類

旅行のテーマとして「橋」はいかがでしょうか?全国に橋はたくさんあります。いろんな橋があります。橋のバリエーションは意外にも豊富です。

テーマ:

おすすめ人気コラム

旅行じゃないことが旅行を楽しくするコツ?

旅行じゃないことが旅行を楽しくするコツ?

旅行は、いろんな種類というか、ジャンルというか、カテゴリーがあります。たとえば、自然に親しむ旅行、温泉を楽しむ旅行、歴史スポットをめぐる旅行など。

テーマ:その他

観光地で記念写真を撮るコツ。構図が大事!

観光地で記念写真を撮るコツ。構図が大事!

旅行に行くときの必需品と言えば何でしょうか。やっぱりカメラ。これを忘れたら、ガッカリです。

テーマ:その他

伊勢・志摩旅行の思い出は…

伊勢・志摩旅行の思い出は…

伊勢・志摩と言えば、私は主人と行った思い出深い旅行です。年末年始の休みを利用して伊勢・志摩に行ったんです。一泊二日の短い旅行だったんですけどね。

テーマ:その他

ミステリーと想像力。歴史スポットの楽しみ方

ミステリーと想像力。歴史スポットの楽しみ方

観光スポットの魅力はそれぞれです。その中で、歴史ものも人気があります。歴史上の建物。重要な遺跡。お城なんかがそうですよね。

テーマ:歴史

橋は観光地。簡単に見分けられる橋の種類

橋は観光地。簡単に見分けられる橋の種類

旅行のテーマとして「橋」はいかがでしょうか?全国に橋はたくさんあります。いろんな橋があります。橋のバリエーションは意外にも豊富です。

テーマ: