2017年1月6日の暦

2017年(平成29年)

1月

6

金曜日

1月6日の暦

干支癸巳

五行相剋

九星三碧

六曜友引

十二直

二十八宿

その他の暦注(下段など)

吉日

母倉日

凶日

十方暮

その他の情報

重日

天一天上

旅行・結婚・引越

旅行
凶
結婚
凶
引越し
凶
癸巳 (みずのとみ)
干支は「干(かん)」と「支(し)」からなり、癸巳の干は、癸(みずのと)、支は巳(み)です。干支は60種類あるので、癸巳(みずのとみ)の日は60日に一度めぐってきます。癸巳は60種類の中で30番目の干支です。
相剋
相剋は干支の組み合わせが相反しており、物事が順調に進まない日とされています。
三碧
三碧が方位盤の中央に位置していることを表します。九星は一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫で、これらが東西南北、北東、南東、南西、北西の8方位と中央の9つの位置に当てられ、毎日変動しています。
友引
友引の日は朝晩は吉、正午は凶です。昼は凶となります。友引の日は「凶事に友を引く」の意味からお葬式を避けます。
定 (さだん)
善悪が定まってとどまる日の意味で引越し、結婚には吉日です。ただし、旅行、木の植替えなどは凶です。
婁 (ろう)
結婚の相談には吉。契約や取引始めにも吉です。
母倉日
母倉日は特に婚姻に良い日とされています。母が子を育てるように、天が人々を慈しむ日です。
十方暮
十方暮は干と支が「相剋」の関係で組み合わさる日。甲申から癸巳の間の10日間で、天地の気が相剋するため何事もうまくいかないとされる日です。
重日
重日は日の干支の「巳」と「亥」の日で陽または陰が重なる日です。吉事を行えば吉事が重なり、凶事を行えば凶事が重なる日。結婚は再婚につながることから凶とされています。
天一天上
天一天上は日の干支が癸巳から戊申までの16日間で、天一神が天に行き、地上で悪さをしない期間ですが、代わりに日遊神が地上に降りている期間とされ、家の中を清潔にしなければならないとされます。

300万個売れている義理チョコ・友チョコの定番!500円以下

スポンサーリンク

<<前の日

次の日>>

1月6日の雑節など

なし

1月6日の吉事

結婚 一般男性の方 と 安田由紀奈さん
一般男性の方(27)とタレントの安田由紀奈さん(26)が結婚しました。(2015年1月6日)
出産 犬山紙子さん
エッセイストの犬山紙子さん(35)に女の子が生まれました。(2017年1月6日)

1月6日の金神、大将軍、天一神の方位

巡金神

北北東

北東

東北東

東南東

南東

南南東

大金神

大将軍

南南西

南西

西南西

西

西北西

北西

北北西

姫金神

金神
金神がいる方位に向かっての旅行や引越しは避けた方が良いと言われます。 金神には、遊行で別の方位に行くことのある巡金神と、1年を通して同じ方位にある大金神、姫金神があり、 遊行中は遊行先の方位が凶方位となります。また、間日はどの方位も問題ありません。
大将軍
大将軍のいる方位は、旅行、引越しには特に注意が必要とされています。大将軍の方位は3年間、同じ方位ですが、 遊行により別の方位に行くことがあります。その日は本来の方位は問題なく、遊行先の方位が凶方位です。
天一神
天一神は天と地を行ったり来たりし、地上にいる期間(44日間)は8方位を巡り、その方位は凶方位とされます。天にいる期間(16日間)は天一天上と言われ、 どの方位も問題ありません。

1月6日の格言

反対ばかりしていては、正しいことすら見えてこない

スポンサーリンク

2017年の各月の暦

関連ページ

関連サイト

入籍日カレンダー
入籍日カレンダー
もうすぐ結婚予定のお二人が入籍日を探すための情報です。
吉日・吉方位のブログ
吉日・吉方位のブログ
暦、方位に関する記事を書いています。吉日や吉方位を上手に活用するための情報です。
旅行は吉方位へ
旅行は吉方位へ
九星気学をもとに、吉方位にある観光スポットがみつかります。
海外旅行も吉方位へ
海外旅行も吉方位へ
海外旅行なら、このサイトで吉方位にある海外の観光地を探しましょう。

ホットドックラボ info@hotdoglab.jp

PAGE TOP