2018年9月12日の暦

2018年(平成30年)

9月

12

水曜日

9月12日の暦

干支丁未

五行相生

九星五黄

六曜仏滅

十二直

二十八宿

その他の暦注(下段など)

吉日

神吉日

大明日

母倉日

凶日

受死日

その他の情報

旅行・結婚・引越

旅行
凶
結婚
凶
引越し
凶
丁未 (ひのとひつじ)
干支は「干(かん)」と「支(し)」からなり、丁未の干は、丁(ひのと)、支は未(ひつじ)です。干支は60種類あるので、丁未(ひのとひつじ)の日は60日に一度めぐってきます。丁未は60種類の中で44番目の干支です。
相生
干支の組み合わせが自然の流れに沿っているため、相生は物事が順調に進む日とされています。
五黄
五黄が方位盤の中央に位置していることを表します。九星は一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫で、これらが東西南北、北東、南東、南西、北西の8方位と中央の9つの位置に当てられ、毎日変動しています。
仏滅
仏滅は「仏も滅するような最悪の日」という意味です。六曜の中では大凶日にあたり、何事もうまくいかないことから、結婚式などは避けることが多い日です。
開 (ひらく)
険を開き通じる意味で、引越し、結婚には吉とされています。
壁 (へき)
結婚、旅行、引越し、いずれも吉日です。
神吉日
神吉日は神事に関することは吉とされる日です。神社の参拝や祖先を祀ることなどは吉。干支をもとにして設定されています。
大明日
大明日はすみずみまで太陽が照らす吉日。結婚、旅行、引越しなどは吉、新しいことを始めるにも良い日です。
母倉日
母倉日は特に婚姻に良い日とされています。母が子を育てるように、天が人々を慈しむ日です。
受死日
受死日は暦では黒丸(●)の印で記載され、最悪の日とされています。他の暦注を見る必要もないほどの凶日です。結婚も旅行も引越しも避けた方が良い日です。お葬式だけは問題ない日です。

2018年後半のあなたへのお手紙

スポンサーリンク

<<前の日

次の日>>

9月12日の雑節など

なし

9月12日の吉事

なし

9月12日の金神、大将軍、天一神の方位

北北東

姫金神

北東

東北東

東南東

南東

南南東

大将軍

南南西

大金神

南西

西南西

西

西北西

北西

北北西

金神
金神がいる方位に向かっての旅行や引越しは避けた方が良いと言われます。 金神には、遊行で別の方位に行くことのある巡金神と、1年を通して同じ方位にある大金神、姫金神があり、 遊行中は遊行先の方位が凶方位となります。また、間日はどの方位も問題ありません。
大将軍
大将軍のいる方位は、旅行、引越しには特に注意が必要とされています。大将軍の方位は3年間、同じ方位ですが、 遊行により別の方位に行くことがあります。その日は本来の方位は問題なく、遊行先の方位が凶方位です。
天一神
天一神は天と地を行ったり来たりし、地上にいる期間(44日間)は8方位を巡り、その方位は凶方位とされます。天にいる期間(16日間)は天一天上と言われ、 どの方位も問題ありません。

9月12日の易占い

天地否 (てんちひ)

天地否は「天」を意味する「乾」が上にあり、「地」を意味する「坤」が下にある形です。 「天」が上で「地」が下にあるわけですから、当たり前のように見えます。 しかし、陰と陽の法則で見ると、天は陽であり、地は陰です。天の気は上に向かい、地の気は下に向かいます。 するとお互いがふれあうことができません。 陰と陽が調和できないことになり、そうなると何も生まれることがなく、成長することもできません。 否には、「閉塞」、「否定」といった意味があり、お互いが背き合っているわけです。 人間関係で言えば、お互いが自分のことばかりを考えて、自己主張が強く、譲り合わないような状態です。 上司と部下、夫婦関係でも、自分のことばかり考えていては、そこから何も生まれません。 何事もうまくいかない状態になるのです。

気になることは易占いのページで!

<<前の日

次の日>>

9月12日の格言

不幸ではなく、ちょっとした曲がり角

スポンサーリンク

2018年の各月の暦

関連ページ

関連サイト

入籍日カレンダー
入籍日カレンダー
もうすぐ結婚予定のお二人が入籍日を探すための情報です。
吉日・吉方位のブログ
吉日・吉方位のブログ
暦、方位に関する記事を書いています。吉日や吉方位を上手に活用するための情報です。
旅行は吉方位へ
旅行は吉方位へ
九星気学をもとに、吉方位にある観光スポットがみつかります。
海外旅行も吉方位へ
海外旅行も吉方位へ
海外旅行なら、このサイトで吉方位にある海外の観光地を探しましょう。

ホットドックラボ info@hotdoglab.jp

PAGE TOP