吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

2020年の天赦日は全部で7回!その中で一番いい日はどれ?

   

今日は運がよかったとかありますよね。

その逆もある。

もしかすると…

それは暦(こよみ)が原因かもしれません。

暦にはいろんないい日や悪い日があります。

縁起のいい日は吉日です。

逆に悪い日は凶日。

縁起のいい日の中に「天赦日」という日があります。

すごく縁起のよい吉日なんですが、あまり目立たない。

2020年の天赦日っていつですか?

普通はわかりませんよね。

知っている人は意外と少ないものです。

ここで、2020年の天赦日をチェックしておきましょう。

そして、どの日が一番いい日かも決めたいと思います。

2020年の天赦日はいつ?

天赦日は吉日の中でも代表的な存在です。

2020年は、この日が天赦日です。

  • 1月22日(水)
  • 2月5日(水)
  • 4月5日(日)
  • 6月20日(土)
  • 9月2日(水)
  • 11月1日(日)
  • 11月17日(火)

それにしても、見事に曜日もバラバラ。

毎月あるわけでもない。

同じように暦の吉日として有名なのが「大安」ですよね。

結婚式を行うのは大安の日が多いでしょう。

天赦日は大安の日ほど有名ではありません。

実は2020年の場合、大安の日は全部で61回あります。

もう1つ有名な吉日に「一粒万倍日」という日があります。

この一粒万倍日は、2020年に56回あります。

つまり、大安も一粒万倍日も月に4~5回ぐらいはあるという計算。

天赦日は2020年には、わずか7日しかありません。

吉日2019年2020年
大安60日61日
一粒万倍日60日56日
天赦日7日7日

ほかにも暦にはいろんな吉日がありますが、これほど少ないのは珍しいぐらいです。

それだけ、貴重ということ。

天赦日があまり知られていないのも納得ですよね。

これだけ少ないからこそ、知っておかないと知らずに過ごしてしまいます。

もったいないことです。

縁起のいい日を選びたいなと思ったとき、まずは天赦日をチェックですよね。

「天赦日」はどんな日?

「赦」という字。

この字には「罪や過ちをゆるす」という意味があります。

つまり、「天が赦(ゆる)す日」という意味。

「天が万物を養い、その罪を赦(ゆる)す日」

これが天赦日の意味です。

天が赦すということは、すごいことなんですね。

天赦日はどんなこともうまくいくような大吉の日となってしまいます。

普段、私たちは神様がいる中で生活しています。

日本にはいろんな神様がいます。

その神様たちが天に昇るのが天赦日なんですね。

そうすると、どうなるでしょうか。

神様がいない状態になりますね。

私たちの生活の中には「禁忌」というものがある。

禁忌とは「してはいけないこと」。

神様がこのあたりのバランスを取っているのでしょう。

天赦日になると、禁忌とするところがない。

神様が大目に見てくれる。

だから、縁起がよいということになる。

なんだかわかったようなわからないような…

とにかく、暦では最上吉日と言われるような日なんですね。

天赦日はどうして少ないのか

天赦日は季節と(えと)によって決まっています。

干支は全部で60種類あります。

毎日どれかの干支があるんです。

天赦日になる日とは、その中の4つしかありません。

干支が「戊寅」の日
干支が「甲午」の日
干支が「戊申」の日
干支が「甲子」の日

このように決まっています。

天赦日は陰陽五行がどうとか言われますが、もっと簡単に決められているようです。

どうも干支の順番で決まっているようですね。

干支順番季節
戊寅15
甲午31
戊申45
甲子1

60個の干支があって、1~60番の順番があります。

15間隔の干支が天赦日になる。

1番、15番、31番、45番が天赦日となる干支なんです。

そして、干支の二文字目の十二支に注目です。

戊寅の「寅」は五行で言えば「木」で、季節で言えば春。

甲午の「午」は五行で言えば「火」で、季節で言えば夏。

甲子の「子」は五行で言えば「水」で、季節で言えば冬。

戊申の「申」は五行で言えば「金」で、季節で言えば秋。

こうなると、なんで1、16、31、46と、ちょうど15の間隔でやらなかったのかと思います。

そうすると、16番目と31番目の干が「己(つちのと)」になって陰になるからでしょうね。

陰と陽があって、陽の方が勢いがあります。

そんなことから、16番と46番にしたと思われます。

決めた人に聞かないことにはわかりませんが、そういうことでしょう。

少しだけ調整して決めた吉日と言えますよね。

だから、あんまり五行という概念は入っていないと言えます。

この干支の順番だけだと、15日間隔で来る日になってしまう。

そこで、季節を取り入れたと思われます。

そうすることで、だいぶ少なくはなってしまいました。

天赦日の中には凶の日もある?

2020年の天赦日が7日あります。

この日でした。

  • 1月22日(水)
  • 2月5日(水)
  • 4月5日(日)
  • 6月20日(土)
  • 9月2日(水)
  • 11月1日(日)
  • 11月17日(火)

天赦日だから、みんな縁起がよくておめでたいかと言えば、それはまだ早いのです。

それぞれちょっとずつ違う。

暦に同じ日というのは、なかなかありません。

何が違うかと言えば、暦注の重なりが違います。

暦注というのは、吉や凶を表す情報なんですね。

この暦注が1日の中にいろいろと重なっています

天赦日はもちろん吉ですよね。

大安なんかも吉。

そうすると、天赦日と大安が重なったとても良い日になりますね。

逆に天赦日だけど仏滅の日。

これは凶が重なっていることになります。

こんな感じで、吉と重なったり、凶と重なったりしている。

これが暦です。

せっかくですから、2020年に7日あるそれぞれの天赦日を見てみたいと思います。

それぞれどんな日なのか。

そして、2020年の天赦日の中で最も縁起のいい天赦日を決めようではありませんか。

1月22日(水)

2020年の最初の天赦日は1月22日の水曜日です。

この日は一粒万倍日という吉日と重なっています。

一粒万倍日とは、一粒が万倍に膨らむ日。

なので、投資のようなことにはピッタリです。

宝くじを買ったりするのにもよいと言われます。

まさにお金が万倍に膨らんでいくイメージですよね。

また、何かをスタートするにもよいと言われます。

要するに未来に向かって、縁起のいい日と言えますよね。

逆に膨らんではいけないものはよくないのです。

その代表が借金。

借金が未来に向かって膨らんでしまっては困ります。

一粒万倍日にお金を借りるのは要注意ですよ。

たとえ、天赦日といえどもです。

天に赦されると言ってもです。

そこはやめておきましょう。

一粒万倍日の特徴がもう1つあるんですね。

ほかの吉と重なると吉が倍になるという話もあります。

1月22日は何と重なっていましたか?

暦の中でもすごく縁起がよいとされる天赦日と重なる。

それが倍となるのですから、やばいですね。

倍率ドン!です。

一粒万倍日と重なる天赦日とは、こういうことですね。

でも、それだけじゃないんです。

重なっている吉日は、ほかにもいくつかあります。

天恩日があります。

「天赦日」と「天恩日」は似ていますが別ですよ。

だけど天恩日も吉日です。

「万物を憐れみ、天より下界に恩恵が与えられる日」が天恩日。

天恩日はけっこう多くて、年間で90回ぐらいあります。

天恩日は、5日連続になるという特徴もあるんですね。

その中の1日が1月22日の天赦日と重なっているということです。

そして、2月4日の立春の前なので、冬の天赦日です。

ということは、この日は「甲子(きのえね)」という干支の日だとわかります。

甲子は60種類ある干支の順番では1番目で最初。

最初だから縁起がいい日とされています。

逆に凶はどうでしょうか。

凶もちゃんとあります。

帰忌日。

これは「星の精が地上に降りてきて、家の門にいて、家の人が帰るのを邪魔する日」。

だから出かけるのはよくないという日です。

さらに、血忌日。

「出血すると災害がある」とか「殺害を司る日」とされます。

また、血を見るようなことはよくないとか、血を見ることになると言われる日。

なんか怖いですね。

具体的には鍼灸なんかはよくないのだとか。

あとは狩猟もいけない。

動物の血を見るからでしょうね。

天赦日だから今日は獲物がたくさん獲れるぞ!と森に行くのは要注意です。

血を見るし、帰るときに門で邪魔されてしまうからです。

さらに土用というのがあります。

「土用の丑の日」で有名な土用。

季節の変わり目を土用と言います。

1月22日は、立春の前で、冬から春への変わり目の時期。

土に関することはよくないと言われています。

1月22日は一粒万倍日とも重なるというのがポイントです。

これはすごく縁起がいいわけです。

だけど、いくつか凶が重なることも頭に入れておく必要がありますよね。

2020年1月22日の暦

2月5日(水)

前回の天赦日、1月22日からわずか2週間ほどで、次の天赦日がやって来ます。

どうしてそんなに短期間に2日もと思いますよね。

季節が変わったからです。

立春の2月4日からは春です。

春の天赦日が2月5日。

ちょうど立春後のすぐに来たんですね。

この日は、どんな日なのでしょうか。

1月22日の暦注と比べると、少しさみしいようにも思えます。

重なりが少ないのです。

吉と言えるのは天赦日がありますよね。

それから十二直に注目です。

これは12種類の吉や凶がある。

これを12日周期で繰り返している暦注です。

その中で一般的に一番良いとされるのが「建」という日。

「万物を建て生じる日」という意味で、大吉の日。

2月5日は、この「建」の日なんです。

同じように28種類の吉凶を繰り返す二十八宿というのもあります。

2月5日は結婚や物の購入によいとされる「参」の日でもあります。

ここまで見ると、けっこういい日だなと思うものです。

それは吉ばかり見ているとそうなるんですね。

大事なのは凶です。

「赤口」というのがあります。

これは「六曜」の中の1つです。

六曜は暦注の中でもけっこう有名でカレンダーにもだいたい載っていますよね。

  • 先勝
  • 友引
  • 先負
  • 仏滅
  • 大安
  • 赤口

この6種類の中で「赤口」は凶の日なんです。

「なんだ天赦日なのに凶なんだ」と思うかもしれません。

だけど、暦とはこういうものです。

吉日にも凶が重なっているのが普通なんです。

凶がない日なんてほとんどありません。

それに加えて、天赦日みたいな大吉がうまく重なることは珍しいんです。

そんなに世の中は甘くないわけですね。

ですから、暦は総合的に見なきゃいけないんですよ。

赤口は、朝晩は凶、正午は吉とも言われます。

なので、こういう日は、お昼ごろに何かすればいいわけですね。

何をすればいいんでしょう、お昼に。

それはさておき。

実は、この日、凶は赤口だけなんですよね。

凶が少ないし、何と言っても天赦日なんですから、いい日で間違いないでしょう。

2020年2月5日の暦

4月5日(日)

春の天赦日の2回目が4月5日です。

立春の後、すぐに天赦日が来たので、その日から60日後もまだ春が終わっていません。

干支は60日で繰り返します。

2月5日から60日たって、また同じ干支が来て天赦日となったわけですね。

4月5日のいいところは、日曜日ということ。

なかなか仕事に行っていると、平日は何もせずに終わることも多い。

予定を立てるのも難しい。

せっかくの天赦日だから何かしたい。

そうなると、土日であることは好都合です。

この日は、天赦日のほかには、十二直の「開」というのも良い日です。

逆に血忌日の凶日があります。

狩りとか、血をみることはダメなやつ。

こういうことを避ければ、天赦日なのですからいい日ですね。

念のために言っておくと、結婚式や入籍日にはよくないかなと思います。

この日は復日という日で、繰り返す意味のある日です。

結婚は繰り返してはいけないから。

ほかのことだったらいいんですね。

それと二十八宿の「星」というのがあって、これも結婚にはよくありません。

日曜日だけど、結婚式はやめてほかのことをするといいと思います。

こういうこともあるから、暦は難しいんですよね。

何をするかによっては吉日が凶日になることもあるわけです。

2020年4月5日の暦

6月20日(土)

6月20日は、暦での季節は夏です。

梅雨の真っ只中のあたりですけど、土曜日ですね。

そんな中、今年4回目の天赦日がやってきます。

この日は、天赦日と一粒万倍日が重なる日ですよ。

1月22日のところで書いたので、細かくは書きませんが、かなり縁起が良い日ですね。

六曜は友引ですが、これは6種類の中の1つでした。

赤口とは逆で、お昼がよくないと言われます。

6月20日の十二直は「建」という日で大吉の日です。

ほかにもありますよ。

神吉日という吉日があります。

神吉日は、神様を参拝するのに良い日です。

ただ、かなりたくさんある吉日です。

2020年の場合、神吉日は203回を数えます。

一年の半分以上は神吉日なんですよね。

6月20日は何をしますか?

やっぱり神社とか行くのがいいんですかね。

神吉日だけに。

神社…

ちょっと気になりませんか?

天赦日って神様が天に昇るという日でしたよね。

神社に行っても神様は留守なんじゃないだろうか…

凶もあります。

往亡日という凶です。

「往(ゆ)きて亡ぶ日」ということになっています。

出掛けることはあまりよくない日という意味です。

せっかくいい日なのに、家にいる?

まあ、ここまで何日か見ても凶が何もない日はないわけですからね。

何か凶があるのが暦です。

6月20日もかなりいい日だと思います。

だって、天赦日なんですから。

2020年6月20日の暦

9月2日(水)

いよいよ2020年の後半に入ります。

7月と8月には天赦日はなく、いきなり9月に飛びました。

2020年は夏休みに天赦日はないようです。

9月2日は水曜日の平日ですが、この日も良さそうですね。

さすがは天赦日です。

何がいいかと言えば、凶がないんですよ。

前回の6月20日と同じく、9月2日は十二直が「建」という日。

二十八宿の「箕」は物の購入にはいいようです。

神吉日でもあります。

神社の参拝や祖先を祀ることなどが吉。

そして、そして、お月様にも注目!

この9月2日はちょうど満月になる日なんですよね。

なんか満月だとうれしくないですか?

私だけですか?

吉も凶も少なくて、書くこともあまりありません。

だけど、こういうシンプルな日が意外といいんですね。

六曜は先負なので、午後がよいとも言えますよ。

2020年9月2日の暦

11月1日(日)

11月1日は日曜日ですよね。

まだ暦では秋ですが、もうすぐ冬になるタイミングです。

実際には、まだ寒くもなく、過ごしやすい時期でしょう。

この日は、このページでもすでに何回か出てきた神吉日があります。

あとは赤口なんですよね。

季節の変わり目には「土用」という期間があります。

10月20日~11月6日が秋の土用です。

秋から冬への変わり目。

基本的には土に関わることは凶とされます。

工事などはよくないでしょうね。

あとはさきほども書いた復日があります。

繰り返すから結婚はよくないという日でしたよね。

でも、復日はそんなに悪い日ではありません。

繰り返した方がいいことっていっぱいありますよ。

旅行に行くのだって繰り返したいし。

引っ越しするにしても、もっと大きな家に引っ越したい。

これが繰り返されると、いつか大豪邸に住むことになるでしょう。

だから、そういう幸せなことをするとリピートになっていいと思います。

継続したいこともいいかも。

ダイエットとか。

ほかには習い事とか。

あとは何でしょう。

ダイエットとか?

赤口を考えると、昼頃がねらい目。

そして、あまり土用は気にしなくていいと個人的には思います。

2020年11月1日の暦

11月17日(火)

11月17日が2020年の最後の天赦日となりますね。

なぜかまた六曜が赤口なんですよね。

今年の天赦日は赤口が多いような気がします。

赤口は凶、昼がねらい目。

あとは天恩日や月徳日といった吉日が重なります。

月徳日は「月の福をつかさどる吉日」。

特に工事などにはいいんですね。

リフォームとかするなら、いいんじゃないでしょうか。

それから、干支の最初で縁起がいい甲子もありますよ。

十二直の「除」というのもあります。

これは「百凶を取り除く吉日」。

凶を取り除くわけですから、悪くありません。

病院とかお医者さんに行くのなんかはいいようです。

病気を取り除くという意味ですね。

2020年11月17日の暦

2020年の天赦日、一番いい日はどれ?

天赦日の7日を少し細かく見てまいりました。

出そろいましたよね。

それでは、ここまで来たら、2020年の天赦日の中で一番いい日を決めたい。

そのように思います。

2020年、天赦日は7日。

この中でどの日がいいでしょうか。

これはけっこう難しいんですよ。

なぜなら、何をするかによるところもあるからです。

たとえば、引っ越しをするのか。

それとも結婚式をするのか。

結婚には凶だけど、引っ越しにはよいという日もあるわけです。

だから難しいのです。

それでも決めたいと思います。

挑戦させてください。

  • 1月22日(水)
  • 2月5日(水)
  • 4月5日(日)
  • 6月20日(土)
  • 9月2日(水)
  • 11月1日(日)
  • 11月17日(火)

この7日がありました。

やっぱり六曜が赤口の日をまずは外したいと思います。

そうすると、2月5日、11月1日、11月17日は残念ですが、お引き取り願います。

この3日も決して悪い日ではないんですけどね。

残りが4日になりましたよ。

  • 1月22日(水)
  • 4月5日(日)
  • 6月20日(土)
  • 9月2日(水)

1月22日は土用の期間だし、十二直の「閉」もあんまりだし、帰忌日、血忌日の凶もある。

ちょっと凶が多いような印象ですね。

1月22日も外しましょう。

お引き取りを。

あと3日です。

  • 4月5日(日)
  • 6月20日(土)
  • 9月2日(水)

友引で十二直が「建」の6月20日はかなりいいです。

なぜなら、一粒万倍日と重なります。

凶がないという点を見れば、9月2日なんですよね。

吉を取るべきか、凶を避けるべきか。

悩みますが…

私は9月2日(水)に決めました。

2020年の天赦日にの中で最も良い日は9月2日(水)。

ついに決まりました。

だからどうした…という話なんですけど。

2020年の7日ある天赦日、有意義に過ごしてくださいね!

 - 2020年の暦と方位

Comment

  1. すぴか より:

    年の暮れ近くなると毎年、吉日カレンダーとこの一番よい日の更新を楽しみにしてます。
    天赦日も含めて神社に行ったり財布を新調したりして思いきり楽しんでます。
    だからどうした…という話なんですけどw
    来年も思いきり活用させて頂きます(^-^)。

コメント

  関連記事

【2020年】海外旅行の吉方位と凶方位!今年行くならどこの国がいい?
【2020年】海外旅行の吉方位と凶方位!今年行くならどこの国がいい?

2020年の海外旅行。 もしかしてハワイに行こうとしていますか? それはやめた方 …

2020年の大将軍の方位は西。三年塞がりなので前年も翌年も西
2020年の大将軍の方位は西。三年塞がりなので前年も翌年も西

2020年の大将軍の方位は西です。 2019年と同じく西です。 実は来年の202 …

方違え(かたたがえ)の方法とは?滞在期間や引っ越しのやり方について

引っ越しや旅行で気になるのが「方位」ですよね。 吉方位ならいいのですが、凶方位に …

2020年はどんな年?干支は庚子(かのえね)、先を見て次の波を作り始める年!
2020年はどんな年?干支は庚子(かのえね)、次の波を作り始める年!

2020年は東京オリンピックが開催される記念の年ですよね。 ここではオリンピック …

2020年に使い始める財布の色は何色がいい?金運UPなら白で決まり!
2020年に使い始める財布の色は何色がいい?金運UPなら白で決まり!

2020年に財布を購入するならどんな色にしますか? 東京オリンピックの年。 景気 …

【2019年】おすすめの暦の本!方位盤の違いや歳破の範囲の違いなど
【2020年】暦の本を買うなら…高島暦もいろいろなのでそれぞれの違いとおすすめ

一年に1つは買っておきたい暦の本。 2020年の暦の本は買いましたか? でも、暦 …

暦の本の種類や特徴と選び方。どれがいいのか迷うときの参考!
暦の本の種類や特徴と選び方。どれがいいのか迷うときの参考!

一年に一冊は持っておきたい暦の本 吉日や吉方位って、それぞれきまったルールがあり …

2020年の金神の方位。引っ越しや旅行の前に知りたい遊行や間日などの対処法
2020年の金神の方位。引っ越しや旅行の前に知りたい遊行や間日などの対処法

2020年の金神の方位について。 2020年の金神の方位は南東です。 これでもう …

【2020年】引っ越しで避けたい凶日。絶対に引っ越してはいけない日について
【2020年】引っ越しで避けたい凶日。絶対に引っ越してはいけない日の見方

引っ越しって何ですか? 生活する場所を移すことを言います。 つまり、家に関するこ …

2018年のおせち料理の選び方!縁起の良さで決める戌年のおせち
2020年のおせち料理はどこで買うのがいい?縁起の良さで決める!

2020年のお正月。 おせち料理はどうしますか? 作るか、買うかの話。 そもそも …