吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

方殺とは?旅行で避けるべき方位6種類

      2015/01/01

旅行や引っ越しをするときに今年はどっちの方位がいいの?と気になることがあるかもしれません。

そんなとき、まずは九星を利用して見てみましょう。

きっと答えがすぐに見つかると思います。

九星で方位を調べる。

そのためには「方殺」を知らないわけにはいきません。

その年の方位を見ると、行ってはいけない方位があります。

それを「凶方」と言ったりします。

この凶方には種類が2つあります。

1つは「神殺」、もう1つは「方殺」です。

神殺とは?

金神や八将神といった怖い神様がいて、その神様のいる方位が凶方となるんです。

この怖い神様たちがけっこう多い。

そして、毎年違う方位に移動するのです。

だから、神殺というのは凶神の神様がいる方位のことです。

方殺とは?

方殺は、凶方神とも言います。

これも神様。

方位の凶をつかさどる神様なんですね。

凶方神は6種類です。

本命殺的殺五黄殺暗剣殺歳破月破という6種類が凶方神です。

ここでは、この方殺のそれぞれについて書きたいと思います。

本命殺とは?

本命殺とは、その年の本命星のある方位を言います。

九星とは一白水星から九紫火星まで、9つの星のことですよね。

一白水星から九紫火星の9つの星は毎年8方位+中央の9つの位置のどこかにあります。

自分の本命星は、生まれた年にどの星が中央の位置にあったかが重要です。

生まれた年に中央にあった星が、その人の本命星ということになります。

五黄土星が中央に位置する年に生まれた人の本命星は五黄土星。

そして、もし今年、五黄土星が北にあるのなら、北がその人の本命殺ということになります。

この年は、北に向かっての旅行や結婚は良くないということになります。

本命的殺とは?

次に本命的殺です。

本命殺と混同しないようにしてください。

「的」が入っています。

本命的殺とは、本命星のある方位の反対側の方位のことです。

だから、先ほどの本命殺の反対の方位が本命的殺ということですね。

本命的殺の方位には、本命星以外の星があることになりますが、その星が何なのかによって影響が変わります。

本命星と相生の関係となる星か、相剋の関係となる星か。

この関係というのは陰陽五行説の考え方から来ています。

相生は順調な流れで、相剋はその反対。

だから本命星の反対側に相剋の星がある場合、相生の星があるよりも被害が大きくなるそうです。

相生なら軽く済むし、相剋なら悪い影響が倍増すると言われています。

どちらにしてもこの方位への旅行はやめておきましょう。

9年に一度は本命星が中央に入る年もあるわけです。

その年は当然、本命殺も本命的殺もありません。

でもその年は八方塞がりと言って、万事慎む方が良いとされています。

五黄殺とは?

五黄殺とはその年の五黄土星がある方位です。

自分の星、つまり本命星が何であろうと、五黄土星がある方位が五黄殺になります。

五黄土星というのは、本来中央が定位置の星なんです。

そこから外に出ると、その方位が五黄殺という凶方位になってしまうんですね。

五黄土星が中央にあればいいわけですが、それは9年に1回しかないのです。

この五黄殺はとても怖い。

同じ方位に吉神があったりすると、吉神が凶神を押さえ込んだりします。

ところが、五黄殺はいかなる吉神の力も撃破するそうなので要注意です。

特に土を動かすこと(移転も含む)は大凶と言われています。

暗剣殺とは?

暗剣殺とは、五黄殺の反対側の方位です。

これも大凶方位です。

難病や家庭の紛糾、事業の失敗などが起こるそうです。

五黄土星が中央にある年は、暗剣殺はないということになります。

その年は五黄殺も暗剣殺もないんです。

ラッキーな年。

旅行に行きやすい年です。

でも、9年に一度しか巡ってきません。

歳破とは?

歳破とは、その年の十二支のある方位の反対側のことです。

方位は十二支でも表されますよね。

子は北、午は南、卯は東、酉は西。

そして、年賀状に描いたりするように年も十二支で表されます。

その年の十二支の方位の反対側は凶方なんです。

それが歳破となります。

八将神の中に歳破神という凶神がいますが、その神様がいる方位が歳破なんです。

移転や旅行はやめておきましょう。

他の吉神が同じ方位にあっても、やめておきましょう。

歳破はとても強いので、吉神によって押さえ込まれることがないそうです。

月破とは?

月破とは、歳破と同じですが、月の十二支のある方位の反対側の方位のことです。

あまり馴染みがありませんが、年だけでなく、月も十二支で表すことができます。

十二支が毎年変わるのと同じように、十二支は月にも当てられています。

そして毎月、子、丑、寅…の流れで変わっていきます。

そして、月の十二支の方位の反対側が月破ということになります。

他の凶方と異なるのは、その月にしか影響を与えないことです。

1カ月で変わるので、翌月まで待った方が良さそうです。

五黄土星の人は得をしている!

ところで、暗剣殺と五黄殺をみると、五黄土星の人は、本命殺と本命的殺も同じ方位になりますよね。

五黄土星の人、ちょっと得しているんです。

他の星の人よりも凶の方位が少なくなっているんです。

それで、五黄土星の人は運が強いと言われたりします。

生まれつき持っている運ということになりますね。

五黄土星の人、おめでとうございます!

 - 旅行

コメント

  関連記事

大凶神の大将軍は変わり者?

旅行するときに気になる方位。 そして方位を見るときに気になる方位神。 暦の本を見 …

ブログサムネイル
方位の計算方法が気になる方へ

「旅行は吉方位へ。あなたの旅行先を決めるサイト。」では、どのようなやり方(計算方 …

2015年の凶方位。5大凶殺、八将神、金神はどの方位?

九星気学では360度を8方位に分けて、中央を含めて9つの場所に星が配置されます。 …

地図って正確?完璧な方位を知るのは難しい?

吉方位を知るためには欠かせない地図。 Googleマップなどインターネットで地図 …

桃の節句だけじゃない!五節句の由来

節句と言えば何? たぶん、多くの人が思うのは、桃の節句と端午の節句ではないかと思 …

納音(なっちん)と有卦無卦(うけむけ)を知れば占いができる?

今回は「なっちん」についてです。 なっちん…かわいい名前ですね。 「なっちん」と …

暦
暦が教えてくれるもの

暦や九星が私たちに教えてくれることって、たくさんあると思います。 もちろん、日の …

立春ってどんな日?九星気学では重要な日。吉方位が変わるタイミング!

立春が重要な日である理由。 立春は九星気学では重要な日に当たります。 この日を境 …

方位を見るときの北は真北と磁北のどっち?偏角は考慮するのか
方位を見るときの北は真北と磁北のどっち?偏角は考慮するのか

方位を見る時の北はどこなのか 気にしてなかったという人は読まない方がいいと思いま …

暦注は迷信?でも欠かせない存在

暦注とは暦に記載された注記事項のことです。大安や仏滅などは六曜といって暦注の1つ …