吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

2021年(令和3年)の大将軍の方位は西。三年塞がりなので今年まで西!

      2021/02/27

2021年の大将軍の方位は西です。

前年の2020年も2年前の2019年も西でした。

3年間同じ方位にあって動かないのが大将軍の方位の特徴です。

方位の神様がいろいろあって大将軍もその1つ。

大将軍の方位は凶方位です。

2021年の西は大将軍の方位だから気をつけておこう。

こう知ってもらえればもうこのページの役割は終わりと言ってもいいでしょう。

もう少し詳しく知りたい人のために、つづきを書きます。

大将軍とは?

大将軍というのは八将神の一人とされます。

八将神なんてふつうは知らないですよね。

8人の神様がいるんです。

  • 太歳神
  • 大将軍
  • 太陰神
  • 歳刑神
  • 歳破神
  • 歳殺神
  • 黄幡神
  • 豹尾神

方位の神様ですから、それぞれどこかの方位にいるわけです。

太歳神を除き、凶神ばかりです。

凶神の凶は、吉と凶の凶です。

だから縁起が悪いということですよね。

凶神がいる方位は、凶方位。

もちろん大将軍も凶神。

気をつけなければいけないのはそのためです。

2021年、大将軍は西にあるので気をつけてください。

大将軍の方位で注意すること

2021年の大将軍が西なのはわかりましたよね。

そして、大将軍の方位は凶方位なので、気をつけなければいけないこともわかりましたよね。

では、何をするときに気をつけなければいけないのでしょうか。

方位というのをどんなときに意識するべきかとも言えます。

まずは引っ越しです。

生活する場所を移動させるのが引っ越しです。

それから旅行もそうですよね。

東京から関西への移動は気をつけなければいけません。

コロナウィルスの影響がまだありますが、海外旅行だと韓国や中国は西にあたります。

移動以外でも気をつけた方がよいときがあります。

家に関することです。

「普請」と言いますが、家を建てるときなど。

引っ越しや旅行などの移動だけではなく、家を建てたり、リフォームしたりするのもよくないと言われます。

たとえば、今の家から西に家を建てる。

または、家の敷地の中で西側の建物を建て直す。

建物の中でも家の中央から見て、西にあたる場所にあるトイレとかお風呂を直す。

こういう場合は気をつけてください。

大将軍の方位を犯すと何が起こるのか

大将軍の方位を誤って犯した場合はどうなるのか。

これはあまり気にしても仕方のないことです。

昔から言われるのは、「災禍」があるということ。

災禍とは「天災や事故によって受ける思いがけない災難や災害」という意味です。

そして、家長や家主が死に至ることもあるとされています。

2021年は大将軍が西にいる三年目の年

大将軍以外にもたくさんの方位の神様がいます。

ほかには金神という神様がいます。

金神という神様は大将軍よりも範囲が広いので困ります。

ですが、毎年変わることも特徴です。

来年はほかの方位に移動する。

ちなみに、方位を見る場合は、立春から一年が始まることととします。

2021年の立春は2月3日ですよ。

なので、2月2日までと、2月3日からでは方位の神様の位置が変わります。

ですが、大将軍だけは違います。

「三年塞がり」と言わるのが大将軍です。

大将軍だけは、3年間、ずっと同じ方位にいて移動しないのです。

1月1日から2月2日も、2月3日から12月31日も同じ西にいます。

3年間なので、2019年から2021年は西にあります。

来年の2022年になれば、やっと西を離れます。

そして、北に行きます。

大将軍の方位の酉の方位とは

まずは大将軍の方位を正確に見る必要があります。

2021年の大将軍の方位は西と書いてきました。

ただ、これはちょっと正確ではありません。

大将軍は方位の神様です。

昔は方位というのは十二支で表すものだったんですよね。

「子(ね)」とか「丑(うし)」です。

十二支で表すと、2021年の大将軍の方位は「酉の方位」となります。

酉は「とり」ですよね。

この酉がどの方位を表すのかと言うと、西になるわけですが。

でも、正確には西ではありません。

十二支で見た場合の西。

360度を12方位に分けた場合の西ということ。

時計で言えば、9時のところが酉(とり)の方位となります。

東西南北の西というのは、普通は8方位に分けた場合の1つです。

360度を8方位に分けたときの1つの方角が西。

これは広すぎることになります。

西(にし)の中の一部分が酉(とり)の方位と考えられますよね。

東西南北と北東、南東、南西、北西と8つに分けます。

西を表す範囲は角度で言えば、45度となりますよね。

360° ÷ 8 = 45°

十二支の場合は、12で割る必要があります。

360° ÷ 12 = 30°

十二支で方位を見る場合の1つの方位は30度です。

だから、酉の方位も30度の広さ。

大将軍がいるとされる範囲は30度と見ることができます。

西の方位よりも酉の方位は狭くて、3分の2の広さなんですね。

となると、西ではあるけど、酉の方位ではないという方位があります。

西の中で南西に近いところは、申(さる)。

西の中で北西に近いところは、戌(いぬ)。

こうなります。

それぞれ、7.5度ずつ。

これは大将軍の方位ではありません。

西の中でも真ん中あたりだけが大将軍の方位です。

時計で考えます。

12時のところを北とします。

時計の9時のところが真西。

9時のところから、8時の方に15度、10時の方に15度。

合わせて30度の範囲です。

図で見るとこうなります。

2021年の大将軍の方位
2021年の大将軍の方位

この範囲からは外れていれば、大将軍は気にしなくてもよい。

もちろん、ほかの凶神の方位や九星の方位も気にしたいですけどね。

これ以外に24方位で見る場合もあります。

この場合は、西を3つに分けてみます。

そうすると、1つの方位が15°ずつになります。

360° ÷ 24 = 15°

酉の方位も15度になります。

こうすると、12方位で見たときよりも、さらに半分になります。

図で見るとこうなります。

24方位で見たときの大将軍の方位
24方位で見た場合の大将軍の方位

こういう見方も決して間違いではありません。

ただ、私はやっぱり30度がいいような気がしています。

大将軍の方位は十二支が基準になっているからです。

2021年の大将軍の方位

大将軍の方位を避けるには

酉の方位に行かなければいけないときの話です。

そういうときもあるはずです。

まずは避けることを考えましょう。

避けるということはどういうことでしょうか。

今年ではなく来年にするということですよね。

これが一番いいと言えます。

2022年の立春まで待てば、西は大将軍の方位ではなくなります。

延期することができないときはどうするか。

実は方法があるんですね。

大将軍はかなり昔から、恐れられてきた方位の神様ですからね。

昔の人も同じように大将軍の方位で困ったわけです。

そして、方法を考えてくれています。

それが「遊行」というものです。

2021年の大将軍の遊行の時期

遊行とは、方位の神様が本来いる場所から離れて別の方位にいくことです。

2021年の大将軍は西ですよね。

これが本来の方位。

だけど、たまに別の方位に行くことがあるんです。

西からいなくなるので、そのときに西に行くという方法です。

そのとき、一時的に酉の方位は凶方位ではなくなります。

逆にその時に大将軍が行っている西以外の方位があります。

その方位は一時的に大将軍の凶方位となります。

ですから、どの方位に大将軍がいるのかは、遊行の時期も知っておく必要があるということです。

2021年に大将軍が西を離れるとき

大将軍の遊行の時期を見ておきましょう。

いつからいつまで、どの方位に行っているのかが大事です。

1月4日(月)~1月8日(金)に北

3月17日(水)~3月21日(日)に東

5月28日(金)~6月1日(火)に南

12月30日(木)~12月31日(金)に北

だいたい5日ぐらいほかの方位に行っています。

こうしてみると、1年でもかなり少ないことがわかります。

全部で17日しか酉の方位に行けるときはないということです。

ちょうどタイミングが合う可能性は低いでしょう。

ほかの凶神が西にいる時は要注意

その方位が凶方位となる凶神は大将軍だけではありません。

金神という神様がいましたよね。

それから天一神という神様もいます。

さっき17日あると書いた大将軍の遊行の日の中に、金神や天一神が西にある日があります。

3月19日~21日は金神が西にあります。

5月29日~6月1日は、天一神が西にあります。

これらの日は大将軍とは関係なく、西は凶方位なんです。

ですから、これらの日を避けるのがいいですよね。

残ったのは次の日です。

  • 1月4日(月)
  • 1月5日(火)
  • 1月6日(水)
  • 1月7日(木)
  • 1月8日(金)
  • 3月17日(水)
  • 3月18日(木)
  • 5月28日(金)
  • 12月30日(木)
  • 12月31日(金)

あとは九星の凶方位もありますからね。

1月の西はだれでも凶方位ですし、もっと少なくなる可能性があります。

2月3日以降は、四緑木星と八白土星の人は本命殺、本命的殺といった凶方位になっています。

これは基本的には8方位の広さで見ます。

ですから、大将軍がどうこうの前に凶方位なんです。

これではあまりにも大丈夫な日が少ないということなのでしょう。

神社で出している暦などでは、大将軍の遊行日を多くしていることがあります。

「平素遊行日」として、季節に関係なく遊行日としています。

これは日の干支を見るとわかります。

干支方位
甲子~戊辰
丙子~庚辰
戊子~壬辰中央
庚子~甲辰西
壬子~丙辰

それぞれ5日間はほかの方位が凶方位になります。

60日のうちに20日はほかの方位に行くということですね。

どうしても行かなきゃいけないときもあります。

そのときには、遊行の日を参考にして日を選ぶべきだと思います。

ただし、行かないことが最善の方法であることには変わりません。

凶方位に行くときは方違えという方法がある

凶方位に行くとき、「方違え」という方法があります。

詳しくはほかの記事に書いていますので、そちらをご覧ください。

大将軍はあまり動きませんけど、吉日カレンダーの毎日のページには天一神や金神の方位を掲載しています。

ぜひご覧ください。

方位に関するご相談は、下記のページよりお願い致します。

引っ越しや旅行の方位やタイミングの相談を受け付けています!

 - 2021年の暦と方位, 引越し, 旅行

Comment

  1. clover より:

    方位を鑑定してもらいました。夫婦二人の生年月日から今年の引越に良い時期と方位を教えてもらいましたが2つのタイミングがありどちらも西方向でした。正確に西で無くても45度位は良いと言われましたが真西に大将軍と凶方位です。この場合真西を酉のところを避ければ西方向でも良いのでしょうか?色々調べると西方向そのものに行かない方がいいようにも捉えられどうしたら良いのか悩みます。来年も二人にとって吉方位は少なく悩みます。
    どこに聞けば正確な情報がわかりますか。高い料金できちんと教えてもらえないのでは困ります。本当に信頼でき料金も高くない相談するところがあれば知りたいです。

    • hotdoglab より:

      cloverさん

      西の中でも南西に近い所や北西に近い所でしたら今年は吉方位なのですからよいのではないでしょうか。

コメント

  関連記事

九星を年月日へ当てる(九星と暦の関係)

暦には暦注というものがあって、年や月や日に吉凶を判断するためのいろんな情報が付け …

2017年に引っ越しするなら特に気をつけたい凶日。
2017年に引っ越しするなら特に気をつけたい凶日。

2017年の引越しについて 2017年に引越しを予定していますか? いつ引越しま …

二十八宿で見ると、金曜日が狙い目!

日の吉凶を見るとき何を見ますか? 暦には大安や仏滅などの六曜というものや十二直と …

太歳神と木星と十二支の関係

旅行や引っ越しのために方位を調べると、方位神というものがあります。 方位神の中に …

2019年の歳破の方位は?引っ越しへの影響や歳破に関する誤解を解く!
2021年の歳破の方位は?引っ越しへの影響や歳破に関する誤解を解く!

「歳破」という方位は知っていますよね。 引っ越しするとき、旅行するとき、気になる …

年に数回の貴重な天赦日!無駄にしないためにやっておくべきこと
年に数回の貴重な天赦日!無駄にしないためにやっておくべきこと

暦(こよみ)に詳しい方なら、知っている人も多いのではないでしょうか。 天赦日。 …

2018年、宝くじを買う方位はどこ?風水的に当たる購入場所とは
2021年、宝くじを買う方位はどこ?風水的に当たる購入場所とは

宝くじって何が大事ですか? 運に決まっていますね。 買うなら夢は大きくジャンボを …

旅行や引越しで凶方位に行くとき、別の方位で一泊すれば問題ない?
旅行や引越しで凶方位に行くとき、別の方位で一泊すれば問題ない?

どうしても行かないといけない方向が凶方位だったら 旅行って言うと、レジャーの1つ …

【2021年】お見合いするのに良い日取り!結婚相手が見つかりやすい日を選ぶ
【2021年】お見合いするのに良い日取り!結婚相手が見つかりやすい日を選ぶ

お見合いは、良い日を選びたいですよね。 良い日を吉日と言いますが、吉日を選ぶ日は …

2020年の二黒土星の吉方位と凶方位
【2021年】二黒土星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング

※この記事は2021年の内容に書き換えました。コメント欄には、2021年の話では …