吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

【2021年】引っ越しで避けたい凶日。絶対に引っ越してはいけない日

      2021/02/28

引っ越しに良い日や悪い日があるのを知っていますか?

暦には吉日や凶日がいろいろとあります。その中には引っ越しに関するものもあります。

引っ越しって本来はワクワクしたもの。ところが、引っ越しをきっかけとして体調が悪くなったという人もいるんです。実際、その理由が何なのかはわかりません。

それでも、もしからしたら引っ越しのせいではないかと思う人が少なくありません。引っ越しといっても、騒音や環境問題ではありません。

引っ越しに昔から気にされてきたのは、暦と方位なんです。

どの方角にどのタイミングで引っ越しするかです。引っ越しで何かよくない変化を感じた人は、暦と方位のどちらかを疑ってしまいたくなります。でも、答えは出ません。それでも気になる。

私はそういう人から相談を受けることも多いのですが、かなり苦しいものなんです。その苦しみを避けるにはどうすればいいでしょうか。

引っ越しする前から気にしておくことです。

ここでは、タイミングについて見ていきたいと思います。「引っ越しに良い日」を探したくなる気持ちはわかりますが、ここでは逆です。2021年の中でこの日は避けたいという日を見ていきます。

なぜなら、引っ越し後に苦しみをもたらすのは、凶日の引っ越しだからです。

どこに引っ越しするかについては別の記事に書いていますので、そちらをご覧ください。

引っ越し日の選び方の注意点

日を選ぶとなると、普通は暦(こよみ)を見ます。日付や曜日を見ますよね。それ以外に「大安」や「仏滅」などの文字が書かれたカレンダーもあります。

この「大安」や「仏滅」が吉や凶を表すもので「暦注」と言います。大安や仏滅は六曜という暦注の一種。六曜には次の6種類の日があります。

  • 先勝
  • 友引
  • 先負
  • 仏滅
  • 大安
  • 赤口

だいたいはこの順番で毎日変わっていくのが六曜の特徴です。つまり、大安の日は、だいたいですが6日に1回はあるということになります。

今回注目したいのは、六曜で言えば、「仏滅」と「赤口」のような凶の日です。こういう日は避けなければいけない日。

そして、六曜だけを見ていてはいけません。暦の暦注はほかにもたくさんあります。吉が重なることもあるし、凶が重なることもあります。

そして、一番注意しなければいけないのは、吉と凶の両方が重なる日です。

大安がいい日と知っている人は多いのですが、実は同じ日にほかの凶が重なっていることは少なくないのです。

たとえば、2021年の4月9日という日があります。この日は大安の日。一般的にはいい日とされるのですが、この日は受死日という大凶が重なっています。

2021年4月9日の暦

凶日には次のような日があります。

  • 受死日
  • 十死日
  • 不成就日

いい日を選びたいような場面では、こういった日を避けるべきです。ほかに吉があったとしても避けた方が無難です。理由はあとで後悔する可能性があるからですね。

2021年に大安の日は61日あります。その中で、受死日、十死日、不成就日のどれも重ならない日となると37日まで減ってしまいます。

大安の日の約3分の1ぐらいは大凶が重なっていることになりますよね。

大安の日は引っ越しでも人気で、引っ越し屋さんの料金が高くなったりもしていますが、その3分の1は注意が必要なのです。

詳しくはこちらのページでご確認ください。

参考:

2021年の大安の日一覧

ということで、引っ越し日を選ぶならば、まずは凶に注目していくことが大事だということがおわかりいただけたでしょうか。

では、実際に2021年で、こういう日は選ばない方がいいという日を具体的に紹介していきます。

2021年、絶対に引っ越してはいけない日

2021年、引っ越し日としてよくない日を取り上げていきます。本当はもっと避けるべき日はたくさんあります。すべては書きませんが、10日ほど取り上げますので、傾向はわかると思います。

2月6日(土)

まず、2月6日という日に注目してください。

この日は土曜日で引っ越しにも選びたくなるような日と言えますが、暦を見るとそんなによくない日というのがわかるはずです。

この日の六曜は「赤口」という日です。昼頃ならよいとも言われますが、基本的には凶の日だと考えておくべきです。これだけではありません。

十死日という凶が重なっています。これはさっきも書きましたが、受死日に次ぐ大悪日と言われます。ほかに吉があっても優先して暦に書かれるほどの凶なのです。

ですので、もう十死日がある日は、引っ越し日に選ぶような日ではないということです。こういう日が2021年には29回あるので注意してください。

2月6日は「十方暮」という凶の期間でもあります。「天と地の気が相剋するため何事もうまくいかない日」とされます。

これは干支の組み合わせがよくない日なのですが、60日の中で10日あります。10日間連続です。「途方に暮れるような日」なのです。

十二直というのもあります。六曜は6種類でしたが、十二直は12種類あって毎日変わります。2月6日の十二直は「危」という日です。危険を伴う日。

二十八宿は28種類ありますが、この日は「柳」という日で、何かを始めるにはよくないとされます。引っ越しにとってはあまりいい日とは言えないでしょう。

このようにいくつか凶が重なっていることがわかります。そして、この日は吉も少ない日です。

この日のポイントは十死日ですね。これがあったら避けるが正解です。

2月6日の暦

3月2日(火)

次は3月2日に注目してみましょう。3月は引っ越しシーズンなので、引っ越しする人も多いでしょう。ただ、3月2日は避けた方がよいと言えます。

この日は六曜が「先勝」の日。午前は吉とされています。さらに、吉がないわけでもなく、神吉日、大明日、天恩日といった吉があります。

一見、よさそうに見えるんですが、これで判断するのは時期尚早です。凶を見なくてはいけません。この日はどんな凶があるでしょうか。

十二直の「危」は前の2月6日と同じですよね。まあ、これぐらいならいいかなと思うのですが、さらに十死日でもあるわけです。これも2月6日で説明しました。十死日であったらもう避けるのがよい。

ところが、この3月2日は、不成就日も重なっています。何事も成就しないという日で、何かを始めるのにはよくない。引っ越し日に選ぶような日ではありません。

十死日だけでもよくない。不成就日だけでもよくない。なのに、この日は二つが重なっている。だからすごくよくない日だと考えてください。

3月2日の暦

4月21日(水)

次は4月21日です。この日も六曜が「赤口」で十二直が「危」ですから、上に書いた2月6日と同じです。

それだけでなく、この日は「受死日」という日でもあります。受死日は黒日とも言われ、暦の中でも特に大凶とされ注意を促すような日です。

黒日は暦の本を見るとわかりますが、黒い丸(●)で書かれています。こんな記号で書く暦注はほかにありません。それだけ目立たせたいということなのです。

「ほかの吉日が重なっても関係ないほどすべてに悪い日」。受死日だとわかった時点で、引っ越し日には選ばない方がいいでしょうね。

受死日は2021年には34回あります。

また、4月17日~5月4日の期間は土用という期間です。土用は夏の土用の丑の日が有名ですが、それぞれの季節にあります。4月は春の土用です。

土用は土の気が強くなるということで、土に関することは凶とされます。引っ越しでも気にする人がいますので、気になるようでしたら避けた方が無難だと思います。

土用は立春、立夏、立秋、立冬の前の18日ぐらいの期間です。2021年では次の期間となります。

期間
冬の土用1月17日~2月2日
春の土用4月17日~5月4日
夏の土用7月19日~8月6日
秋の土用10月20日~11月6日

4月21日の場合は、土用がどうこうの前に受死日だから避けるんですね。

4月21日の暦

6月14日(月)

次は6月14日です。この日は一粒万倍日という吉日にあたります。

一粒万倍日は何かを始めるには良い日として有名ですから、もしかすると引っ越しで選んでしまう人もいるかもしれません。

でも、この日は十死日と不成就日が重なる日ですからよくありません。十方暮の凶の期間でもありますし、十二直の「閉」、二十八宿の「危」もあまりよくはありません。

とにかく、十死日と不成就日が重なる日は注意が必要ですね。2021年では次の4日がそのような日です。

  • 3月2日(火)
  • 3月10日(水)
  • 3月22日(月)
  • 6月14日(月)

3月が多いですので、引っ越しシーズン、気を付けましょう。

6月14日の暦

7月3日(土)

次は7月3日です。この日は土曜日なので危険なかおりがプンプンします。やっぱり仕事が休みの土日に引っ越し作業という人は多いでしょうからね。

まず、六曜が仏滅という日です。「仏も滅亡するような最悪の日で万事に凶の日」。

六曜の中では大凶とされる日ですから、引っ越しに限らずに何事も凶と考えられます。

そして、この日は受死日の大凶の日です。黒日です。もうおなじみですね。

それとこの日は八専という凶の期間です。十方暮れに似ていて干支の組み合わせから来る凶です。12日間続くのですが、その中の4日は間日で問題ないとされる日があるのが特徴です。

7月3日の暦

7月9日(金)

7月9日も注意が必要です。この日は吉も凶もたくさんあるような日なんです。

まず、一粒万倍日があります。これは吉。何かを始めるのにいい日とされ、新生活を始める日となる引っ越し日にもいいと言えます。

ほかにも太陽が隅々まで照らすと言われる大明日という吉、母が子を愛するように天から守られる母倉日の吉もあります。

吉が重なっているし「こりゃいいや!」と思うかもしれないような日。だからこそ、ここで取り上げているのです。

この日は受死日という大凶があります。これで今までの吉の話はすべて水に流すぐらいの勢いです。

あとは気になるものとしては三隣亡です。これはけっこう有名なので、カレンダーにも載っていることが多いと思います。

三隣亡は建築に関する凶で、この日に棟上げなどを行うと三軒隣まで亡ぼすと言われます。気になるなら避けた方がいいと思いますが、引っ越しでは絶対に避けなければいけないとまでは思いません。

7月9日は受死日が避けるべきポイントと言えます。

7月9日の暦

7月16日(金)

また7月なんですが、7月16日も気をつけてくださいね。この日は六曜が赤口、十死日の凶もあります。それから十二直の「破」もあまりよくはないですね。

だんだん傾向がわかってきたと思うので、少しスピードアップしていきましょう。

7月16日の暦

10月2日(土)

秋の涼しくなってきたころの土曜日。引っ越しにはピッタリですよね。そろそろキンモクセイの香りがして、いい季節です。

でも、この日はダメなんです。引っ越しにはよくない日です。なぜなら、受死日と不成就日が重なっているからです。

受死日で大凶、不成就日で大凶。ダブルです。

2021年に受死日と不成就日が重なる日は次の日です。

  • 9月8日(水)
  • 10月2日(土)
  • 11月8日(月)
  • 12月2日(木)

とくに引っ越しで考えれば、10月2日は土曜日なので要注意ですね。

また、2021年には土日で受死日となる日が10日ほどありますので、この日も気を付けましょう。

10月2日の暦

12月2日(木)

年末になると年内のうちに引っ越ししようという考えがよぎります。お正月は新居でのんびりできます。

でも、2021年の12月では2日に注意してください。さっきの10月2日と同じように受死日と不成就日が重なる日なのでよくないことはわかりますよね。

12月2日の暦

12月11日(土)

12月11日は土曜日です。あまり年末になるとバタバタするのでいやだ。冬休みだと引っ越し業者も混むし、引っ越し料金も高くなる。

そうなると、11日なんかが土曜日だしいいかなと思ったりしますよね。

でもやめてください。十死日という凶日ですから避けるのが無難です。もう理由を書く必要もないですよね。

12月11日の暦

引っ越し日を選んでおけば将来の安心になる

引っ越しによくない日をいくつか見てきましたが、傾向はつかめたでしょうか。

10日しか見ていません。本当はもっと避けるべき日はたくさんあります。吉の日よりも凶の日が多いのが暦です。

ですから、まずは凶をしっかりと見ておき、ちゃんと避けることです。

ただ、必ずしも凶日を避けられるとも限りません。ですから重要なのは、選べる範囲の中でいい日を選ぶということです。完璧ではなくてもよいということ。

できるだけいい日を選ぶのが暦を使うということですよ。選んだか、選んでいないか、暦を見たか、見ていないか。この違いが大きいのです。

はじめにも書きましたが、引っ越し後に悩む人はいます。その答えを探したくなります。そして過去を見つめるのです。そして、引っ越した日がよくなかったと知る人も多い。

それを避けるのは意外と簡単なことだとわかってほしいんですね。

決して難しいことではありません。ここで見てきたように引っ越しによくない日をできるだけ避けて引っ越し日を選ぶことです。

せっかくの引っ越しなのですから、それぐらいはやってもいいんじゃないでしょうか。少なくとも、ここに書いた10日は避けることができるでしょう。

引っ越しで気にしておきたいのは2つでした。それは暦と方位。「いつ」と「どこに」です。ここではタイミングだけを見ましたが、実際には方位とセットで見る必要があります。

方位も気になる人は、次の記事をご覧ください。

方位も引っ越し日もきちんと確認したい方は、こちらでご相談を受け付けております。

 - 2021年の暦と方位, 引越し

Comment

  1. かな より:

    こんにちは
    hotdogさんの方位の見方の確認なのですが、風水45/45°での方位確認で大丈夫ですか?
    風水45/45°でみると東に入り、気学12方位でみると南東になって不安になってしまいました。

  2. きき より:

    七赤金星と九紫火星の2人で東に引っ越す予定です。
    3月中に引っ越したいのですが、大丈夫でしようか

  3. Hiro より:

    5月に引っ越しを考えています。
    私は三碧木星
    息子は八白土星
    南西はダメでしょうか?

  4. Hiro より:

    さきほどのコメント間違えていました。
    5月に引っ越しを考えています。
    私は三碧木星
    息子は七赤金星
    南西はダメでしょうか?

  5. Hiro より:

    お返事ありがとうございます
    引っ越してはいけない6つの方位
    ものすごく参考になりました。
    配慮して引っ越し先を決めてみます。

  6. さかな より:

    初めまして。
    初めての一人暮らしをします。
    実家から北方向へ住みます。
    契約上6/30から入居できますが、6月は北が凶方位な為、入居するのは7月7日以降にしようと思います。
    部屋は住めるものの日にちを待って入居は意味ないでしょうか??

    また引っ越しも実家から近いので自分でやろうと思いますが、何日もかけてやるとなると『引っ越し日』が曖昧になるので1日で荷物運びは終わらせた方が良いのでしょうか。

  7. さかな より:

    ブログの主様

    引っ越しの定義の記事がありましたね(^^)
    そちら読ませて頂きました!
    なので解決しました!!
    大変わかりやすい記事、ありがとうございました!!

コメント

  関連記事

2021年(令和3年)の金神の方位。
2021年(令和3年)の金神の方位。引っ越しや旅行の前に知りたい遊行や間日などの対処法

2021年の金神の方位は、どこでしょうか。 次の方位です。 子 丑 寅 卯 辰 …

吉方位に引っ越した結果

「吉方位に家を買う方法」という記事を書いたのですが、その結果はどうなったのでしょ …

【2021年】掃除や片付けをするのに良い日、大掃除の日もチェック!
【2021年】掃除や片付けをするのに良い日、大掃除の日もチェック!

お掃除って好きですか? 私はけっこう好きな方ですね。 こう見えて。 どちらかと言 …

2020年の金神の方位。引っ越しや旅行の前に知りたい遊行や間日などの対処法
2020年の金神の方位。引っ越しや旅行の前に知りたい遊行や間日などの対処法

2020年の金神の方位について。 2020年の金神の方位は南東です。 これでもう …

2018年の九星の配置
【2018年】引っ越しをしてはいけない凶方位に要注意!

引っ越しするなら方位のことを考えませんか? 引っ越しで重要なのは「タイミング」と …

方位を見るときの北は真北と磁北のどっち?偏角は考慮するのか
方位を見るときの北は真北と磁北のどっち?偏角は考慮するのか

方位を見る時の北はどこなのか 気にしてなかったという人は読まない方がいいと思いま …

金神の方位を避ける3つの方法。遊行、間日などを詳しく。

誰もが恐れる金神(こんじん)。 ここでは金神のことをいろいろと書きたいと思います …

凶方位を避けるために引越しの日を延期させるテクニックについて
凶方位を避けるために引越しの日を延期させるテクニックについて

家財を入れること、火を使うことは別なの? なんとなくわかる気もしますよね。 方位 …

方違え(かたたがえ)の方法とは?滞在期間や引っ越しのやり方について

引っ越しや旅行で気になるのが「方位」ですよね。 吉方位ならいいのですが、凶方位に …

歳破や月破は24方位で見ていいの?8方位、12方位という考え方も…
歳破や月破は24方位で見ていいの?8方位、12方位という考え方も…

歳破とは、凶方位の1つです。 方位の中には、吉方位もあれば、凶方位もあって、特に …