吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

2022年(令和4年)の大将軍の方位は北。三年塞がりは今年から3年間

      2022/05/15

2022年の大将軍の方位は北です。

前年の2021年は西でした。

大将軍の方位は三年塞がりと言われ、三年間は動かないのが特徴です。

前年までの3年間は西でしたが、2022年からの3年間は北となります。

大将軍の方位は凶方位です。

引っ越し、旅行、建築などは避けるべき方位です。

もう少し詳しく知りたい人のために、つづきを書きます。

大将軍とは?

大将軍は方位の神様です。

方位の神様にはいろいろあります。

よく知られているのは、歳徳神でしょう。

恵方巻で有名な恵方は、歳徳神の方位のことを言います。

2022年の恵方は「壬」の方位、北北西です。

これは2022年に歳徳神という神様がこの壬の方位にあるからです。

恵方は、歳徳神が吉神ですから、吉方位ということになります。

問題は、方位の神様には吉神だけでなく、凶神もいるということなんです。

有名なのは八将神と言われる神様です。

  • 太歳神
  • 大将軍
  • 太陰神
  • 歳刑神
  • 歳破神
  • 歳殺神
  • 黄幡神
  • 豹尾神

太歳神は吉神ですが、他の神様は凶神と言えます。

つまり、大将軍は凶神なのです。

2022年、大将軍は北にあるとはじめに書きましたよね。

北に引っ越したり、旅行したりするのはよくないのです。

気をつけてください。

大将軍の方位で注意すること

大将軍の方位が北ということはわかりましたが、問題は何をしてはいけないのかですね。

方位の神様はそれぞれ何をしていけないのかが異なります。

「○○の凶神の神様の方位では、○○をするとよくない」となりますよ。

八将神というのを上に書きました。

たとえば、その中の太陰神は、その方位でお産をするとよくないとされます。

吉神とも言える太歳神でも、取り壊しなどはよくないとされています。

何をするとよくないのかは、それぞれの神様によって異なるということです。

現代、私たちが方位を気にするとすれば、引っ越しや旅行ではないでしょうか。

あるいは、家を建てたり、工事をしたり、リフォームするときなども気にする人はいます。

このようなときに気にすべきなのが大将軍の方位です。

2022年の場合は、東京に住んでいる人が、北海道や東北地方に旅行に行くような場合です。

これは北になる可能性が高いですから気をつけなければいけません。

リフォームなどもそうですね。

家から見て、北にあたる場所は注意です。

トイレとかお風呂、キッチンなど、北にあるかどうか確認してください。

北にあるなら、2022年はやめておいた方がいいということになります。

大将軍の方位を犯すとどんな影響があるのか

どうしても北に引っ越しをしなければいけない場合もあります。

また、今年旅行した方面が、よく考えると北だったなんてこともあり得ます。

そうなると、気になるのが大将軍の方位に引っ越したり旅行したりしたときの影響です。

凶方位を犯すと「災禍」があると言われます。

災禍とは「天災や事故によって受ける思いがけない災難や災害」という意味です。

特に大将軍の方位では、病気やケガなどが恐れられます。

場合によっては家長や家主が死に至ることもあるとされます。

こう言われると怖いですね。

ただ、これはあまり気にしても仕方のないことです。

影響が軽ければ実行するというのではよくありません。

避けることができるならば避けるという心構えが重要です。

避けるというのは、待つということです。

では、どれくらい待つ必要があるのでしょうか。

「三年塞がり」という言葉が関係していますよ。

2022年から大将軍は北に移動する

2022年の大将軍の方位は北でしたね。

2021年は西でした。

西にいたのは、2019年~2021年の3年間です。

2022年に北に移動して、2024年まではずっと北にいます。

このように、3年間は同じ方位から移動しないのが大将軍の方位の特徴です。

大将軍の方位が「三年塞がり」と言われるのはこのためです。

大将軍以外にもたくさんの方位の神様がいます。

他の記事でも紹介しています。

ほとんどの神様は、毎年移動します。

普通は、一年でその方位から離れるのです。

ただし、大将軍だけは3年も動かないんですよね。

だから、北に引っ越したいという場合、大将軍の方位を避けるなら、2022年が終わるのを待つだけでなく、2024年が終わるのを待たなければいけないのです。

かなり先になってしまいます。

ちなみに、方位を見る場合の一年は、普通の一年とは期間が異なります。

毎年2月のはじめ頃に立春という日があります。

立春の前日は節分です。

立春から節分の日までを一年間とします。

ですから、2022年の場合、2月3日までは西、2月4日以降は北が大将軍の方位です。

正しくは大将軍の方位は「北」ではなく「子」の方位

大将軍の方位は北と書いてきました。

ですが、正確には少し異なります。

昔、方位については、十二支で表していました。

十二支は知っていますか?

2022年は寅年ですよね。

この寅も十二支の1つです。

漢字一字で表して、全部で12種類あります。

  • 子(ね)
  • 丑(うし)
  • 寅(とら)
  • 卯(う)
  • 辰(たつ)
  • 巳(み)
  • 午(うま)
  • 未(ひつじ)
  • 申(さる)
  • 酉(とり)
  • 戌(いぬ)
  • 亥(い)

これが十二支。

その中で北を表すのは、「子(ね)」になります。

これが2022年の大将軍の方位です。

北ではなく、「子(ね)」の方位が大将軍の方位なのです。

そうしますと、少し北とは範囲が異なってきます。

北と言う場合は、一般的な東西南北と北東、南東、南西、北西の8方位の1つです。

一方、「子(ね)」と言うならば、それは12方位の1つということですね。

360度を12方位に分けた場合の北が子なんです。

図で見るとこうなります。

12方位
十二支で方位を表す場合

360度を8方位に分けたときの北とは広さが異なりますよね。

このようにして考えると、北の中の一部分が子(ね)の方位と考えられます。

北の中でもちょうど真北のあたりが子(ね)ということです。

北東に近い所や北西に近い所は、子の方位ではなく、丑や亥の方位。

具体的な数字で見てみましょう。

8方位の北とは、角度で言えば、45度の範囲です。

これは360度を8で割るから45度。

360° ÷ 8 = 45°

十二支の場合の子は、360度を12で割る必要があります。

360° ÷ 12 = 30°

十二支で方位を見る場合の1つの方位は30度ずつ。

だから、子の方位も30度の広さです。

45度と30度なので、広さの違いがあります。

北の方位よりも子の方位はせまくて、3分の2の広さしかありません。

そして、その差は15度です。

北の中でも北東に近い所の7.5度の範囲は子ではなく丑です。

北西に近い所の7.5度の範囲は子ではなく亥です。

これらは北ではあるけれども、子の方位ではないということですね。

大将軍の方位もそうですし、八将神の方位は十二支を基準としています。

それぞれの範囲は30度と見ることができます。

北の中でも真ん中あたりだけが大将軍の方位と考えましょう。

図で見るとこうなりますよ。

2022年の大将軍の方位
2022年の大将軍の方位

この範囲からは外れていれば、大将軍は気にしなくてもよい。

少しややこしいですが、このように考えるといいと思います。

ちなみに、方位は24方位で見る場合もあります。

そうすると、1つの方位が15°ずつになります。

360° ÷ 24 = 15°

さらにせまい範囲と見ることもできます。

24方位
24方位

こういう見方も決して間違いとは言えません。

見方の違いです。

ただ、大将軍の方位は十二支が基準になっていることを考えれば、30度の範囲で見るのがいいと思います。

大将軍の方位を避けるには

大将軍の方位を避ける一番の方法は待つことです。

それか、引っ越しならば引っ越しをしない。

旅行なら旅行をしない。

それか、引っ越しなら引っ越し先を別の所に変更する。

旅行先を別の所に変更する。

当たり前ですが、これが避ける方法ですね。

ですが、どうしても行かなければいけないときもあります。

そういう場合は、実は方法があるんですね。

大将軍はかなり昔から、恐れられてきた方位の神様です。

今よりも昔の方が大将軍の方位もメジャーだったし、より恐れられていた。

昔の人だってやっぱり同じで、それでも行かなければいけないときがある。

大将軍の方位だとわかると困ります。

だから昔から方法があります。

大将軍の方位に行かなければいけないとき、ぜひ知っておきたいのが「遊行」というものです。

遊行とは、方位の神様が本来いる場所から離れて別の方位にいくことです。

2022年は北なのですが、北から一定期間離れて、他の方位に行きます。

この期間は北が大将軍の方位ではなくなるので大丈夫というわけです。

北に行く必要があるなら、そういう時期に行きます。

2022年の大将軍の遊行の時期

大将軍の遊行の時期を見ておきましょう。

いつからいつまで、どの方位に行っているのかが大事です。

  • 3月12日(土)~3月16日(水)に東
  • 5月23日(月)~5月27日(金)に南
  • 8月3日(水)~8月6日(土)に中央
  • 8月15日(月)~8月19日(金)に西
  • 10月14日(金)~10月18日(火)に西

1年にこれぐらいです。

どの方位に行っているのかも重要ですね。

たとえば、東に行っている時は、東が大将軍の凶方位となります。

北は大丈夫だけど、東は凶方位になってしまうのです。

それに、最初の方で書いたように、方位の神様は大将軍だけではありません。

金神という凶神や天一神という凶神も、同じように日によって方位を移動するとされます。

そうなると、北の大将軍が遊行で他の方位に行った時期に、別の凶神が北にあるなら、やっぱりその日の北はよくないということになりますね。

これを考えると、上に書いた8月3日(水)~8月6日(土)はよくないようです。

さらに方位と言えば、九星も忘れてはいけません。

九星でも見るのであれば、3月(3月5日~4月4日)の北は凶方位です。

残った日を一覧で見てみましょう。

  • 5月23日(月)
  • 5月24日(火)
  • 5月25日(水)
  • 5月26日(木)
  • 5月27日(金)
  • 8月15日(月)
  • 8月16日(火)
  • 8月17日(水)
  • 8月18日(木)
  • 8月19日(金)
  • 10月14日(金)
  • 10月15日(土)
  • 10月16日(日)
  • 10月17日(月)
  • 10月18日(火)

このような日を選ぶとよいということになりますね。

かなり少なくなってしまいました。

これでは現実的ではないということなのかもしれません。

神社で出している暦などでは、大将軍の遊行日を多くしていることがあります。

「平素遊行日」として、季節に関係なく遊行日としています。

これは日の干支を見るとわかります。

干支方位
甲子~戊辰
丙子~庚辰
戊子~壬辰中央
庚子~甲辰西
壬子~丙辰

それぞれ5日間はほかの方位が凶方位になります。

60日のうちに20日はほかの方位に行くということですね。

ちょうど7日おきに大将軍の遊行日がやってきます。

これなら何とかなるかもしれません。

このようにして日を選びながら、大将軍を意識しておくことが大事なんだと思います。

方違えという方法

凶方位に行くとき、「方違え」という方法もあります。

詳しくはほかの記事に書いていますので、そちらをご覧ください。

大将軍はあまり動きませんけど、吉日カレンダーの毎日のページには天一神や金神の方位を掲載しています。

方位に関するご相談は、下記のページよりお願い致します。

引っ越しや旅行の方位やタイミングの相談を受け付けています!

 - 2022年の暦と方位, 引越し, 旅行

Comment

  1. かな より:

    こんにちは
    2月か3月中に里帰りから自宅へ帰る予定なのですが、自宅の方位が北にあたります。
    まだ移動してもよい日がありましたらご教示ください。私が二黒土星、子が六白金星です。

    • hotdoglab より:

      かなさん

      こんにちは。返信が遅くなり申し訳ございません。方位はよくない時期ですが、3月12日(土)~16日(水)、24日(木)~28日(月)で検討されるとよいのではないでしょうか。

      • 匿名 より:

        ありがとうございます
        そのようにします。
        今年引っ越しを控えていてココナラでご相談したいのですが、まだしばらくは再開されませんか?

  2. かなうよ! より:

    みていただきありがこうございます

    本命星6白 月命星3碧 18才の子

    2022年令和4年 3月  
    に 自宅より東南の
    本命的殺の4緑方位へ引っ越しします
    凶方位

    3月は 東南が 9紫

    これからの 凶方位に対しての
    対策 やつておくべき
    のことが がありましたら

    おしえてくださいませ

    よろしくお願いします

  3. 九紫火星 より:

    こんにちは。
    6月13日から2泊3日で自宅から子の方角へ友人と飛行機で旅行が決まっています。
    不安になってしまいました。
    避け方とかアドバイス等ございませんでしょうか?

    • hotdoglab より:

      九紫火星さん

      こんにちは。避け方としては時期を変えるか、場所を変えるかですね。

      • 九紫火星 より:

        北海道に友人がいて決定しています。
        変更ができない場合にはどうしたらいいでしょうか

        • hotdoglab より:

          九紫火星さん

          本文中にも書いていますが、方違え(かたたがえ)という方法はどうでしょうか。

  4. しろか より:

    現在の家のトイレ、お風呂が老朽化し、一部リフォームを考えていますが、2022年は北が三年塞がりということで、位置が気になります。3年間我慢しないといけないのでしょうか?何かいいほうほうはあるのでしょうか?

コメント

  関連記事

干支はなんて読む?十干十二支のいろいろ

漢字のテストで普通にありそうな問題。 読み仮名を書く問題です。 “干 …

【2018年】建物のリフォームをするのに良い日と悪い日
【2022年】建物をリフォームしてはいけない時期と吉日、凶日!

リフォームする時、いつにするべきか迷いますよね。迷わないですか? 私は暦が好きな …

凶方位に引っ越した後、吉方位に旅行に行ったら凶作用は避けられる?
凶方位に引っ越した後、吉方位に旅行に行ったら凶作用は避けられる?

引っ越しでよくある質問です。 凶方位へ引っ越しする場合。特に避けられない引っ越し …

結婚や引越しで吉が多い日と凶が少ない日のどちらを選ぶべきかの答え
結婚や引越しで吉が多い日と凶が少ない日のどちらを選ぶべきかの答え

吉を取るか、凶を避けるかという問題について 結婚でも引越しでもいいんですけど。 …

引っ越しで日盤や時盤を気にする必要はない?年と月の方位で十分!
引っ越しで日盤や時盤を気にする必要はない?年と月の方位で十分!

引っ越しをするときに方位を見ますか。 気になる人は見ますよね。 どこまで見るかの …

星を頼りにしていた昔の暦

普段あまり気にしないけど、たまに星空を見上げると癒されますよね。 これから、寒く …

暗剣殺の方位だと知らずに旅行に行ってしまった場合の考え方と対策
暗剣殺の方位だと知らずに旅行に行ってしまった場合の考え方と対策

暗剣殺に旅行に行くとどうなる? 暗剣殺という凶方位。 この記事を見るぐらいの人は …

凶方位を避けるために引越しの日を延期させるテクニックについて
凶方位を避けるために引越しの日を延期させるテクニックについて

家財を入れること、火を使うことは別なの? なんとなくわかる気もしますよね。 方位 …

N極とS極…方位が逆転する?そのとき吉方位は?

不動産を探していたときに、ときどき持って行ったものがありました。 100円ショッ …

夏休み(7月~8月)の旅行の計画の前に吉方位をチェック!九星別にご紹介
2019年の夏休み(7月~8月)の旅行先を吉方位で決める!

今年の夏休みの旅行はどこに行きますか? 迷っているなら方位から選びましょう。 夏 …