吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

暗剣殺の方位だと知らずに旅行に行ってしまった場合の考え方と対策

   

暗剣殺に旅行に行くとどうなる?

暗剣殺という凶方位。

この記事を見るぐらいの人は知っているでしょうね。

中には、もう旅行に行ってしまって、悩んでいる人もいるかもしれません。

暗剣殺は凶方位の中でも強い凶作用があると言われます。

では、実際に暗剣殺に行くとどうなってしまうのでしょう。

病気とか?

災難に遭うとか?

怖くなってしまいますね。

でも、どうなるかはどうでもいいんです。

重要なのは行ってしまったときの考え方だと思います。

悩んでいる人はとくに。

いろいろと見えなくなってしまうものなので。

方位は旅行先を決める前に見るもの

このブログにも、悩んでいる方がよくコメントをくれます。

もう行ってしまった旅行を悔やんでいる人がほとんど。

それ以外には、もう行くことになっている旅行が不安になってきたという場合。

この2つは決定的に違うんですね。

まだ、旅行をやめることができるのかどうかという違いです。

やめれる旅行なら、やめればいいんです。

それで、今の悩みからは開放されるわけですからね。

それに、効果はどうであれ、方違えという方法や時期を選ぶこともできます。

行く前なら、なんとか選択肢はある。

問題は、すでに行ってしまった旅行。

帰ってきて調べてみたら、暗剣殺の方位だったというもの。

これは、今さら手遅れなわけです。

手遅れだということはわかっている。

だからこそ悩みも大きいんですね。

ですから、旅行に行くなら、方位を先に調べなければいけません。

旅行先を決めるために、方位を使うんです。

そうしないから、帰ってきてから後悔するんです。

行ってしまった旅行はどうにもできない

行ってしまってから、方位がよくなかったと後悔しても仕方ありません。

そういう場合には、どうすればいいでしょうか。

一番いいのは、後悔しないことです。

後悔しないことなんて無理ですよね。

だったら、方位のことなんか、見なければいいんです。

見るから、不安になるわけで、同じ方位に旅行に行った人でも、方位のことを知らなければケロッとしているでしょう。

それが一番いいんですが、このページを見る人には、そんな余裕のある人はいないかも。

もう知ってしまった後の人でしょうね。

であれば、もう前に進むしかないんです。

後ろばかり気にしてませんか?

前を向くのが大事。

暗剣殺に旅行に行ってしまった事実を消すことはできますか?

当然ながらできません。

悩んでいる人に多く見られる共通点。

凶方位に行ってしまった人は、事実をどうにか、なかったことにしようとするんですね。

暗剣殺の方位ではなかった?

その時期は大丈夫な時期だった?

たとえ行ってしまっても、行かなかったことにできる方法がある?

こんなことを考えがちです。

どうにか事実を変えようとする。

暗剣殺に行ってなかったことにしたがります。

今だかつて、あなたの人生で過去の事実を変えられたことはありますか?

絶対にないはずなんです。

それは無理なことなんですよ。

なのに、都合の良いことを考えすぎです。

そこは、もうあきらめるしかないのです。

だって過去のこと。

次にできることは、今から未来に向かってのことだけですよね。

つまり前を向く。

ということは、過去を受け入れるということになります。

まずは暗剣殺に行ったことを受け入れる

ほとんどの人は受け入れないんです。

暗剣殺に行った事実を否定しようと頑張る。

でも、その否定の方法がわからないから、悩んでしまいます。

受け入れましょう。

思い切って。

受け入れることで、考え方は変わっていきますよね。

まず大事なこと、あなたは暗剣殺に行ったんです。

おそらく、知らずに行ってしまったんです。

だから、凶方位に行ったことによる何かが起こるかもしれません。

それは仕方がないじゃないですか。

自分に落ち度があったのだから、受け入れましょう。

そして、次です、大事なのは。

次に何ができるかなんですよね。

これを勘違いしないで欲しいと思います。

旅行に行ったことをどうにか否定するんじゃありませんからね。

これからの生活を、人生をどうにかする。

こっちを考えるんです。

そしたら、後悔しているよりもだいぶ前向きです。

具体的に何をやればいいとか、そんなことはどうでもいいと思います。

何でもいいから、やればいいんですよ。

神社やお寺に行って拝んでもいい。

家に盛り塩をしてもいい。

近いうちに、今度は吉方位に旅行に行ってみてもいい。

こうしたらいいんじゃないかと思うことあるでしょう。

それをやるべきだと思います。

そんなことやって意味があるのかと思うかもしれません。

やる意味は絶対にあると思うんです。

方位も要は考え方の問題ですね

暗剣殺に行ってしまったら次はどうするか。

何でもいいからよさそうなことをやって、それから前に進むこと。

これが一番です。

それが事実を受け入れたことになるからです。

何もしないよりは絶対にいいんですね。

もし、何か凶方位に行ったことによる災いがあったら特にそうです。

一度、真っ白にして考えてみてください。

方位のことを知らなかったら、暗剣殺に行っても平気なんですよ。

方位のことを知ってしまったから不安に思うだけ。

決して、方位の吉凶を否定しているわけではありませんよ。

凶方位は避けるべきであるのは当然です。

そうだとすると、結局、方位のことを知っても知らなくも、暗剣殺に行ってしまえば、災いがあるわけですね。

その時に必要なのは、考え方なんです。

これをやったから大丈夫だと考えられるものがあるか。

そして、これまでよりも慎重に過ごすこと。

方位の事を知らない人は、何もしません。

だから、不幸が起こっても、方位のことだとは気づけないでしょう。

方位を知っている人は違います。

方位のせいだと思うことができるでしょう。

そこで差がでますよ。

旅行から帰った時に何かをやっていることで、その不幸は最悪ではなくなるんです。

方位を知って、その脅威を受け入れたからこそ、最悪ではなくなります。

悩んだり、困ったりする人って、なんで悩んだり困ったりするのか。

最悪を逃れたいからなんです。

人間は誰でも最悪だけは避けたいんです。

だけど、どうも最悪の道を進みそうな気がする。

そう思ったときに悩むわけです。

最悪でないとわかれば、悩みは少なくなりますよね。

そのためには、帰ってきて、何でもいいから良さそうなことをやるんです。

これで、結果的には大きな差になりますよ。

この違いはとても大きいんですよ。

何もしていなければ、もっと大きな恐怖に襲われるんですから。

その恐怖こそが最悪なんです。

二度と凶方位に行かないこと

暗剣殺に行ってしまった人は、そう簡単にまた凶方位に行くことはないと思います。

とにかく、この経験を次に活かして、方位をしっかり選んで欲しいと思います。

二度と凶方位に行かないようにするべきだと思います。

凶方位に旅行に行くぐらいなら、行かない方がいいんですからね。

暗剣殺なんて、毎年変わるんですから、来年行けばいいんです。

とは言っても、避けられないこともあるんです。

その場合には、とにかく行く前です。

悩むのは行く前にしてください。

暗剣殺に行ってしまってからでは、もうどうしようもないんです。

 - 旅行

コメント

  関連記事

納音(なっちん)と有卦無卦(うけむけ)を知れば占いができる?

今回は「なっちん」についてです。 なっちん…かわいい名前ですね。 「なっちん」と …

1年は365.2422日。でもどうやって調整する?

常識の問題です。1年は何日あるでしょうか? 簡単ですね。365日ですよね。 でも …

縁日を知っていると得?神社やお寺の観光。

縁日というものがあります。 神様や仏様がこの世との縁を持つ日だそうです。 縁日と …

九星を年月日へ当てる(九星と暦の関係)

暦には暦注というものがあって、年や月や日に吉凶を判断するためのいろんな情報が付け …

年に数回の貴重な天赦日!無駄にしないためにやっておくべきこと
年に数回の貴重な天赦日!無駄にしないためにやっておくべきこと

天赦日を知っていますか? 暦(こよみ)に詳しい方なら、知っている人も多いのではな …

暦や方位の中にある五行(木・火・土・金・水)

このブログでは、九星のベースには陰陽五行説があることを書きました。 でも、それは …

暦
相性の語源、相生と相剋と比和

相性が良いとか悪いとかって、時々使いますよね。 その語源も陰陽五行と関わりがある …

180年を60年ずつ分けて、あの人が上品か下品かを見る?

干支が60種類、九星が9種類。 同じ干支と九星の組み合わせが再びめぐってくるのは …

ブログサムネイル
方位の計算方法が気になる方へ

「旅行は吉方位へ。あなたの旅行先を決めるサイト。」では、どのようなやり方(計算方 …

庚申、甲子、己巳の日とは?

世の中の99%の人は気にしていない日だと思います。 暦にこんな日があるってこと。 …