吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

2023年(令和5年)の大将軍の方位は北。三年塞がりなので来年まで北!

      2022/11/02

2023年の大将軍の方位は北です。

前年の2021年も北でした。

大将軍は「三年塞がり」と言われます。

3年間同じ方位にあって動かないのが大将軍の方位の特徴です。

大将軍の方位は凶方位です。

旅行や引っ越しはよくありません。

家を建てたり、リフォームしたり、土を動かすこともよくありません。

こう知ってもらえればもうこのページの役割は終わりと言ってもいいでしょう。

もう少し詳しく知りたい人のために、つづきを書きます。

大将軍は凶神

方位の神様というのがいろいろあります。

大将軍もその1つです。

方位の神様には吉神と凶神があります。

吉と凶ですから、だいたいわかりますよね。

吉神は縁起がよくて、凶神はよくないのです。

大将軍は凶神なのですから、縁起がよくありません。

そして、方位の神様でした。

なので、大将軍の方位は凶方位だということになります。

もう少しくわしくみると、大将軍は八将神の1つとされます。

8種類の方位の神様がいるんです。

  • 太歳神
  • 大将軍
  • 太陰神
  • 歳刑神
  • 歳破神
  • 歳殺神
  • 黄幡神
  • 豹尾神

どの神様もどこかの方位にいるんですね。

一番上の「太歳神」は吉神と言えますが、他の神様は凶神です。

それぞれ2023年は次の方位にあります。

  • 太歳神:卯(真東)
  • 大将軍:子(真北)
  • 太陰神:丑(北東の北寄り)
  • 歳刑神:子(真北)
  • 歳破神:酉(真西)
  • 歳殺神:戌(北西の西寄り)
  • 黄幡神:未(南西の南寄り)
  • 豹尾神:丑(北東の北寄り)

大将軍は真北ですよね。

気をつけてください。

大将軍の方位で注意すること

2023年の大将軍が北にあることはわかりましたね。

気を付けなければいけないとは書いたものの、どんなことを気をつけるのでしょう。

方位というのをどんなときに意識するべきかとも言えますね。

方位を一番意識するべきなのは引っ越しだと思います。

やっぱり移動するときに方位は重要です。

引っ越しは一時的な移動ではなく、生活拠点を移動させるわけですからね。

真北の方位への引っ越しは避けるべきです。

それから、移動と言えば旅行です。

大将軍の方位、つまり北への旅行は避けるべきです。

たとえば、東京からだと、東北地方や北海道などは北になりますよね。

引っ越しや旅行のような移動以外でも気を付けなければいけません。

家に関することは注意です。

「普請」と言いますが、家を建てるとき。

家を建てたり、リフォームしたりするのもよくないと言われます。

2023年に新築の家を建てるなら、今の家から見て北はよくないとなります。

リフォームで言えば、家の中でも北側にある場所はよくない。

北というと、お風呂やトイレ、キッチンもありそうな場所ですよね。

気をつけてください。

それから土を動かす行為です。

「動土」と言ったりしますが、新築の家を建てる時も基礎工事しますしね。

穴を掘ったり、土を動かすとよくない。

方位は今よりも昔の方が気にされていました。

土を動かすことについては、かなり気にされていたようです。

さっき、八将神を書きましたが、歳刑神という神様がいました。

2023年はこの神様も「子」の方位なので北にある。

そして、土を動かすことを凶とするような神様です。

真北の方位の土を動かす行為はやめておくのが無難ですね。

大将軍の方位を犯すと何が起こるのか

では、実際に大将軍の方位に引っ越したり、旅行に行ったりするとどうなるのでしょうか。

いろいろ言われますが、病気やケガなどが一般的と思われます。

家長や家主が死に至ると言われることもあるようです。

でも、実際のところは誰にも何が起こるのかはわかりません。

凶方位に行った後に、何かが起こったとしても、それと方位との因果関係はわかりません。

だから、これは大将軍の方位に行ったからだとは言い切れません。

逆に言えば、わからないからこそ凶方位は意識され続けています。

よくわからないからこそ、避けなければいけない。

避けておいた方が安心ということです。

避けてくださいね。

2023年は大将軍が西にいる二年目の年

大将軍以外にもたくさんの方位の神様がいます。

本当にすごくたくさんいます。

よく暦の本にも方位の神様が載っているのですが、本当はもっといます。

たとえば、旅行や引っ越しで気をつけたい神様には金神という神様がいます。

金神も含めて、ほとんどの神様は、干支にもとづいて方位を移動します。

毎年、方位を変えることが特徴なんです。

つまり、凶神の方位なので、今年はよくない。

その場合は、来年まで待てば、その方位は凶神の方位ではなくなる。

こうなるのが普通なんですね。

ですが、大将軍は「三年塞がり」です。

三年間も同じ方位にあって動かないことを特徴としています。

2023年は、十二支が「卯」の年ですよね。

十二支が「寅」「卯」「辰」の三年間は、北にあります。

その後は東に移動して、また三年間は東にあります。

大将軍を避けて北に引っ越しするなら、2025年まで待たなければいけません。

これが大変なのです。

特にリフォームですよね。

もう壊れてきているのに、何年も待つって大変です。

引っ越しだってそうでしょう。

子どもの入学のタイミングにとかって普通は考えるものです。

それなのに、2025年まで待つ必要があるのです。

ちなみに、方位を見る場合は、立春から一年が始まることととします。

2023年の立春は2月4日です。

大将軍の方位は「子」の方位

ここまで何度も書いているので覚えたことでしょう。

2023年の大将軍の方位はどこでしたか?

北でしたね。

でも、昔は方位というのは十二支で表すものだったんですよね。

「子(ね)」とか「丑(うし)」が十二支。

八将神の方位は、十二支で表されます。

ですから、大将軍の方位も十二支で表すべきです。

そうすると、2023年の大将軍の方位は北ではありません。

「子の方位」となります。

子は「ね」です。

「子」は「北」を表すので北になるわけですが、ここで気になりませんか?

北とはどれぐらいの広さなのか。

十二支で方位を表すということは、12に分けた1つ分ですよね。

360度を12方位に分けます。

時計を想像してください。

「子」は真北なので、12時のところです。

普通を九星で方位を見るときは、8方位に分けた場合の1つですね。

その場合は。360度を8方位に分けたときの1つの方角です。

つまり、45度です。

360° ÷ 8 = 45°

「子」の場合は、12で割るのですから、30度です。

360° ÷ 12 = 30°

ちょうど真北の方向があって、そこから北東側に15度、北西側に15度の広さですね。

ですから、「北」よりも「子」はせまくて、3分の2の広さなんですね。

このように考えると、北は3つに分かれます。

北の中で北東に近いところは、丑(うし)。

北の中で北西に近いところは、亥(い)。

それぞれ、7.5度ずつ。

この範囲は「北」ではあっても「子」の方位ではないので、大将軍の方位ではありません。

何が言いたいのかというと、「北」の中でも真ん中あたりだけが大将軍の方位だということです。

図で見るとこんな感じです。

2023年の大将軍の方位
2023年の大将軍の方位

これ以外に24方位で見る場合もあります。

この場合は、北を3つに分けてみます。

そうすると、1つの方位が15°ずつになります。

360° ÷ 24 = 15°

「子」の方位も15度になりますから、さらに大将軍の方位はせまい範囲となります。

図で見るとこうなります。

2023年の大将軍の方位(24方位の場合)

24方位で見た場合の大将軍の方位

こういう見方も決して間違いではありません。

ただ、私はやっぱり30度がいいような気がしています。

大将軍の方位は十二支が基準になっているからです。

でも、北の真ん中あたりかどうかは見ておきたいですよね。

本当に大将軍の方位なのかどうかは、一応、確認しておくとよいと思います。

大将軍の方位を避けるには

どうしてもリフォームしないといけないときもありますよね。

転勤などでは引っ越しだって避けられないことがあります。

そんなとき、どうすればいいでしょうか。

2025年まで待つことを検討します。

それか、別の方位を考えます。

真北の30度の範囲から外れるようにできないかを考えます。

私は方位の質問をよく受けているんですが、よく回避方法を教えてくださいと言われます。

回避方法というならば、上に書いた2つしかありません。

時期を変えるか、方位を変えるかです。

では、時期も方位も変えられない場合はどうすればいいのでしょうか。

大将軍はかなり昔から、恐れられてきた方位の神様です。

今、私たちが困っていることを昔の人も同じように困っていました。

そして、方法を考えてくれています。

「遊行」というものです。

2023年の大将軍の遊行の時期

遊行とは、方位の神様が本来いる場所から離れて別の方位にいくことです。

2023年は真北でしたが、「遊行」で真北を離れることがある。

そのときは、北に大将軍がいないことになりますよね。

そのときに行けば、大将軍の凶方位ではないということです。

でも、その時に大将軍が行っている北以外の方位が大将軍の凶方位となります。

これはどういうことかわかりますか?

北以外への旅行や引っ越しでも、もしかすると、大将軍の凶方位になる可能性がある。

こういう恐ろしいことになってしまいます。

ですから、遊行の時期とその行き先も知っておく必要があるということです。

2023年に大将軍が北を離れるとき

大将軍の遊行の時期を見ておきましょう。

いつからいつまで、どの方位に行っているのかが大事です。

  • 1月30日(月)~2月3日(金)に中央
  • 3月7日(火)~11日(土)に東
  • 5月18日(木)~22日(月)に南
  • 7月17日(月)~7月19日(水)に南
  • 7月29日(土)~8月2日(水)に中央
  • 8月10日(木)~8月14日(月)に西
  • 10月9日(月)~10月13日(金)に西

だいたい1回の遊行は5日ぐらいになるんですね。

日数で数えると、33日になるんですが、実はそんなにないんです。

ほかの凶神が西にいる時は要注意

大将軍の遊行の時期を見ましたよね。

33日あるんですが、その中には他の凶神が北にある時期もあるんです。

  • 1月30日(月)~2月3日(金)
  • 7月29日(土)~8月2日(水)

この期間は天一神という凶神が北に移動する時期です。

別の凶神がいるので、北はよくないことになります。

さらに、2023年は金神という凶神も北にあります。

金神という凶神にも遊行の時期があるのです。

だから、大将軍が北から離れて、金神も北から離れている日を探します。

真北の子の方位で凶神を避けるなら、次の日がいいでしょう。

  • 3月8日(水)~11日(土)
  • 5月20日(土)~22日(月)
  • 7月19日(水)
  • 8月12日(土)~14日(月)
  • 10月11日(水)~13日(金)

まだすべてがクリアしたわけではありません。

土を動かすことについては、歳刑神のこともありましたからね。

できることなら、2023年を避けるのが一番いいと言えるでしょう。

そして、九星の凶方位もありますよ。

九星では、10月の北は凶方位ですから、10月11日(水)~13日(金)はよくない時期になります。

旅行や引っ越しに行く人がどの星なのかによっても変わります。

たとえば、八白土星や九紫火星の人は、2023年の北は凶方位です。

これではあまりにも大丈夫な日が少ないということなのでしょう。

神社で出している暦などでは、大将軍の遊行日を多くしていることがあります。

これは日の干支を見るとわかります。

干支方位
甲子~戊辰
丙子~庚辰
戊子~壬辰中央
庚子~甲辰西
壬子~丙辰

それぞれ5日間はほかの方位が凶方位になるので注意です。

凶方位に行くときは方違えという方法がある

凶方位に行くとき、「方違え」という方法があります。

詳しくはほかの記事に書いていますので、そちらをご覧ください。

大将軍はあまり動きませんけど、吉日カレンダーの毎日のページには天一神や金神の方位を掲載しています。

ぜひご覧ください。

方位に関するご相談は、下記のページよりお願い致します。

引っ越しや旅行の方位やタイミングの相談を受け付けています!

 - 2023年の暦と方位, 引越し, 旅行

コメント

  関連記事

【2023年】七赤金星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング
【2023年】七赤金星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング

2023年の七赤金星の吉方位はどの方位でしょうか。 東、南、西です。 旅行や引っ …

新居に移転する吉日は、住所変更と引越しのタイミングのどっち?
新居に移転する吉日は、住所変更と引越しのタイミングのどっち?

住所変更と引っ越しが同じとは限らない 新しく家を買った人も、転勤で引っ越しする人 …

方違え(かたたがえ)の方法とは?滞在期間や引っ越しのやり方について

引っ越しや旅行で気になるのが「方位」ですよね。 吉方位ならいいのですが、凶方位に …

2023年の干支は癸卯(みずのとう)。成長する時だからこそ先を見る年!
2023年の干支は癸卯(みずのとう)。成長する時だからこそ先を見る年!

2023年はどんな年になるでしょうか。 干支(えと)がヒントになります。2023 …

方位を見るときの北は真北と磁北のどっち?偏角は考慮するのか
方位を見るときの北は真北と磁北のどっち?偏角は考慮するのか

方位を見る時の北はどこなのか 気にしてなかったという人は読まない方がいいと思いま …

旅行は吉方位へ。
旅行は吉方位へ。あなたの旅行先を決めるサイト。

いろいろと作る苦労はありましたが、 「旅行は吉方位へ。旅行先を決めるサイト。」を …

「十方暮れ」「天一天上」、選日で見る吉凶

十干十二支の60種類の組み合わせをもとに吉凶を判断する方法。 「八専」というもの …

恵方巻の「恵方」は歳徳神がいる吉方位!

恵方はその年の最も良い方位。 年の最も良い方位と言われるのは「恵方(えほう)」で …

吉方位に引っ越した結果

「吉方位に家を買う方法」という記事を書いたのですが、その結果はどうなったのでしょ …

N極とS極…方位が逆転する?そのとき吉方位は?

不動産を探していたときに、ときどき持って行ったものがありました。 100円ショッ …