吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

「金神」というおそろしい凶神

      2015/01/01

暦の本に載っているすごく怖い絵があるんです。

鬼のように見えます。鬼を想像してみてください。

今想像した鬼をもう少し怖くしたぐらい怖い絵です。

長い斧のようなものを持っています。

龍に乗っています。

これは金神(こんじん)です。

金神はおそろしい凶神!

この金神というのは絵を見るとすぐわかるんですが、凶の神様、凶神です。

凶神というのは吉神の反対です。だから悪い神様ということです。

金神だけが凶神ではありませんが、金神は凶神の中でもとくに恐れられる凶神です。

本によると金神は戦争や大水をつかさどるとか。

この金神のいる方位はすごく良くない方位ということになっています。

この方位への旅行移転嫁取り(結婚?)は良くないと書かれています。

絶対にやめておいた方がいいですね。

さらにこんな話も。

もしこの方位に旅行や移転をした場合には、家族がみんな殺される。

しかも7人を殺すので、家族が7人いない場合、なんと隣の家の人も殺す。

かなり具体的な設定。

今どき、7人も家族がいるのはめずらしい。

身勝手な旅行が金神の方位であって、それが原因で隣の家の人に迷惑をかけるわけにはいきません。

それにしても、なぜそんなに7人にこだわるのか!?

とにかく金神はものすごく怖い凶神なんです。

金神の方位には気をつけなくてはなりません。

金神はどの方位にいるのか?

金神はどの方位にいるのでしょうか。

気になりますよね。

だって金神のいる方位には旅行にも行けないんですからね。

たとえば、甲と己の年は午、未、申、酉の4方位。

けっこう多い。

しかも、友達なのか親戚なのかわかりませんが、大金神と姫金神というのもいます。

金神が3人もいる。

それぞれが別の方位にいるわけだから、凶方位が多すぎる。

もう旅行に行ける方位はかなり限られてしまいます。

さあ、どうしましょう?

金神の遊行。

金神によって旅行への扉は閉ざされてしまうのでしょうか。

そんなことは許せません。

大丈夫、ご安心ください。

良いシステムがあります。

うれしいことに金神には「遊行」というシステムがあるんです。

遊行というのは、別の方位に行っちゃうってことです。

たとえば、甲寅の日より5日間は南に行くというように決まっています。

すでに予定が組まれているんです。

ということは、この5日間だったら、大丈夫。

本来の金神がいるべき方位に行っても大丈夫ということですね。

もちろん、遊行で金神が行っている方位には行っちゃダメですよ。

それは残念すぎます。

このシステムのおかげで少しは改善されたけど、2カ月に5日間だけ。

ちょっと少なくありません?

もう一声欲しいところです。

金神、追加で遊行する。

あります。

追加のサービス期間とも言える期間があります。

春夏秋冬の季節ごとに遊行を設けさせていただいております。

これも5日間ずつ。

季節ごとに旅行するぐらいがちょうどいいから、これならだいぶ楽になりますね。

これでも物足りないという方。

あまりやりすぎると金神にも申し訳ないです。

金神、特別ルール適用!

でも、あります。

特別ルールがあります。

吉神と凶神が同じ方位にある場合のルールです。

その場合には、吉神が凶神を押さえ込むので大丈夫というルール。

このルールがあれば、相当な確率で大丈夫かも。

ただし、吉神が押さえ込めない凶神もいます。

歳破神、暗剣殺、五黄殺などには気をつけましょう。

金神の設定はとても複雑にできていますね。

でも最初から「遊行」があったかは疑問ですね。

どういう経緯で「遊行」が取り入れられていったのかは興味があるところです。

なんとなく予想はできますが…。

怖い怖い「金神」という凶神がいて、その方位に旅行しちゃいけない。

でも遊行とか、吉神が押さえ込むルールを適用すれば大丈夫。

そんな記事でした。

それでも金神が気になる方は調べてから行ってくださいね。

それから金神の遊行の時期もちゃんと調べないと、遊行先に行っちゃうから気をつけて!

 - 旅行

コメント

  関連記事

大凶神の大将軍は変わり者?

旅行するときに気になる方位。 そして方位を見るときに気になる方位神。 暦の本を見 …

星を頼りにしていた昔の暦

普段あまり気にしないけど、たまに星空を見上げると癒されますよね。 これから、寒く …

豹尾神が与えるトイレの難問

このブログでは方神の八将神について書いてきましたが、いよいよ最後の神様です。 豹 …

九星を年月日へ当てる(九星と暦の関係)

暦には暦注というものがあって、年や月や日に吉凶を判断するためのいろんな情報が付け …

食を起こすのは黄幡神

黄幡神(おうばんじん)というのは、方位神の中の八将神の中の神様の1人です。 凶神 …

暦
相性の語源、相生と相剋と比和

相性が良いとか悪いとかって、時々使いますよね。 その語源も陰陽五行と関わりがある …

ゴールデンウィークの旅行先はどこがいい?行くなら吉方位で安心の旅行へ!
ゴールデンウィークの旅行先はどこがいい?行くなら吉方位で安心の旅行へ!

2018年のゴールデンウィーク。 9連休という人もいるのではないでしょうか。 長 …

九星の方位への配置
九星と方位。自分の星は来年どこに行く?

人の運勢や吉凶判断に使われる九星。 暦の中の暦注の1つですが、他の情報とは異なる …

信長、秀吉、家康…暦や方位を気にしたのは誰?

このブログでは、暦や方位について書いています。 なぜそれを書いているのか。 私が …

180年を60年ずつ分けて、あの人が上品か下品かを見る?

干支が60種類、九星が9種類。 同じ干支と九星の組み合わせが再びめぐってくるのは …