吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

天赦日や一粒万倍日と不成就日が重なったら、いい日?悪い日?

      2017/02/26

天赦日や一粒万倍日という吉日

暦に興味がない人からすると、大安は知っていても天赦日とか一粒万倍日を知らないのが普通じゃないかと思います。

でも、天赦日も一粒万倍日も吉日です。

吉日というからには入籍したり、旅行したり、引っ越ししたりにも最適。おめでたい日なんですよね。

特に天赦日は、一年に5〜6回しかない貴重な吉日。

その意味は天が赦す日ということでたとえその日が仏滅であっても、天赦日なら吉日と言われたりします。

他のどんな凶があっても天赦日が勝るというわけです。

つまり、最上吉日が天赦日。

一方、一粒万倍日も一粒のモミがやがて万倍に実って稲穂になるという意味の吉日。

いいことは万倍になる。何かを始めるにはいい日なんですよね。

だから、開業や会社の設立、入籍、引越しなどにも吉日とされます。

しかも一粒万倍日は天赦日よりはかなり多くありますから、1ヶ月のうちに数回は出てくる吉日でもあります。

また、一粒万倍日が他の吉日と重なった場合、どうなると思いますか?

吉が倍増するんだそうですよ!

もし、暦の中でも最もいい日と言われる天赦日に一粒万倍日が重なったら、大吉と言うぐらいでは失礼なぐらいの吉日になってしまいます。

反対に凶日と重なると半減するとかいう話もあります。

いずれにしても、天赦日と一粒万倍日は、暦にちょっと興味がある人なら知っている有名な吉日と言っていいですね。

スポンサーリンク

不成就日という凶日

天赦日と一粒万倍日のような吉日の反対が凶日です。その1つが不成就日。

不成就日はその通りの意味で、何をやっても成就しないと言われる日です。

うまくいかないわけですね。

言ってみれば、一粒万倍日とは逆なんです。

不成就日には何もしなくても、願い事をするだけでもダメ。その願いが叶うことはないそうです。

不成就日であっただけで、なんだかやる気がなくなってしまうような日。だから凶日なんでしょう。

天赦日や一粒万倍日と不成就日が重なるとどうなる?

天赦日と一粒万倍日、そして不成就日も、それぞれのルールで日に割り当てられています。ですから、タイミングが合う時がやってきます。

天赦日と一粒万倍日が重なる日もありますし、不成就日が重なってしまう時もあります。

天赦日と一粒万倍日が重なって、とてもいい日だと思ったら、不成就日もあった。これは暦ではあり得ることです。

天赦日も一粒万倍日も不成就日も、いつ、誰が、どういう経緯で作ったのか。

よくわかりません。

総合的に矛盾のないようなルールでそれぞれが作られていれば、この日は吉、この日は凶とはっきりできるのですが、そうはいかないのが暦の難しいところ。

日の吉凶を知るための情報は、ここで見ている3つ以外にも、もっともっとたくさんありますしね。

これが全部それぞれのルールなんですから、吉と凶が重なるのは普通ですし、重ならないで吉だけがそろう日を探すほうが難しいぐらいです。

一例として、天赦日や一粒万倍日と不成就日が重なったとき、どう考えるべきでしょうか。

暦の見方にはいろいろあるわけで、どれが正しいということもありません。

だから、私の個人的な見解として、書きたいと思います。

天赦日が優先される考え方は強引

天赦日はさっきも言ったように、最もいい日で他に凶があっても優先していいようなことが言われます。

こういう考え方は、おそらく一般的なんじゃないかと思いますね。

でも、なんか都合がよすぎません?

ジョーカーみたいで。

天赦日も古くからある暦注の1つではありますが、おそらくもっと古いものもあると思いますよ。

かと言って、古ければいいってものでもないわけですけどね。

それに、凶の日は凶の日で、ちゃんとルールがあって、その日を凶にしているわけですからね。

なんか天赦日を優遇して他を完全に無視するのは、ちょっと違う気がするんですよ。

そういうことをするから、暦がどんどん迷信っぽくなって、本当に信じていいものか迷うようになるんです。

私はもっとちゃんとこの問題に向き合いたいと思います!

選日のルールの違い

天赦日も一粒万倍日も不成就日も、それぞれのルールで日に当てられていることはいいましたよね。

どの日が天赦日になるのかは誰でもわかります。

ルール通りに見ていけば、どの日が天赦日になるのかがわかるんですね。

ということで、3つの日のルールを比較してみると、明らかな違いがあります。

ちょっとここから難しい話になるかもしれません。

天赦日と一粒万倍日は、「節切り」というルールなんです。これは二十四節気というものを基準に決める方法です。

暦には立春というのがあって、立夏とか立秋とか立冬がありますよね。これも二十四節気。

あとは春分の日や秋分の日も、春分、秋分という二十四節気の1つです。

昼の時間が長くなる夏至や、短くなる冬至もそうです。

この二十四節気は何なのかというと、太陽の高度を基準にしています。

ですから、天赦日や一粒万倍日は、太陽を基準にして決められています。

季節と合いやすい決め方。

一方、不成就日は「月切り」というルールで決められています。

これは二十四節気は関係ありません。

どちらかというと、太陽ではなく月を基準にしています。

月を基準にしたカレンダーを旧暦と言うんですね。

不成就日は月、天赦日と一粒万倍日は太陽を基準にしている違いがあります。

不成就日の日の選び方のおかしなところ

不成就日が旧暦に従っているところに、なんとなく弱さがあるんですよね。

旧暦って簡単に言うと、29日か30日を1ヶ月として1年に12回繰り返します。

計算してみるとわかるのですが、1年は365日なのに、旧暦だと354日で終わります。

これ変な感じになりますよね。

これがそのまま続けられるとどうなると思います?

17年ぐらい経つと、7月が真冬になるんです。

あまりにも、季節がずれ過ぎてて、暦の意味がなくなってしまいますね。

そこで、月を増やします。

1年を13ヶ月にします。

4年に1回を閏年と言うのは知ってますよね。

同じように、閏月というのが、その増やされた月で、日数を調整しています。

これが旧暦のしくみなんです。

だから、同じ1月でも、年が違えば、季節感がちょっとずつ違うんですよ。

そのずれが大きくなってきたところで1ヶ月追加。

こんなやり方なんです。

旧暦は太陽の位置を基準にしてないから、季節とのずれが生じるんですね。

問題は閏月に不成就日がどうなるのかです。

2017年は5月が2回来てから6月になる

閏月が入ると、同じ月を2回繰り返します。

例えば、2017年は5月に閏月が入るんです。

普通の5月が終わったら、もう一度「閏5月」というのが始まって、その後に6月が始まります。

5月が2回も…

すごく強引なやり方です。

今のカレンダーならゴールデンウィークが2回でうれしいかもしれませんけど、旧暦で世の中は動いていませんから残念です。

重要なのは、こういう繰り返す場合に、不成就日はどうなるのかが問題です。

不成就日は月ごとに、「これこれの日を不成就日とする」というルールがあるのですが、このルールを2回繰り返します。

普通に毎月が流れているときは別にいいんですけどね、

閏月が出てくると、なんか変ですよね、これ。

普通のカレンダーでは次の月に入っているのに、旧暦が基準だからということで、もう一度5月のルールを繰り返します。

やっぱり、変ですよね。

これが不成就日の弱点だと思いますね。

天赦日や一粒万倍日にはこういうことは起きませんよ。

太陽の高さに合わせているからです。

単純に太陽の高さだけではなく、干支の組み合わせもありますが、この両者で決めているのが天赦日と一粒万倍日なんです。

不成就日が旧暦に合わせているという時点で、なんか胡散臭いんですよ。

昔は良かったのかもしれませんけど、今となってはちょっと時代にマッチできていない。

本当にその日の選び方で、吉や凶がわかるのかなと思ってしまいます。

不成就日は根拠が弱いんですよ。

だから、天赦日と一粒万倍日と不成就日が重なる日があったら、天赦日とか一粒万倍日を優先させていいんじゃないかと思います。

天赦日が最強という強引なことではなくて、ルールからしてそう。

それが私の答えです。

なぜ暦を使うのかを考えることも重要

ここまでちょっと難しい話になってしまったかもしれません。

もっと、簡単に考えた方がすっきりすると思います。

もし、天赦日、一粒万倍日、不成就日が重なった場合に、どう判断するのか迷ったら、なんで暦に頼るのかを考えるべきだと思います。

私が暦を見る理由は、後悔しないためなんですよ。

後になって、過去のことを後悔したくないじゃないですか。

だから、暦を使います。

天赦日を選んだのにうまくいかなかったとしても、あきらめがつくでしょう?

それが一番いい形での結果だと思える。

最悪は免れたんだなと思えるんですよね。

これが暦を使うメリットだと思います。

なんか吉日には不思議な天の力が働くなんて考えるのは、非現実的ですから。

そう考えるとですよ。

不成就日の見方は変わるんですね。

不成就日が重なっていたけど、天赦日があるから、その日を選ぶ。

だけど、うまくいかなかった。

どう思うでしょう。

もしかして、不成就日があったからじゃない?

なんで私は不成就日を無視してしまったんだ…

こう思ってしまいます。

これを後悔と言うんですよね。

後悔をしないことが目的で暦を使うならば、凶を避けるのが一番なんです。

ただ、凶を避けるのは難しいのも事実で、暦の中には凶がわんさかあります。

凶がまったくない日を見つけるのは難しいんですね。

だけど、こだわるなら、探さなきゃいけないし、何に対して凶なのかも知る必要があります。

もし凶がある日でも自分に納得して決めなければいけません。

暦も方位もそうですが、とても不安に思ったり、悩んでしまう人がいます。

でも、どうして暦を使うのかを考えてみると、答えは見つかると思うんですよね。

天赦日、一粒万倍日、不成就日が重なる日を選ぶ時も同じです。

暦で日を選ぶ目的に忠実になってみると、答えはネットで探さなくても見つかると思います。

暦の見方は、人それぞれでいい。

どれが正しいなんてないんですから。

 - 引越し, 旅行, 結婚

Comment

  1. ナイチンゲール より:

    二黒土星・6月生まれのものです。
    仕事の面接が5月22日、23、24日の間でどこにするか検討しております。
    仕事先の人事課のお相手からは面接日を22日といただきましたが、カレンダーをみたところ、日破があり、24日にした方がいいのではないかと思い、ご連絡しております。
    お時間ある時、教えてください。

    • hotdoglab より:

      ナイチンゲールさん

      暦を見てみました。私も24日がいいのかなと思います。十二直の破は気になったんですけど、面接ですからね。いい方に出るのかもしれませんね。面接頑張ってください!

  2. ナイチンゲール より:

    ありがとうございます。5月の運気上がったところで、面接の変更させていただきます。

  3. ナイチンゲール より:

    24日で先方の都合が悪かったときのを想定して、24日以外で面接に適している日取りの候補を2個ほど教えていただけますでしょうか?
    本当にすみません。
    ありがとうございます。

    • hotdoglab より:

      ナイチンゲールさん

      5月26日、6月1日がいいのではないでしょうか。5月28日でもいいですが、日曜日なので難しいですよね。

  4. ナイチンゲール より:

    わぁ〜、ありがとうございます!
    (*´꒳`*)
    24、26、6/1で面接の再調整をさせていただきます。
    おっしゃるように、今回の面接では私の場合、少し相談も兼ねてあるので、24日でそれを突破ということで吉になるかもしれませんものね。

    頑張りますね〜
    誠にありがとうございます!

  5. メープル より:

    こんにちは。
    二黒土星・7赤のメープルです。
    12月にカナダ・バンクーバーに1週間ほど訪問する予定です。離宮に入る12月だと思いますが、27日に息子のお誕生日があるので、上手く彼のバースデーをカバー出来る日程を1週間ほど組んで(さり気なく)飛びたいのですが、例えば12/22-12/28、29や12/26-1/12/31など安全な期間を教えてください。

    お忙しいところ、
    誠にありがとうございます。

    • hotdoglab より:

      メープルさん

      こんにちは。それは素敵な計画ですね。12月27を含む約1週間の期間で暦を見てみると、12/21~28がいいのではないでしょうか。

コメント

  関連記事

2015年の凶方位。5大凶殺、八将神、金神はどの方位?

九星気学では360度を8方位に分けて、中央を含めて9つの場所に星が配置されます。 …

信長、秀吉、家康…暦や方位を気にしたのは誰?

このブログでは、暦や方位について書いています。 なぜそれを書いているのか。 私が …

1年は365.2422日。でもどうやって調整する?

常識の問題です。1年は何日あるでしょうか? 簡単ですね。365日ですよね。 でも …

凶方位を避けるために引越しの日を延期させるテクニックについて
凶方位を避けるために引越しの日を延期させるテクニックについて

家財を入れること、火を使うことは別なの? なんとなくわかる気もしますよね。 方位 …

桃の節句だけじゃない!五節句の由来

節句と言えば何? たぶん、多くの人が思うのは、桃の節句と端午の節句ではないかと思 …

金神の方位を避ける3つの方法。遊行、間日などを詳しく。

誰もが恐れる金神(こんじん)。 ここでは金神のことをいろいろと書きたいと思います …

2月の暦の行事・イベントを見てみよう!

2月のカレンダーには行事がたくさんあります。 誰もが知っているものから、あまり知 …

180年を60年ずつ分けて、あの人が上品か下品かを見る?

干支が60種類、九星が9種類。 同じ干支と九星の組み合わせが再びめぐってくるのは …

旅行は吉方位へ。
旅行は吉方位へ。あなたの旅行先を決めるサイト。

いろいろと作る苦労はありましたが、 「旅行は吉方位へ。旅行先を決めるサイト。」を …

結婚や引越しで吉が多い日と凶が少ない日のどちらを選ぶべきかの答え
結婚や引越しで吉が多い日と凶が少ない日のどちらを選ぶべきかの答え

吉を取るか、凶を避けるかという問題について 結婚でも引越しでもいいんですけど。 …