吉方位・吉日のブログ

旅行・結婚・引越し…人生の様々な場面で幸運を呼び込む!九星・暦・方位を活用して幸せをつかみましょう。

*

「八方塞がり」とはどんな年?「厄年」ではなく、安心できる年!

      2019/03/10

「八方塞がり」という言葉を知っていますか?

そういう年があるんですね。

知らないなら、知っておいた方がいいですよ。

だれにでもあります。

9年に一度やってくるんです。

もしかすると、あなたは今年「八方塞がり」なのかもしれませんね。

「八方塞がり」をネットで検索してみましたか?

もうすでに調べたでしょうね。

どう書かれていますか?

厄年とセットのように使われていませんでしたか?

災難が起こりやすいから気を付ける年。

新しいことを始めない方がいい年。

そんな感じですよね。

怖いですよね。

でも、私はちょっと違うと思っています。

八方塞がりには、誤解があるんです。

八方塞がりは安心していい年です。

逆に感じている人もいるかもしれない。

なので、八方塞がりについてちゃんと書きたいと思います。

ちゃんと理解したい人は、読むといいと思います。

八方塞がりとは何なのか

まずは九星のことがわからないと八方塞がりは理解できません。

九星は簡単なので、きっと理解できるはず。

九星は生まれた年を元に星が決まります。

  • 一白水星
  • 二黒土星
  • 三碧木星
  • 四緑木星
  • 五黄土星
  • 六白金星
  • 七赤金星
  • 八白土星
  • 九紫火星

だれでも、この中のどれかになります。

生年月日で調べてみてください。

九星を調べるには、生年月日を入力して「調べる」をクリックしてください。

生年月日:

2019年は「八白土星」と出た人が八方塞がりですよ。

来年の2020年は「七赤金星」の人です。

九星には配置があります。

たとえば、今年はこのような配置になります。

真ん中にあるのが「八方塞がり」と言われる星ですね。

2019年の九星の配置
2019年の九星の配置


八白土星が真ん中なので八白土星が「八方塞がり」です。

これは方位図です。

方位を見るときに使うもの。

吉方位とか、凶方位とか。

九星ですからね。

当たり前ですが9つの星があるわけですよね。

それに対して、方位には東西南北、北東、南東、南西、北西の8つがあります。

8方位に九星を配置していくと、1つ余る。

その星は中央になります。

8方位+中央というのが九星の配置。

この配置が毎年変わるんです。

つまり、中央の星も変わっていきます。

中央の星が一白水星の年に生まれた人は、一白水星。

中央が二黒土星の年に生まれた人は、二黒土星。

こうなります。

2019年は八白土星が中央。

2020年は七赤金星が中央。

2021年は六白金星が中央。

このように数字が減っていくんですね。

9年たつと、また中央に戻ってくる。

2019年に生まれた人が、次に中央に来るのは?

2028年に八白土星が中央に来る。

九星ですから、9年後です。

逆に言えば、9年のうち8年は中央に自分の星がいないということでもありますよね。

八方塞がりを理解する上ではここがすごく大事なんです。

中央にある時と、中央にない時の違いです。

中央にあるから八方塞がり?

さっきの図を見てください。

八白土星の周りに8つの星があります。

2019年の九星の配置
八白土星の周りをほかの星が囲んでいる

8つの方位をふさいでいますよね。

だから、八方塞がり。

まるでどこにも出口がない状況に見えます。

だから、八方塞がり。

このように説明されることが多いと思います。

これは明らかに違うのです。

そのことをまず説明します。

八方塞がりの年は凶方位が少ない年でもある!

あまり方位のことに興味がないとわからないと思うんです。

でも、これを知っておくと八方塞がりが理解できます。

八方塞がりの年をどう過ごすべきかもわかります。

九星を使って方位を見るとき。

その年の凶方位というのがあります。

旅行に行かない方がいい方位。

引っ越ししない方がいい方位。

これが凶方位ですね。

凶だからよくない方位というのはわかりますよね。

その凶方位の中にこんな名前の方位があります。

  • 「本命殺」
  • 「本命的殺」

この2つの方位は、自分の星を元にして決まる凶方位です。

たとえば、一白水星の人。

2019年は西に一白水星があります。

なので、西が本命殺という凶方位。

反対側の東が本命的殺という凶方位になります。

自分の星のあるところと、反対側が凶方位です。

わりと簡単ですよね。

では、自分の星が中央にあるときは、どうなるでしょうか。

本命殺と本命的殺がない年になります。

旅行や引っ越しがいけない方位がない。

正確には凶方位が少なくなる年になります。

そういう年ってどうですか?

ラッキーじゃないですか。

いろんなところに行きやすくなるんだから。

方位という観点で見るなら、八方塞がりの年はラッキーな年なのです。

ところが、これで終わりではいけません。

なぜ、9年に一度、中央に来ているのかが大事なんですね。

八方塞がりの年は安定を意味する

中央以外に自分の星がある年って何ですか?

自分が生まれた年とは違う星が中央にあるわけですね。

だから、自分の星は、どこかの方位に行っています。

これは「今年は自分が生まれた年とは違う」ということを表しています。

自分を中心に考えれば、生まれた年というのは、バランスがいいんです。

自分にとってはですよ。

安定している年なんですね。

生まれ故郷に戻ってきて、落ち着くな~という感じ。

本命殺と本命的殺という凶方位は、その落ち着く、安定した状況とのずれを表す凶方位なんです。

8方位なのに九星を配置するんですよ。

わざわざ中央を作って。

これは、本来あるべき姿とのずれを知るためなんですね。

そのずれがどこにあるかを知るため。

ずれがない年の方が安定した年になるわけです。

八方塞がりの年に凶方位が少なくなるのは、安定した年だから。

そう考えると、9年の中で、最も安定した年というのが八方塞がりの年になりますよね。

九星で考えるなら、八方塞がりとはそういう年なのです。

ですが、一般的には厄年のように扱われます。

九星の考え方を知らないから、理解できていないわけですよ。

「八方塞がり」と「厄年」の違い

八方塞がりと厄年を混同すると、おかしくなります。

まるで同じようなものとして考えられているんですね。

そして、お祓いしておこうとなる。

「八方塞がり」と「厄年」は、全然違いますね。

厄年は、別の記事で書いているので詳細は書きません。

厄年というのは、その年の調和が悪いんです。

整わない。

バランスがよくない。

だから、厄年でいいんです。

「気を付けなければいけない年」ということでいいと思います。

八方塞がりは逆です。

自分にとってはバランスがいい年。

調和が取れている年なのです。

しかも、9年に一度しかめぐって来ないようないい年なんですよ。

ですから、厄年と八方塞がりは、根本的に違うのです。

八方塞がりの年は「災難が起こりやすい」とか言うんですね。

これは間違いでしょう。

いい年なんだから。

「災難が起こりにくい年」の間違いです。

八方塞がりは新しいことをしない方がいい年というのは正しい?

2019年は、八白土星の人が八方塞がりですね。

「今年は八方塞がりかぁ」とガッカリする必要はまったくないんですよね。

いい年ですからね。

安心して過ごしてください。

逆におめでとうと言いたいぐらいです。

だって、そうでしょう。

カレンダーで同じ日がまた来たら、誕生日としてお祝いします。

干支が一巡して60歳になったら、還暦と言ってお祝いします。

九星が一巡して、八方塞がりの年になったら?

これもお祝いでもいいぐらいです。

でも、気を付けることがあります。

「八方塞がりは、新しいことを始めるのはよくない。」

こういうことも言われますよね。

これは合っているのです。

安心して過ごしてもいいのですが、新しいことはやらない方がいい年です。

矛盾していますか?

いいえ、矛盾していません。

安定している年って、どんなイメージでしょうか。

そのイメージを合わせておかないといけません。

私のイメージでは、波の立っていない水面。

すごく静かですね。

風がないから波が起きません。

ところが、そこに船がやってくると、動きのなかった水面に波が作られます。

水じゃなくてもいいんです。

歩いたり、走ったりすれば、風が起きますよね。

これなんですね、新しいことをやるというのは。

動くと、波や風が起こります。

それが、場合によっては自分を助けてくれることもある。

追い風になることもある。

だけど、そうではなく逆風になることもありますね。

船を運転していて、大きな波が来たらどうしますか?

私は船舶免許がないのでよくわかりません。

でも、たぶん舵を切る。

「おもかじ、いっぱ~い!」と言うと思います。

言いながら波と戦いますね。

波に流されては困るので、なんとか対処しようとする。

これが「八方塞がりではないとき」の過ごし方と言えます。

安定していない海では、波が起こるんです。

そういう海を進むための対処が必要。

そういう年が8年続くのです。

8年とは、自分の星が中央にあるとき以外の年ですね。

八方塞がりの年は、それがありません。

すごい静かな海に浮かんでいる。

だから、静かにしていても安心して過ごせる年ということ。

戦わなくてもいい。

得意の「おもかじ、いっぱ~い!」も必要ない。

逆にこんな安定した年にですよ。

わざわざ波風を起こすとリスクもあるよという年なんですね。

これは厄年とは違うんです。

八方塞がりの年は静かに控えめに過ごすのは正しいと思います。

でも、その理由が重要です。

災難が起こりやすい年だから、静かにしているのではありませんね。

とても安定した年だから、わざわざ動かなくても幸せという年です。

恐れたり、心配したりする必要はないのです。

 - 2019年の暦と方位

Comment

  1. 菅野 より:

    とても参考になりました。

  2. 匿名 より:

    八方塞がり塞がりの年廻りで突然リストラされましたよ。やっぱり葉っぱじゃないですな

  3. 八方塞がり より:

    八方塞がり塞がりの年廻りで突然リストラされましたよ。やっぱり葉っぱじゃないですな

  4. せいちゃん より:

    有難うございます 心構えが変わりました

コメント

  関連記事

【2018年】お見合いするのに良い日取り
【2019年】お見合いするのに良い日取り!結婚相手が見つかりやすい日を選ぶ

お見合いは、良い日を選びたいですよね。 良い日を吉日と言いますが、吉日を選ぶ日は …

【2019年】一白水星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング
【2019年】一白水星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング

※2019年の内容に更新しました! 引っ越しや旅行の際に気になる方位。 どうせ引 …

ゴールデンウィークの旅行先はどこがいい?行くなら吉方位で安心の旅行へ!
【2019年】GWの旅行先はどこがいい?行くなら吉方位が安心!

2019年のゴールデンウィーク。 10連休という人もいるのではないでしょうか。 …

2019年はどんな年?干支は己亥(つちのとい)。自分を信じて挑戦する年!
2019年はどんな年?干支は己亥(つちのとい)。正しい場所で挑戦する年!

2019年はどんな年になるでしょうか。 干支という観点で見ていきたいと思います。 …

2018年の土用の丑の日はいつ?忘れてはいけないうなぎを食べる日!
2019年の土用の丑の日はいつ?7月27日にうなぎを食べます!

2019年の土用の丑の日はいつでしょうか。 7月27日の土曜日です。 この日が土 …

【2019年】三碧木星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング
【2019年】三碧木星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング

※この記事は2019年の内容に書き換えました。コメント欄には、2019年の話では …

2018年は車を買い換えるのにはいい年!相性のいい色や車種の見方
2019年、車を買い換える時に考えたい相性のいい色や車種の見方

どんな車を買おうとしていますか? もう決まっている人は別にいいんですけど。 迷っ …

一粒万倍日の決め方
一粒万倍日の決め方。2019年の8月14日と26日は一粒万倍日で正しい?

2019年の一粒万倍日についてです。 ちょっと気になることを書きたいと思います。 …

2018年のリゾート婚(海外挙式)や新婚旅行、方位的にはどこに行く?
2019年のリゾート婚(海外挙式)や新婚旅行、方位的にはどこに行く?

方位って知っていますか? 北、南、東、西というやつですね。 これらの方位に吉方位 …

【2019年】八白土星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング
【2019年】八白土星の旅行や引っ越しの吉方位とタイミング

※この記事は2019年の内容に書き換えました。コメント欄には、2019年の話では …